« 等々力渓谷をゆく(2) | トップページ | 松代のアンズ »

2017年7月 8日 (土)

お寺の盆棚(平成29年)

 今日は菩提寺でお盆の法要がありました。東京は7月なので、今の時期になります。
H29bon01
 盆棚を見るといろいろと興味が湧きます。1年経つと記憶が薄れてしまい、毎年新鮮な気がしますので、去年一昨年もお寺の盆棚をブログで取り上げていました。

 今年は、盆棚の四隅にある五色の幡の文字が気になりました。上の写真では、向かって左側の幡に「如以甘露灑」、右側の幡に「忽遇大王膳」とあるのが読めます。何のことやらさっぱり分かりませんが、今は便利な時代で、これらの文字列をパソコンに打ち込んでググれば情報が得られます。

 去年、一昨年のブログを見ると、どちらの年も同じ幡が飾ってありました。2年間、なぜこれらの文字列に関心が向かなかったのか、不思議です。

 で、ググった結果、これらの4枚の幡は「施餓鬼幡」というそうで、それぞれには「如以甘露灑」「除熱得清涼」「如従飢国来」「忽遇大王膳」と書かれています。出典は『法華経授記品第六』で、「甘露(かんろ)を以って灑(そそ)ぐに、熱を除いて清涼(しょうりょう)を得るが如くならん」「飢えたる国より来りて、忽(たちま)ちに大王の膳(ぜん)に遇(あ)わん」と訓読します。

 施餓鬼は、餓鬼界に堕ちてしまった方々に食べ物や水を供養する事で、この文言はそれと合います。納得しました。

 ご住職にお伺いすれば教えて頂けたことと思いますが、帰宅して写真を見ているうちに、「なんじゃろ?」と思ったので、お寺では伺えませんでした。写真も便利。

 盆棚の中央にはこういうものが置かれていました。炊いたご飯に幡が挿してあります。このご飯も餓鬼への施しなのでしょう。
H29bon02
 挿してある幡が去年、一昨年と違います。下は去年。
H28bon02
 下は一昨年。
H27bon02
 内容が違いますね。配置が違うだけなのかもしれませんが。

 やはり文字に関心が向かいます。(^_^)

 きゅうりの馬と茄子の牛。
H29bon03
 ご先祖様に、足の速い馬に乗って早く家に帰ってきていただき、帰りは足の遅い牛に乗ってゆっくりお戻り頂く、という意味で、馬と牛なのだそうです。地方によっては男女によって乗り物が馬と牛になるというケースもあるということでした。

 この馬と牛、大きいですね。馬はきゅうりではなくてズッキーニだそうです。

 たくさん乗れるようにという意味で、ご住職がズッキーニになさったそうです。法要の間、きゅうりの馬がへたってしまったことがあったそうで、それ防止ともおっしゃっていたような。

« 等々力渓谷をゆく(2) | トップページ | 松代のアンズ »

民俗・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65509808

この記事へのトラックバック一覧です: お寺の盆棚(平成29年):

« 等々力渓谷をゆく(2) | トップページ | 松代のアンズ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ