« 最古のため池発見とスルガ木簡 | トップページ | 富山大学で全国大学国語国文学会(1) »

2017年12月 1日 (金)

桐生が岡動物園のライオンの赤ちゃんの名前決定

 10月に桐生で講演をしたときに、桐生が岡動物園に寄って、ライオンの赤ちゃんを見たことを書きました
Kirilion05
 赤ちゃんライオン3頭の名前を公募していたところ、それが決定し、29日に桐生市が発表した旨、昨日のアサヒコム群馬に載っていました。

 全部で4023件の応募があり、選考の結果、オスは「オリト」、メスは「シルク」と「つむぎ」だそうです。

 オリトは「織都から」、シルクは「絹織物から」、つむぎは「幸せを紡ぎだせるように」というのが命名の理由だそうです。桐生市は織物の町として織都と呼ばれています。

 3頭それぞれの性格は、「オリト」はおっとり、「シルク」は好奇心旺盛。「つむぎ」はお母さんが大好きでそばから離れない、ということだそうです。

« 最古のため池発見とスルガ木簡 | トップページ | 富山大学で全国大学国語国文学会(1) »

動物」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/66109474

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生が岡動物園のライオンの赤ちゃんの名前決定:

« 最古のため池発見とスルガ木簡 | トップページ | 富山大学で全国大学国語国文学会(1) »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ