« 新町駅の壁画(2017秋)拾遺 | トップページ | シンポジウム「漢詩の楽しみ」 »

2017年10月11日 (水)

新町公民館で古典文学講座1

 今日は、高崎市新町公民館の古典文学講座で話をしてきました。

 「万葉集への誘い」というサブタイトルが付いています。隔週で全部で5回の講座です。

 第1回目の今日は「恋の歌をよむ」というタイトルで話をしました。脇道にそれることが多く、5枚用意したレジュメが3枚しか終わりませんでした。(^_^; 次回は残りの2枚の話をします。

 レジュメはこちら

 先の予定はまだ絞り込んでいませんが、四季の歌や、人生の歌、などを考えています。

 群馬県立女子大学への通勤は、高崎線を新町駅で降りて、新町から自転車で(時にはバスやタクシーで)行っていましたので、新町は親近感のある町です。皆さん、大変熱心に聴いてくださいましたし、質問もたくさん頂き、充実した時間を過ごすことができました。あと4回、楽しみです。

 下の写真は、新町駅の少し北の横断歩道橋から北を望んで撮影しました。奥を東西に旧中山道が通っています。
Shinmachi_michi
 さて、この写真、何かお気づきの点がおありでしょうか。

 電線がありません。表通りだけですけど、新町は数年前に電線を地下化しました。すっきりした感じです。

« 新町駅の壁画(2017秋)拾遺 | トップページ | シンポジウム「漢詩の楽しみ」 »

公開講座等」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町公民館で古典文学講座1:

« 新町駅の壁画(2017秋)拾遺 | トップページ | シンポジウム「漢詩の楽しみ」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ