« 新町自慢(^_^; | トップページ | 盛大に降雪 »

2018年1月21日 (日)

漢文のハイフンの入力法

 ワープロソフトで漢文を入力することがたまにあります。そういうとき、大抵は白文のまま打つか、あるいは読み下し文にしてしまいます。

 でも、返り点を付ける必要があるときは、普通に「一」「二」「レ」「上」「下」と打って、それを1/4角の下付に設定します。そうすると、こんな感じになります。
Kaeriten01
 手間もあまりかからないし、見た目も十分ではないでしょうか。欲を言えば、返り点はもう少し左に寄せたいところで、そのためには返り点の文字位置を少し左寄せにすれば良いのですが、ひと手間分面倒なので、これで良いことにしています。無精です。(^_^;

 ところが、二文字を繋ぐハイフン?を打たなくてはならなくなりました。これまでそういう必要がなかったのか、プリントアウトに手で入れていたのか、悩んだ記憶がありません。

 あれこれ試行錯誤して、返り点に傍線を付けたらどうかと思い至りました。試してみた結果がこれです。
Kaeriten02
 あまりの見事さに「おお!」と声を上げてしまいました。バッチリですよね(と、自画自賛)。強いて言えば、ハイフンがやや右側に来ているので、もう少し左に寄せたいところです。

 とすれば、返り点を左に寄せれば、それに連動してハイフンも左に寄りますね。一石二鳥ですが、手間を惜しんでこれで良いことにしてしまうかもしれません。ツメが甘い人間です。(^_^;

 ご機嫌だったのですが、ググってみたら、「Wordで漢文入力」というサイトがあって、そこに同じ方法が書いてありました。
http://www.shuiren.org/chuden/toyoshi/kanbun/02.htm

 最終更新日は2009年6月14日だそうで、もう10年近くも前です。

 かなりがっかり。(^_^;

« 新町自慢(^_^; | トップページ | 盛大に降雪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

>Wordで漢文入力

このサイト、私も参考にしたことがあります。
ただ、私の場合一太郎大好きおじさんなので、そのときはかなり無理してwordを使ってみたのですが、どうしてもなじめず・・・その後試行錯誤を繰り返しています。ちなみに、私たち高校教師には、古文の教科書の指導書ってやつを購入すると、そこにテスト問題作成用に「漢文エディター」なるものがついてくることが多いのですが・・・なかなか使い方を覚えられず・・・漢文の入力は・・・ややこしいですよね・・・

三友亭主人さん

 あ、三友亭主人さんもこのサイトをご存じでしたか。

 私も、ワープロソフトは一太郎しか使っていませんので、本文に書いたことや、本文に貼りつけた画像はすべて一太郎を使用したものです。

 なるべく簡単に、なるべく見栄えよく、という2条件をほぼ満たしているという点では、本文に書いた方法で十分な気がしています。(^_^)

Wordだったら送り仮名と訓点は「割注」にすると左右に並べることができますよ~ 若干「慣れ」が必要かもしれませんが。双行註を「割注」にして、それに訓点と送り仮名とを並べられないことは残念ですけど。

惟光さん

 ご教示ありがとうございます。
 私は専ら一太郎を使っているので、ワードはうまく使えませんが、試してみます。

 ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢文のハイフンの入力法:

« 新町自慢(^_^; | トップページ | 盛大に降雪 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ