« 「ゆうまちゃん誕生物語」 | トップページ | 泉鏡花とうさぎ »

2017年7月21日 (金)

「文学研究の楽しみ」に行ってきました

 今日は、シンポジウム「文学研究の楽しみ」を聴きに、群馬県立女子大学に行ってきました。
Kokubunsinpo202a
 常連の一般県民の方々もいらしていました。他に、見知らぬ学生が結構多かったです。たぶん1年生なのでしょう。

 パネリストはこういった方々です。
2017tanoshimi05
 金沢市の泉鏡花記念館と、高崎市の土屋文明記念文学館とからお越し頂き、文学館の学芸員のお仕事のことを伺いました。

 司会の権田和士先生。
Kokubunsinpo202b
 鏡花記念館の穴倉玉日先生。
Kokubunsinpo202c
 文明記念館の佐藤直樹先生。
Kokubunsinpo202d
 コメンテーターの市川祥子先生。
Kokubunsinpo202e
 全体。
Kokubunsinpo202f
 展示の企画のこと、収蔵品のこと、学芸員の楽しさなど、具体的なお話をいろいろと伺うことができて楽しかったです。

 学芸員や図書館司書の仕事を軽視するような発言のあった昨今、意義深いテーマだったと思います。

« 「ゆうまちゃん誕生物語」 | トップページ | 泉鏡花とうさぎ »

研究」カテゴリの記事

大学生活」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「文学研究の楽しみ」に行ってきました:

« 「ゆうまちゃん誕生物語」 | トップページ | 泉鏡花とうさぎ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ