« 鳥獣戯画×SNOOPY | トップページ | 明治18年の定宿帳(豊橋の壺屋) »

2018年3月 6日 (火)

「嗚呼忠臣楠子之墓」拓本

 ネットオークションで入手しました。拓本の現物ではなく、印刷です。

 水戸光圀が筆を執った墓碑銘。
Nankohi02
 朱舜水の賛。
Nankohi03
 袋付きです。
Nankohi01
 楠正成が好きなので飛びついてしまいましたが、考えてみれば、これひょっとしたら今でも湊川神社の社務所で買えるのかもしれません。

 今回とは別に、以前入手した湊川神社の絵はがきに碑の写真がありました。
Nankohi04
 湊川神社には以前行ったことがありましたが、それも平成10年のことで、まだデジカメは持っていなくて、写ルンですで撮りました。それをデジタル化してHPに載せたものが残っていました。サイズも小さくて画質も良くありません。
Nanko2
 湊川神社の境内には正成の最期の地があります。といいますか、湊川神社は、明治天皇の沙汰により、終焉地と墓所とを含む地域を境内地として、明治5年に創建されたものです。

 正成最期の地は社殿の奥にあるようですが、禁足地だそうです。

 せめて写真がないものかと思っていたところ、先ほどの絵はがきの中にありました。
Nankohi05
 解説には「御遺跡」とあるのみですが、絵はがきに写っている解説板には「御殉節遺跡地」とありますので、ここがその地と思われます。

« 鳥獣戯画×SNOOPY | トップページ | 明治18年の定宿帳(豊橋の壺屋) »

文字・言語」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「嗚呼忠臣楠子之墓」拓本:

« 鳥獣戯画×SNOOPY | トップページ | 明治18年の定宿帳(豊橋の壺屋) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ