« シンポジウム「方言研究の楽しみ」 | トップページ | 養老改元1300年 »

2017年6月22日 (木)

前橋空襲に消えた愛の物語

 このようなチラシを見ました。
Maebashikushu01
 市民ミュージカルで、趣旨は以下の通りです。
Maebashikushu02
 群馬県立女子大のある教員研究室のドアに貼ってありました。そのゼミの学生さんも2人出演しているということです。

 前橋空襲のことは、当ブログでも、うっし~さんから伺ったことがありました。

 前橋市内の広瀬川河畔には空襲の慰霊碑があります。
Maebashi_sensai01
 なお、この公演は「前橋・高崎演劇フェスティバル」の一環です。ライバル同士の前橋と高崎とが文化面で連携するのは良いことです。(^_^)
Maebashikushu03_2

« シンポジウム「方言研究の楽しみ」 | トップページ | 養老改元1300年 »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

 貴重な情報をお教え頂きまして有難うございます。全く知らずにおりました。前橋空襲をおぼろげながらも体験した者として公演には是非行かねば!です。

うっし~さん

 コメントをありがとうございます。

 実はこの記事、うっし~さんに見ていただければと思いつつアップしました。

 ご覧になるのは却ってお辛いのではとも思いましたが……。

 チラシはこちらからダウンロードできます。

http://www.maebashi-cc.or.jp/maebashishibun/wp-content/uploads/2017/05/20170519160208.pdf

 県立女子大の学生も関わっているとは、なかなか。(^_^)

 今年の養蚕はまだ始められていないのでしょうか。桑の葉、どうぞご遠慮なくお持ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前橋空襲に消えた愛の物語:

« シンポジウム「方言研究の楽しみ」 | トップページ | 養老改元1300年 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ