« 天理絵図 | トップページ | 「とめ・はね」が違ったらバツ!? »

2017年6月12日 (月)

奈良絵図

 昨日アップした天理絵図の記事で、「石原氏の描く鳥瞰図には奈良もありました。それは持っていて、一時期、研究室のドアの内側に貼っていました。それが先日の片づけの折に発見されて、懐かしく思いました。もちろん持ち帰りましたけど、どの段ボール箱にあるか、不明です。(^_^;」と書きました。

 見つかりました。(^_^)

 天理絵図は折りたたんだ形で販売されていましたが、奈良絵図は折らずに筒に入った形でした。そのことをふと思い出しました。長い筒ですので、段ボール箱には入りません。研究室から運んだ長いものグループを探したら見つかりました。
S53naraezu01
 結構大きいです。丸まってしまうので、四隅を交換レンズやペットボトルで押さえてあります。(^_^)

 興福寺付近。
S53naraezu02
 先月上代文学会が開催された奈良女子大や、近鉄奈良駅、奈良県庁付近。
S53naraezu03
 天理絵図よりも建物の数が多いので、これを描くのはさらに大変だったことと思います。天理絵図の翌年、昭和53年のものです。

« 天理絵図 | トップページ | 「とめ・はね」が違ったらバツ!? »

地図・航空写真」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

石原正という人、奈良では他に「飛鳥絵図(1989)」「復元鳥瞰図 飛鳥『万葉飛鳥ルネサンス 補助教材(1989年)」なんてのもあるみたいですね。奈良・天理と下ってきたら次は桜井?と思うんですが、なぜか桜井は飛ばされて明日香に行かれてしまいました。

三友亭主人さん

 あ、この方の作品には、他に飛鳥もありましたか。それは是非見てみたいです。

 桜井を飛ばされてしまったのは残念ですね。ググってみましたら、2005年に亡くなられていたのですね。新作に期待することもできませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65404195

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良絵図:

« 天理絵図 | トップページ | 「とめ・はね」が違ったらバツ!? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ