« 金沢兼六園行楽弁当 | トップページ | 戌年のペンスタ店長 »

2018年1月 3日 (水)

『兼好法師』と『徒然草』

 暮に『兼好法師』(小川剛生氏著 中公新書)という本を買いました。
Kenkohoshi01
 帯に、「今から五百年前、「吉田兼好」は捏造された」という惹句が書かれています。なかなか刺激的な文言ですが、読んでみると納得できます。
Kenkohoshi03
 著者は国文学者ですが、中世史もかなりできる方とお見受けしました。それが遺憾なく発揮された著書と思います。面白かったです。

 大いに刺激されましたので、同じ著者の訳注になる『新版 徒然草』(角川ソフィア文庫)も買ってしまいました。著者名は「吉田兼好」ではなく「兼好法師」となっており、新書と整合します。(^_^)
Tsurezure
 『徒然草』を読むのは高校以来です。懐かしく思いつつ読み進めています。

 高名の木登り、堀池の僧正、仁和寺にある法師など、良く憶えている段もあれば、全く記憶のない段もあります。(^_^;

« 金沢兼六園行楽弁当 | トップページ | 戌年のペンスタ店長 »

歴史」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

この本、今ちょいとひかれているんですよね。
面白そうですよね・・・

三友亭主人さん

 大変に面白く、説得力のある本でした。

 お勧めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『兼好法師』と『徒然草』:

« 金沢兼六園行楽弁当 | トップページ | 戌年のペンスタ店長 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ