« 奈良名所絵図(3) | トップページ | 等々力渓谷をゆく(1) »

2017年7月 5日 (水)

戦前の『奈良市全図』

 昨日に続き、また奈良の地図の話題です。

 上部に右横書きで『奈良市全図』とあります。年号は全くなく、いつのものか不明です。
Narashizen01
 興福寺を中心とした部分。
Narashizen02
 上部中央に奈良県庁と裁判所が並んでいます。このへんは今も同じですね。登大路を挟んだ南側には県立図書館があります。これは今はもうこの場所にはありませんね。餅飯殿町など、町名は変わっていないようです。

 1枚目の図にあるように、地図の上部にある「奈良市全図」という標題は右横書きですけど、地図の中の横書きの文字は左横書きですね。結構新しいのかもしれません。

 地図の西端付近に大極殿跡があります。平城宮跡の発掘が進んでいない時代だと、ここまでの範囲は収めていないと思います。
Narashizen03_2
 年代推定の上限を考える上で参考となる部分。
Narashizen04
 図の右下に奈良女子高等師範学校があります。現在の奈良女子大学です。その左上に育英高等女学校があります。奈良育英高等女学校の設立は大正12年だそうで、現在、この地には奈良育英高校があります。

 そのさらに左上には奈良中学があります。奈良県立奈良中学校の設立は大正13年だそうです。この中学校は現在は奈良県立奈良高等学校となって、この地図よりも北西に移転しています。

 ということで、この地図は大正13年以降のものと推定できます。

 下の図の左上隅、1字目の文字が折り目に当たっていて欠けてしまっていますが、近鉄線は「大軌電車線」とあります。
Narashizen05
 大軌(大阪電気軌道)という名称は明治43年の成立だそうですが、この会社は昭和16年3月に参宮急行電鉄との合併により、関西急行鉄道(関急)に改組されたとのことですので、この地図は昭和16年以前のものと推定できます。

 以上から、この地図が発行された時期は、大正13年(1924)から昭和16年(1941)までの間の17年間のどこかと推定できます。私の力ではここまでです。見る人が見ればもっと絞り込めるかもしれません。

 地図の北東部、奈良坂付近。
Narashizen06
 「国道第十五号」とあります。この道、現在は県道754号線になっているようです。明治18年に定められた国道表では、国道十五号は東京から仙台までの道です。そして、現在の国道十五号は、東京から横浜市神奈川区までの第一京浜だそうです。この国道番号も手がかりになりそうですけど、これ以上は進めませんでした。

« 奈良名所絵図(3) | トップページ | 等々力渓谷をゆく(1) »

地図・航空写真」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65497909

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前の『奈良市全図』:

« 奈良名所絵図(3) | トップページ | 等々力渓谷をゆく(1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ