« 群馬県庁に「ぐんまちゃん広場」開設 | トップページ | 代表的な万葉歌 »

2018年2月26日 (月)

デラックスこゆるぎ弁当

 昨日、近所のスーパーで買いました。小田原駅の駅弁です。
Koyurugiben01
 この駅弁を買った動機は「こゆるぎ」という名称です。

 万葉集の相模国東歌に「相模道の余綾(よろぎ)の浜の真砂なす」(3372)という歌があり、和名抄にも相模国の部に余綾郡、同郡に余綾[与呂木]郷がありますので、気になりました。

 中身です。小田原名物の蒲鉾がちゃんと入っています。(^_^)
Koyurugiben02
 原材料等は以下の通りです。
Koyurugiben03
 「こゆるぎ」についてはパッケージの後ろに以下のような解説がありました。
Koyurugiben04
 解説の後半に書いてある小田原の語源説は多分違うと思います。

« 群馬県庁に「ぐんまちゃん広場」開設 | トップページ | 代表的な万葉歌 »

駅弁」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

2月24日(土)に,国府津から平塚まで歩きました。
そのとき大磯宿に,こゆるぎの浜の表示がありました。
表示だけ写して,200m先のこゆるぎの浜には行きませんでした。
源さんの記事が分かっていたら,寄っていたところでした。
でも,今は道路に阻まれて,よく見えないそうですが・・・。

相模国の国府が余綾郡にあったという説もあります。
大磯は,旧吉田茂邸もあり,素敵なところでした。

萩さん

 ちょうどタイミングぴったりの駅弁でしたね。
 あ、ぴったりじゃなくて、ちょっとタイミング遅れでしたか。(^_^;

 地名には趣のあるものも多いですね。

 「こゆるぎ」は「揺るぎ」の意ではないかとして、地震の被害に遭いやすい地との説もあるようです。もしそうなら、災害に注意を払うようにとの教訓的な意味合いも込められていることになりますね。なかなか奥が深いです。

 ブログ、拝見しています。旧吉田茂邸は火災に遭ったのが再建されたのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デラックスこゆるぎ弁当:

« 群馬県庁に「ぐんまちゃん広場」開設 | トップページ | 代表的な万葉歌 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ