« 墨が付着した弥生時代のすずりか | トップページ | おとなしい上信電鉄 »

2017年11月20日 (月)

オリヅルラン、またまた分家

 分家した子株ズ、順調に育っているようです。
Orizuruko14
 一方、新しく伸びてきたランナーの先端に付いた子株は、根が出てきたら分家するつもりでしたが、発根する気配がありません。(^_^;
Orizuruko12
 子株のすぐ下で咲いた花が散った後はこんな風になっていました。上の写真とは別の角度からの撮影です。
Orizuruko13
 これ、種ですかね? だとしたら、これまた楽しみです。

 そんなわけで、この種らしきものの少し上で切って、子株を植えてみました。
Orizuruko15
 うまく根付くと良いです。

« 墨が付着した弥生時代のすずりか | トップページ | おとなしい上信電鉄 »

植物」カテゴリの記事

コメント

オリヅルラン。
分家がたくさんできましたね。
源さんが,大事に育てているからでしょうね。すごい。
オリヅルランの群落ができそう。
頑張ってください。

萩さん

 ありがとうございます。

 どんどん増えます。鉢の数は増やしたくないので、みんな同居状態です。

 本当は、オリヅルランって、ほとんど放置で良いのでしょうけど。

そのうち、オリヅルランにお宅を占領されたりして・・・

我が家は現在アロエの侵略が進行中・・・

三友亭主人さん

 ほんと。危険です。(^_^;

 今はまだ子株が小さいので、1つの鉢に同居させていますけど、いずれ大きくなったら、鉢を増やさなくてはいけません。

 ベランダにはまだまだ余裕がありますけど、寒い時期に屋内に取り込むとなると、スペースがありません。近所には、オリヅルランを路地植えにしているお宅もありますので、ベランダでも良いのかもしれませんけど。

 三友亭主人さんのお住まいではアロエが増殖中ですか。(^_^) お仲間です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリヅルラン、またまた分家:

« 墨が付着した弥生時代のすずりか | トップページ | おとなしい上信電鉄 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ