« 「日本文化の源流」展 | トップページ | 群馬県民手帳2018 »

2017年11月 8日 (水)

新町公民館で古典文学講座3

 今日は、高崎市新町公民館の古典文学講座で話をしてきました。隔週で開講しているこの講座、第3回目になりました。

 今日は「四季の歌をよむ」というタイトルで話をしました。

 レジュメはこちら

 上のレジュメの他に、巻8・巻10によまれている景物の一覧を配りました。カラーです。(^_^)

 大きいので、3分割して載せます。

 1枚目。
Manyoshiki01
 2枚目。
Manyoshiki02
 3枚目。
Manyoshiki03
 4例以上あるもののみ載せました。一番多いのは秋の「七夕等」で111例あります。ここには、天の川・織女・彦星などを一括しています。その次は「萩」で、110例あります。このあと、黄葉78、霍公鳥67、露60、雪54、梅53、風51、雁40、鹿38などが続いています。

 雪や梅は冬にも春にも登場します。他にも複数の季節にまたがって登場するものがあります。まだ「季語」という概念はない時代ですね。

 それでも、春にしか登場しないものに桜・柳・若菜・馬酔木・山吹、夏にしか登場しないものに霍公鳥・橘、秋にしか登場しないものに七夕関係・雁・鹿・田(稲穂も)・時雨・蟋蟀など、季節限定のものもあります。冬にしか登場しないものはありませんでした。

 次回は何を話すか、まだ決めていません。(^_^;

« 「日本文化の源流」展 | トップページ | 群馬県民手帳2018 »

公開講座等」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

あれ・・・案外藤が少ないなあなんて思って、ちょいと見てみたら、藤ってその半分ほどがいわゆる「家持歌日記」の部分にあるんですねえ。同じ傾向は撫子にもありますねえ・・・家持さんの好みかな?

三友亭主人さん

 なるほど。納得できます。

 このデータは、巻8と巻10だけを対象にしていますので、そういう偏りが出てしまったのでしょうね。藤と撫子は家持個人の好みか、あるいは時代とともに愛好されて行くようになったのか。

 霍公鳥は家持の好みですよね。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町公民館で古典文学講座3:

« 「日本文化の源流」展 | トップページ | 群馬県民手帳2018 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ