« オリヅルラン、またまた分家 | トップページ | 新町公民館で古典文学講座4 »

2017年11月21日 (火)

おとなしい上信電鉄

 今日は、午後、もとの職場で非常勤のあと、夜は仕事で高崎商科大学に行きました。場所は、上野三碑や富岡製糸場のある上信電鉄の沿線です。

 上信電鉄に乗るのは、上野三碑が「世界の記憶」に登録されてから初めてです。

 上信電鉄の高崎駅には、上野三碑「世界の記憶」登録が大々的にアピールされているものと思っていました。

 駅への入口。
Joshin01
 改札口へのルートの入口。
Joshin02
 改札口まであと40m。
Joshin03
 ちょっと急いでいたので(3枚目の写真に時計が写っています。私は17時33分の電車に乗ります。まだ切符を買っていません)、「世界遺産」や「上野三碑」の文字を見る度にシャッターを切っていました。

 ところが、あとでゆっくりSDカードをパソコンに挿して見てみましたら、上野三碑が「世界の記憶」に選ばれたという看板は1つもありませんでした。(^_^;

 辛うじてあったのは、こののぼり旗だけです。
Joshin04
 上信電鉄、おとなしいです。はしゃいでいません。

 大々的にアピールする予算がないのかも。←失礼。(^_^;

« オリヅルラン、またまた分家 | トップページ | 新町公民館で古典文学講座4 »

古代群馬」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

多胡碑に書かれている右太臣が登場するネット小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。
その1からラストまで無料です。
少し難解ですが歴史ミステリーとして面白いです。
北円堂は右太臣の祀られている古都奈良・興福寺の八角円堂です。
読めば歴史探偵の気分を味わえます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/66071197

この記事へのトラックバック一覧です: おとなしい上信電鉄:

« オリヅルラン、またまた分家 | トップページ | 新町公民館で古典文学講座4 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ