« 「日本海を望む詩心」 | トップページ | 第6回古代東国文化サミット »

2017年11月15日 (水)

石川九楊氏2017

 神田神保町で石川九楊氏の書展が開かれていました。

 先日の上代文学会の研究発表会の会場は専修大学でしたので、帰りがけに立ち寄りました。石川九楊氏が在廊されていましたので、また厚かましくもサインをお願いしてしまいました。

 今年のは次の通りです。
Kyuyo201711
 下は去年の。
Kyuyo201610
 一昨年。
Kyuyo201504
 その前年の。
Kyuyo201404
 2009年の。
Kyuyo200904
 すべて文字の形が異なります。私の名前のみならず、ご本人の署名も。

 その場のインスピレーションで文字を書かれているのでしょうかね。前回の分をご覧になって、意図的に変えているわけではないのに不思議です。

« 「日本海を望む詩心」 | トップページ | 第6回古代東国文化サミット »

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

石川九楊さんという方は恥ずかしながら存じ上げないんですが・・・

なんともまあ、独自な事態ですねえ。

三友亭主人さん

 前衛書家といいますか、抽象書家といいますか、かつ評論家です。

 本当に個性的な書ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川九楊氏2017:

« 「日本海を望む詩心」 | トップページ | 第6回古代東国文化サミット »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ