« 車窓から浜名湖、富士山など | トップページ | 「はじまりは考古学」展 »

2018年2月12日 (月)

新豊橋駅で頭の体操

 昨日は豊橋からの帰途のことを書いてしまいましたが、話は戻って、フォーラム当日のことです。

 会場の愛知大学豊橋校舎には、新豊橋駅から豊橋鉄道に乗って行きます。

 新豊橋駅には、「渥美半島菜の花まつり」のコーナーがありました。これから花盛りになることでしょう。
Aichidai2018f
 上の写真で右側に見えているのはゼラニウムです。旗に描かれている顔の目はテントウ虫です。(^_^)
Aichidai2018g
 豊橋鉄道のホームには2つの番線があります。この駅が始発ですので、どちらも三河田原方面行きで、先発・次発です。

 私は先発の2番線「しでこぶし」に乗りました。
Aichidai2018h
 次発の1番線「ばら」は15分後の出発です。
Aichidai2018i
 基本的に00分、15分、30分、45分発なので大変分かり易いです。この2編成の他に、今まで、「菜の花」「椿」「桜」を見たことがあります。こういう電車は楽しいです。

 フォーラムが終わって、新豊橋駅に着いたとき、私が乗ってきたのは「ばら」でした。
Aichidai2018j
 もう1本のホームを見たら「しでこぶし」でした。
Aichidai2018k
 行きと同じ組合せ。(^_^; 同じローテーションになってしまったのでした。残念です。

 さて、これらの電車、全部で何編成あるのでしょうね。

 電車の運転間隔は15分です。新豊橋から三河田原までは35分です。

 すると、00分にA電車が出発し、15分にB電車が出発し、30分にC電車が出発したとき、A電車はまだ終点に着いていないので、下り線路上にはABCの3編成がいることになります。新豊橋駅には1編成がスタンバイしているはずです。ここまでで4編成になります。

 この時、終点の三河田原駅にも1編成スタンバイしているのか、カラなのかは分かりません。5分後にはA列車が到着しますので、駅に2編成がいるということはないでしょう。上りもやはり15分間隔ですので、上り線路上にも下りと同じく3編成が移動中なのか、あるいは2編成の可能性もあるのか。これどうでしょ? よく考えると分かることなのか、どちらの可能性もありうるのか、思考放棄しました。(^_^; ツメの甘い人間です。

 ということで、全部で4+1(あるいは0)+2(あるいは3)=8(あるいは7または6)編成ということになりましょう。

 いずれ全部写真に収めたいです。

« 車窓から浜名湖、富士山など | トップページ | 「はじまりは考古学」展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新豊橋駅で頭の体操:

« 車窓から浜名湖、富士山など | トップページ | 「はじまりは考古学」展 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ