« オリヅルラン開花 | トップページ | 鹿本3冊 »

2017年7月31日 (月)

百重なす浜木綿

 先週の水曜日(26日)、渋川の家の浜木綿が咲きそうでした。
Hamayu_h2901
 咲くのが楽しみでしたが、その後、東京に移動してしまい、渋川の家に行ったのは中4日空いた今日になってしまいました。

 今日はこんなです。
Hamayu_h2902
 たくさん付いているつぼみ状のものの中で、周辺部のはもう咲いて萎れかけています。中心部のはこれからですね。

 全部一斉に咲けばきれいでしょうに、時間差があるのは残念です。

 浜木綿というと、市川中車(香川照之)のお母さんが思い浮かびますが、それはさておき、「み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも」(巻4-496)という万葉歌が有名です。万葉集で浜木綿をよんだ歌はこの一首だけでしたね。かたかごをよんだ歌も一首だけ。どちらも一首しかないのによく知られているのは、さすが名歌と思います。

 それで、あいかわらず、この「百重なす」が浜木綿のどの部分を指しているのか分かりません。毎年、浜木綿が咲く度に考えているのですけど……。(^_^;

 葉を上から見たところです。
Hamayu_h2903
 斜め横から。
Hamayu_h2904
 葉っぱかなぁという気がしてきました。

« オリヅルラン開花 | トップページ | 鹿本3冊 »

万葉集」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65605128

この記事へのトラックバック一覧です: 百重なす浜木綿:

« オリヅルラン開花 | トップページ | 鹿本3冊 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ