« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

アートになった猫たち

 高崎市タワー美術館でこのような展覧会が開催されます。会期は、明日から2ヶ月ちょっとです。
Artcat01
 チラシの裏は以下の通りです。
Artcat02
 裏にあるのが主な展示品なのでしょうね。竹久夢二や藤田嗣治、漱石の『吾輩は猫である』などが見えています。

 猫の絵というと、菱田春草が思い浮かびますが、ここにないところをみると、多分出品されていないのでしょう。残念。

 趣旨は以下の通りです。
Artcat03
 美術館では猫の絵を募集しています。
Artcat04
 描いた本人が入館するとプレゼントが貰えるのですね。

 写真ならばまだしも、絵となるとハードルが高いです。絵、下手なもので。(^_^; 猫か虎か分からないような絵でも描ければ大いばりです。そんなレベルではありません。

 岩合さんの展覧会でも一般から猫写真を募集していますが、そちらは写真の募集なのに、こちらは絵なのですね。なぜかと考えたら、岩合さんのは写真展なのに、こちらは絵の展覧会だからなのでしょう。明快でした。(^_^)

--------------------------------------------------------------------
 当ブログ、「動物」というカテゴリーを作って、猫はそのカテゴリーに入れていましたが、この度、「猫」というカテゴリーを新設しました。「鹿」も。

 新規の書き込みのみならず、従来「動物」に入れていた記事の中で、猫と鹿に関するものも、さかのぼってカテゴリーを変更する予定ですが、それはまぁ、追々ということで。

2017年6月29日 (木)

ググっとぐんまの法被

 「心にググっとぐんま」の法被を入手しました。

 入手先は、毎度おなじみのネットオークションです。サイズは等身大といいますか、大人が着られる大きさです。

 前側には、ぐんまちゃんとSL。
Gunmac_happi01
 後ろ側には、温泉と川と果樹とキャベツ。ぐんまちゃんは焼きまんじゅうを持っていました。奥に描かれている3つの山は上毛三山(赤城、榛名、妙義)と思われますが、どれがどれやら、ちと分かりかねます。群馬在住32年にもなるのに、未熟な私。(^_^;
Gunmac_happi02
 これを実際に着る機会がありましょうか。(^_^; 必要な方、貸し出します。(^_^)

2017年6月28日 (水)

東北新幹線開業35周年記念弁当

 先日の「JR東日本30周年記念 東日本うまいもん弁当」に続き、今日は「東北新幹線開業35周年記念弁当」を買いました。
Tohokushin35a
 実は、先日あの駅弁を買ったとき、この駅弁と並んで置いてありました。それで、今度はこの駅弁を買おうと決めていました。(^_^)
Tohokushin35b
 中身は以下の通りです。
 ・酢飯
 ・茶飯
 ・笹蒲鉾
 ・茄子素揚
 ・帆立貝ひも数の子和え
 ・人参煮
 ・湯葉煮
 ・いくら醤油漬
 ・ワカメ煮
 ・山菜漬
 ・りんごシラップ漬
 ・生姜甘酢漬
 ・牛タン塩焼
 ・若桃シラップ漬
 ・サーモントラウト甘酢漬
 ・カニフレーク甘酢漬
 ・錦糸玉子
 ・ねぎ味噌

 掛け紙の上部に並んでいる駅名は、大宮-宇都宮-郡山-福島-仙台-古川-一ノ関-北上-盛岡となっています。

 そうですね。東北新幹線も上越新幹線も開業当初は大宮始発でした。これが35年前。私が群馬に勤め始めたのは32年前で、その時には上野始発になっていました。その後、数年して東京始発になりました。上野駅の新幹線ホームは地下深くですし、東京始発になって、ずいぶん便利になりました。

 北も、開業当初は盛岡止まりだったのですね。

 近年は、在来線も湘南新宿ラインができたり、上野東京ラインができたりして便利になりました。

2017年6月27日 (火)

だるまに追われた上野三碑&ぐんまちゃん

 高崎駅構内の通路に陣取っていた上野三碑のレプリカ。
3pireplica01
 今日はなくなっていました。

 変わって登場したのは大きなだるまです。
Takasakieki201706a
 高崎の恒例行事、高崎まつりの宣伝です。ま、仕方ありませんね。(^_^; 高崎まつりが終わったら、また復活することでしょう。

 撤去された上野三碑はどこへ行ったのかと思ったら、上信電鉄の駅への通路にありました。ちょっと逆光。
Takasakieki201706b
 上野三碑は上信電鉄の沿線にありますので、本当はこちらの方が相応しい場所かもしれません。

 高崎駅では、上信電鉄駅の近くで道路工事をしていました。そこにぐんまちゃんが。
Takasakieki201706c
 近くに見張り員がいました。撮影後、その人の前を通ったら、にっこりされました。あの人もぐんまちゃんファンだったのかもしれません。
Takasakieki201706d
 なお、このぐんまちゃん、高崎駅構内のぐんまちゃんショップでも売っています。店頭には見本があるだけで、注文を受けてメーカーから直送だそうです。←あ、一応問い合わせ済みです。(^_^;

 欲しいなぁとは思いながら、場所塞ぎなので、我慢しています。(^_^)

2017年6月26日 (月)

『おさんぽ万葉集』

 村田右富実氏の『おさんぽ万葉集』を買いました。
Osanpomanyo
 本書の「はじめに」は、「本書は「線」の本である。八本の線(コース)を歩く本である。」という文で始まります。

 奈良にはたくさんの万葉故地がありますけれども、それらを点で紹介するのではなく、線で紹介しています。

 具体的には以下の8本です。

Route.1 平城
Route.2 春日
Route.3 葛城
Route.4 山辺の道
Route.5 泊瀬
Route.6 忍阪
Route.7 飛鳥
Route.8 飛鳥(自転車)

 各コースごとに分かり易い地図が1つずつ付いています。

 写真もたくさん載っています。各章の扉には大きな写真が載っています。それ以外の写真は脚注欄にありますので、あまり大きくはないものの、良い写真が多いです。

 奥付に、「編集」「デザイン」「地図製作」「イラスト」などと並んで、「撮影 村田明美」とあります。

 「もしや」と思って「おわりに」を読むと、やはり村田明美さんは「吾妹子」だそうです。(^_^) ご夫妻で奈良飛鳥を一緒に回られたようです。♪

 すてきなご夫妻です。

2017年6月25日 (日)

東日本うまいもん弁当

 東京駅はしょっちゅう通っているのですが、駅構内の駅弁屋さんにはしばらく御無沙汰でした。混んでいるもので。(^_^;

 今日、久しぶりに覗いたら、このような駅弁がありました。
Higashinihonben30a
 「JR東日本30周年記念 東日本うまいもん弁当」です。国鉄が分割民営化されてから30年なのですね。
Higashinihonben30b
 掛け紙の裏にはこのような地図が印刷されていました。
Higashinihonben30c
 この駅弁には、JR東日本管内の17都県をイメージした料理が詰め合わされているのでした。

2017年6月24日 (土)

「トンボの眼」の万葉集講座01

 今日は池袋で講座をしてきました。

 「トンボの眼」という団体の講座です。「万葉集をよむ」という連続講座の第1回目で、タイトルは「有間皇子」です。レジュメはこちら

 2時間(休憩10分を含む)の講座だったのですが、20分前に終わってしまいました。(^_^;

 仕方がないので、残りの時間は質疑応答にしました。人数は15人という少人数で、机の配置もロの字型でしたので、皆さん、割と気楽に質問してくださったようで、楽しい時間になりました。

 早く終わったのが怪我の功名でした。(^_^)
Gunmac_shiori02

2017年6月23日 (金)

養老改元1300年

 先日の古事記学会の折、休憩室に次のようなものが置かれていました。
Yoro1300a
 養老改元1300年祭とあります。岐阜県養老町のパンフレットです。

 趣旨は以下の通りです。
Yoro1300b
 奈良では平城遷都1300年に始まり、古事記撰進1300年、日本書紀撰進1300年と、10年間にわたってさまざまな企画があるようですが、養老改元1300年は思い付きませんでした。「ううむ。そう来たか」という感じです。

 町おこしを目的としたものでしょうが、こうした文化的・学術的な企画は好感が持ってます。しかも古代だし。(^_^)

 今年の3月から12月まで、毎月何かしらのイベントが開催されるようです。
Yoro1300c
 休憩室には次のようなパンフレットもありました。これも養老町のものです。
Yorotakara01
 46の宝ものの内訳は以下の通りです。
Yorotakara02
 このうち、29~32の4項目は薩摩藩による宝暦治水に関するものです。幕府のお手伝い普請で多くの犠牲者を出した薩摩藩に対する感謝の念が伝わってきます。

 この46項目はかるたになっているようです。
Yorotakara03
 また、岐阜新聞も置いてありました。
Yorogifunews01
 題字付近の拡大です。
Yorogifunews02
 養老町のみならず、岐阜新聞社もこのイベントを応援しているようですね。

 養老町ってどうやって行くのだろうと思って調べてみたら、大垣から養老鉄道に乗るのですね。大垣といえば関ヶ原の近く。今度、2つ兼ねて行ってみようかと思いました。

 *先日、古事記学会の懇親会場から見た伊吹山の写真をご披露しましたが、あの部屋は「伊吹の間」でした。伊吹山が見えることによる命名なのでしょう。その旨、あの記事に加筆しました。

2017年6月22日 (木)

前橋空襲に消えた愛の物語

 このようなチラシを見ました。
Maebashikushu01
 市民ミュージカルで、趣旨は以下の通りです。
Maebashikushu02
 群馬県立女子大のある教員研究室のドアに貼ってありました。そのゼミの学生さんも2人出演しているということです。

 前橋空襲のことは、当ブログでも、うっし~さんから伺ったことがありました。

 前橋市内の広瀬川河畔には空襲の慰霊碑があります。
Maebashi_sensai01
 なお、この公演は「前橋・高崎演劇フェスティバル」の一環です。ライバル同士の前橋と高崎とが文化面で連携するのは良いことです。(^_^)
Maebashikushu03_2

2017年6月21日 (水)

シンポジウム「方言研究の楽しみ」

 群馬県立女子大学では7月1日(土)に次のようなシンポジウムが開催されます。
201707tanoshimi01
 このシンポジウムは国文学科が主催するもので、昨年から始まり、昨年は3回開催しました。今回のシンポジウムの詳細は以下の通りです。
201707tanoshimi02
 今回のシンポジウムの趣旨は以下の通りです。
201707tanoshimi03
 なお、当日の午後は国語国文学会主催の大会が開催されます。
2017gakkai01
 多数のご来聴をお待ちしています。

 私は出席できなさそうな気配ですが。(^_^;

2017年6月20日 (火)

ぐんまの郷

 昨日、高崎駅構内の駅弁屋で買いました。
Gunmanosato01
 季節限定の新製品のようです。
Gunmanosato02
 お品書きは以下の通りです。
Gunmanosato03
 トップにあるギンヒカリというのは、群馬県が作り上げたニジマスです。

 どれもおいしゅうございました。

 ただ、画像ではサイズが分かりませんが、底面積が結構大きいです。列車の座席のテーブルはあまり大きくありませんし、持ち帰って家で食べる場合、箱が大きいのは運ぶのに厄介です。

 この駅弁会社のだるま弁当や鳥めし弁当はとてもコンパクトですので、これも少し工夫してくれていたらと思います。

 掛け紙の絵は、右上が碓氷峠のめがね橋、右下は尾瀬の水芭蕉、左側は草津温泉と思われます。下はたぶん上毛三山(妙義、榛名、赤城)と思われます。

2017年6月19日 (月)

古事記学会の弁当・水など

 大会1日目の会議の際のお弁当です。
2017kojiki08
 中身。
2017kojiki09
 いやぁ、ボリュームたっぷりでした。おいしかったですけど、朝食が遅かったこともあり、かなり残してしまいました。もったいなかったです。食品廃棄物が問題になっているさなか、罪悪感がありました。

 箸袋に「にりん草」とあります。中京大学の真ん前にあるお店です。

 食事にはお茶が付いてきましたが、それとは別に、受付ではペットボトルの水を頂きました。中京大学ブランドの水です。
2017kojiki10
 そういえば、以前、愛知大学でも水を頂きました。
2017kojiki11
 こんな説明がありました。
2017kojiki12
 愛知・岐阜はおいしい水が多いのでしょうね。

 中京大学の水にも説明があったと思います。撮しておけば良かったです。

 懇親会があったホテルの玄関付近にはこのようなものがありました。飴細工だそうです。
2017kojiki13
 いやぁ、よくできています。
2017kojiki15
 飴細工といわれると甘そうな感じがします。
2017kojiki14

2017年6月18日 (日)

伊吹山夕景

 古事記学会第1日目の夜は、名古屋観光ホテルで懇親会がありました。18階の部屋です。

 (たぶん=蜂矢先生談)伊吹山が見えました。なお、この部屋の名前は「伊吹の間」である旨、蜂矢先生から御教示いただきました。伊吹山が見えることに依る名でしょうね。
2017kojiki04
 代表理事の毛利先生、講演者の鈴鹿先生、犬飼先生のご挨拶があり、写真も撮ったのですが、昨日載せた写真と同じメンバーですので、省略します。

 乾杯の挨拶は蜂矢先生です。
2017kojiki05
 やがて、日没が近づきました。
2017kojiki06
 閉会の辞は岩下先生でした。
2017kojiki07
 懇親会の参加者も多く、盛況でした。

2017年6月17日 (土)

中京大学で古事記学会

 今日・明日は名古屋の中京大学で古事記学会の大会です。1日目の今日は公開講演会でした。

 毛利正守先生の代表理事挨拶。
2017kojiki01
 鈴鹿千代乃先生の講演。
2017kojiki02
 演題は「二つの降臨 ―伊勢と日向と―」です。高千穂への天孫降臨に先だって、天孫は伊勢に天降っているという内容でした。

 犬飼 隆先生の講演。
2017kojiki03
 演題は「古事記と木簡」です。後世の書写を歴ていないナマの資料としての木簡の表記を通して、古事記の文章を古代日本の文章史の流れの上に位置づけた内容でした。

 どちらのご講演も大変に刺激的でした。

 この度、古事記学会のHPがリニューアルオープンしました。その表紙が総会でお披露目されました。
Kojikihp
 URLも変わりました。新しいURLは、http://www.kojiki-gakkai.jp/です。ぜひ御一見ください。

2017年6月16日 (金)

なごや満載

 明日・明後日、中京大学で開催される古事記学会に参加するため、今日のうちに名古屋に移動してきました。

 夕飯は「なごや満載」という駅弁です。各種の駅弁が並んでいる中でこれを選んだについては名前のインパクトも大きかったと思います。(^_^)
Nagoyamansai01
 中身です。
Nagoyamansai02
 HPにも載せました

 もうすっかり忘れていましたが、HPには「名古屋満載」という駅弁が載っていました。平成20年1月に購入したものです。仮名と漢字との違いはありますが、「なごや満載」は「名古屋満載」の後身でしょうかね。

 名古屋満載のパッケージです。
Nagoyaman01
 同じく中身。
Nagoyaman02
 ひょっとすると、この時も名前に惹かれてこれを選んだのかもしれません。だとしたら、9年経っても発想は変わらないのでした。(^_^;

2017年6月15日 (木)

富岡製糸場で企画展

 富岡製糸場で「富岡製糸場と絹産業遺産群-明治の養蚕風景-」と題する企画展が開催されています。
Tomioka201706a
 2週間の会期で、もう半分ほど終わってしまいました。22日(木)までです。会場の東置繭所は明治5年に建てられた建造物で、国宝に指定されています。

 趣旨は以下の通りです。
Tomioka201706b
 また、主な展示内容は以下の通りです。
Tomioka201706c

2017年6月14日 (水)

ようこそぐんまへ2017夏

 八木原駅にこういうのぼり旗が立っていました。少し前からあったのですが、特に気にも留めていませんでした。ところが、今日、「おっ!」と思いました。

 これがその旗です。
Yokoso201706a
 群馬のアピールポイントが並んでいます。

 私が「おっ!」と思ったのは、ご推察通りこの部分です。
Yokoso201706b
 かなり重視していますね。こういうものに光が当たるのは嬉しいです。

 去年の9月に撮した旗はこれです。
Yokoso201609
 この旗では、中央にぐんまちゃんの真田信之が描かれています。「真田丸」がらみですね。

 去年と今日とで共通しているのは、富岡製糸場、SLとリゾートやまどり(電車です)、ぐんまちゃんの星座、温泉です。

 今年のにだけあるのは、花火、登山、川遊び、くだもの。去年のにだけあるのは、すきやき、雪だるま(スキー場?)です。

 季節の違いもありましょうね。季節以外での相違は、去年の真田信之と今年の上野三碑ということになりましょう。

 群馬県が何に力を入れようとしているのかがよく分かります。(^_^)

2017年6月13日 (火)

「とめ・はね」が違ったらバツ!?

 ネット上で、小学1年生の女の子が、ひらがなの「はね」が間違っているということで、書いた文字を先生に×にされた、という記事を見つけました。
Tomehana
 ママスタセレクトというサイトです。

 この件について文化庁(?)に問い合わせたところ、以下のような回答があったそうです。

 >文字については、それぞれ人により癖があるため、「形が変わりすぎていて読めない」という場合を除いては、間違いとはしません。
 >漢字については教育指導要領で定めていますが、ひらがなについてはとくに決まりはありません。
 >学校の授業では、教科書にそって先生の教えたことが正しくできているかを見ています。そのため「とめ」と「はらい」で、×にするかどうかはその先生の判断によります。
 >ご家庭と学校での指導法が違うのであれば、一度両者で話し合ってみてください

 これどうなんでしょ? 要するに、とめてもはねてもどちらも正解、ということですよね。にも関わらず、学校と話し合えと?

 よく言えば、学校の指導に文化庁(?)は介入しない、ということですかね。

 この記事の「文化庁」というのは「文科省」の誤りではないかと思うのですが。

 その前提で言えば、文科省というのはそんなに学校の自主性を重んずるお役所なのでしょうか。

 なんかね。

2017年6月12日 (月)

奈良絵図

 昨日アップした天理絵図の記事で、「石原氏の描く鳥瞰図には奈良もありました。それは持っていて、一時期、研究室のドアの内側に貼っていました。それが先日の片づけの折に発見されて、懐かしく思いました。もちろん持ち帰りましたけど、どの段ボール箱にあるか、不明です。(^_^;」と書きました。

 見つかりました。(^_^)

 天理絵図は折りたたんだ形で販売されていましたが、奈良絵図は折らずに筒に入った形でした。そのことをふと思い出しました。長い筒ですので、段ボール箱には入りません。研究室から運んだ長いものグループを探したら見つかりました。
S53naraezu01
 結構大きいです。丸まってしまうので、四隅を交換レンズやペットボトルで押さえてあります。(^_^)

 興福寺付近。
S53naraezu02
 先月上代文学会が開催された奈良女子大や、近鉄奈良駅、奈良県庁付近。
S53naraezu03
 天理絵図よりも建物の数が多いので、これを描くのはさらに大変だったことと思います。天理絵図の翌年、昭和53年のものです。

2017年6月11日 (日)

天理絵図

 「天理絵図」を入手しました。超精密な鳥瞰図で、絵師は石原正氏です。昭和52年のものです。
S52tenriezu01
 全体像。
S52tenriezu02
 左下に天理駅があり、右上が石上神宮方面です。北を上にする通常の地図を90度左回転させています。

 一部分を拡大しました。北が上になるように(大体ですが)向きを変えています。
S52tenriezu03
 左側やや下の方に川原城の交差点があります。右上に天理教本部。右下隅に天理図書館。家1軒1軒が精巧に描かれています。地図全体では何軒の家があるのか、気が遠くなるような作業です。

 天理市については、昭和50年・51年の2回泊まった芳月という旅館を懐かしく感じています。それについては当ブログでも何回か書きました。

 「天理をふらふら」「天理今昔」などです。

 この絵図、昭和52年のなんですよね。私が訪れたときから1~2年しか経っていませんので、多分ほとんど変わっていないのではないかと思います。芳月については、この絵図をじっくりと眺めながら、また考えてみます。

 川原城の交差点付近。
S52tenriezu04
 野球場と天理図書館。
S52tenriezu05
 確かに、その昔、野球場のすぐ横を通って天理図書館に行きました。ところが、先年萬葉学会で天理図書館に行った時、近くに野球場がなくて、「???」と思ったのでした。野球場が移転したことは当ブログで三友亭主人さんに教えて頂きました。

 野球場には人がいますね。絵師のコメントに依れば、この野球場の様子は、2アウト・フルベースで、打球が一・二塁間を抜いたところ、だそうです。(^_^)

 石原氏の描く鳥瞰図には奈良もありました。それは持っていて、一時期、研究室のドアの内側に貼っていました。それが先日の片づけの折に発見されて、懐かしく思いました。もちろん持ち帰りましたけど、どの段ボール箱にあるか、不明です。(^_^;

2017年6月10日 (土)

毎日、2~3ヶ所にぐんまちゃん

 昨日のネット版の上毛新聞に、「ぐんまちゃんの“出動”906件 ブーム前の7倍に」という記事が載っていました。

 ぐんまちゃんの着ぐるみの貸出件数が1年間で906件に達したとのことです。計算すると、1日平均2.48回になります。

 毎日、2~3ヶ所にぐんまちゃんが出没していることになります。

 大人気ですね。

 貸出件数が増える中、「かわいくないぐんまちゃんがいる」との苦情が寄せられるようになったそうです。

 中の人の身長が高すぎたり、動き方が適切でなかったりすることが原因のようで、県は、イメージ統一のため、推奨する身長や動き方を写真入りで紹介する冊子を貸出時に渡すようにしているとのことです。

 こういう動作をしていればOKでしょう。(^_^)
Gunmac_daigaku20131010

2017年6月 9日 (金)

上野三碑スイーツ結果発表

 去年の8月、高崎駅で上野三碑創作スイーツコンテストの応募作品募集のポスターを見ました。それをまほろばでも取り上げました

 そのことはもうすっかり忘れていたのですが、今日、前橋で仕事の日で、県庁の県民センターを覗いたら、こんな冊子がありました。無料配布中です。
3pikashi01
 小ぶりの冊子ですが、中身は80ページにも及びます。そこにこのコンテストの受賞作品等が並んでいました。

 プロ部門最優秀賞。豪華ですね。
3pikashi02
 プロ部門優秀賞。抽象的です。
3pikashi03
 一般部門最優秀賞。シンプルです。
3pikashi04
 一般部門優秀賞。多胡碑にあったかもしれない一文字を題材にしたもの。
3pikashi05
 みな、おいしそうです。全てレシピ付きです。お菓子作りが趣味の方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

2017年6月 8日 (木)

群馬学シンポジウム「草津温泉」

 今月の24日(土)に第33回群馬学連続シンポジウムが開催されます。今回は温泉シリーズの第4回で、伊香保、磯部、四万に続き、草津です。
Gunmagaku33a
 今回は、文化・文学よりも、社会・経済が中心になりそうです。
Gunmagaku33b
 たくさんの皆さまのご来校をお待ちしております。

 当日、私はあいにく都内で仕事があるため、参加できません。残念です。

2017年6月 7日 (水)

イーストアイに遭遇

 高崎駅の新幹線ホームにイーストアイがいました。夜7時過ぎです。
Easti03
 東海道新幹線のドクターイエローに当たるのですよね。
Easti04
 カメラを向けている人はあまりいませんでした。

 う~ん。テツではないので、これ以上、話をふくらませることができません。(^_^;

2017年6月 6日 (火)

捨てる神拾う神あり冷蔵庫

 5月下旬にほぼ終わった研究室の片づけ。残すは粗大ゴミの始末だけになっていました。公費で購入したものはそのまま置いていっても良いのでしょうが、私費で買ったものは自分で始末を付けなければなりません。いくつかあるうち、冷蔵庫と電子レンジが2大巨頭でした。どちらもそう大きなものではありませんが、業者に頼むしかなさそうです。ただ、私の今後の日程が定まらないため、グズグズと保留状態が続いていました。

 そんな折、その2大巨頭を引き取りたいというお話しがありました。渡りに船で、ありがたいことです。

 その2大巨頭にしても、このまま廃棄されてしまうところ、命が延びて幸いだと思います。

 大抵はグズグズしていてはいけないのでしょうが、たまにはグズグズが幸いすることもあります。(^_^)

 ただ、どちらも30年くらい使っています。だいぶくたびれていますので、引き取ってくれるという人には申し訳ない気がします。

 今日、無事に引き渡しが済みました。
Katazukezan01
 冷蔵庫のマニュアルは見つかりませんでしたが、電子レンジのはありました。
Katazukezan02
 裏表紙に日付が書いてあります。
Katazukezan03
 1991年(平成3年)です。26年前ですね。30年も使っていたと思っていましたが、そこまでは行っていませんでした。

 1枚目の画像の右側に写っているパソコンは、元同僚のS先生が公費で購入されたものです。このパソコン、3.5インチのフロッピーディスクドライブが2台と5インチのフロッピーディスクドライブが1台内蔵されています。2つのサイズのフロッピーディスクが読めるので、何かの時に役に立つかもしれません。10年ほど前でしょうか、古い5インチのフロッピーディスクを読む必要が生じて、S先生にこのパソコンの借用をお願いしました。そうしたら、あれこれやり取りがあった結果、私の研究室に移管されてしまいました。(^_^; その後、使う機会はありませんでした。(^_^;

 これは公費購入ですので、置いて行けます。

 そんな次第で、2大巨頭とこのパソコンは解決済みですので、状況が変わりました。残りの粗大ゴミは業者に依頼しなくても何とかなりそうです。

 これで、近いうちに本当に完了ということになりそうです。♪

2017年6月 5日 (月)

ぐんまのイメージアップシール

 先日、元の勤め先の事務局の方から頂きました。
Gunmac_maru01
 ウラです。
Gunmac_maru02
 ウラは表の解説になっていますね。ウラの下の方には、「群馬県総務部広報課ぐんまイメージアップ推進室」とあります。

 学生(1年生か)に配布した残部からくださったようです。お二人から合計3枚。(^_^)

 私がぐんまちゃんファンだということがなぜかかなり浸透しているようです。♪ そうするとこういう良いことがあります。

 群馬県外から来た学生さんに対して、群馬の何をアピールしようとしているのかがよく分かります。ねぎとコンニャクが入っていませんけど、すき焼きの中にねぎもコンニャク(白滝)も入っていますね。

 県の政策をブログなどに載せては守秘義務違反になりましょうか。(^_^;

2017年6月 4日 (日)

早稲田おまけ

 今日は、全国大学国語国文学会の2日目、研究発表会でした。発表者には大学院生も多数いましたので、写真は省略します。代わりにおまけを少々。

 昨日の委員会のお弁当です。
Zenkoku2017a12
 中身。三色団子が気に入りました。
Zenkoku2017a13
 今日のお弁当。
Zenkoku2017a14
 違うお店の品です。2日とも大会実行委員長の石原千秋先生のチョイスだそうです。両方ともおいしゅうございました。

 大隈重信像。朝倉文夫の作とのことです。
Zenkoku2017a15
 リーガロイヤルホテル。ここで懇親会が開かれました。
Zenkoku2017a16
 穴八幡神社。
Zenkoku2017a17
 鳥居を亀が支えていました。
Zenkoku2017a18
 かつて、この境内で流鏑馬が行われたとのことです。時間がなくて境内には入りませんでした。
Zenkoku2017a19
 2日間に亙る夏季大会、盛況裏に終了しました。会場校は大変だったことと思います。お世話になりました。

 午前の部2本目の研究発表の発表資料はよくできていました。院生さんですが、内容上の区切れごとに、その項のまとめが簡潔明瞭に示されていて、大変に分かり易かったです。レジュメの見本のように思いました。歳をとっても参考になることはたくさん。(^_^)

2017年6月 3日 (土)

早稲田大学で全国大学国語国文学会

 今日明日、全国大学国語国文学会の夏季大会が早稲田大学で開催されています。

 第1日目の今日は「小さい窓から文化を語る」というテーマの公開シンポジウムでした。

 中西進会長による会長挨拶。
Zenkoku2017a01
 早稲田大学教育・総合科学学術院長の松本直樹氏による会場校挨拶。
Zenkoku2017a02
 パネリストはお三方。それぞれ、日本語学、古典文学、近代文学がご専門です。このあたりの幅広さが本学会の特徴です。

 司会・コーディネーターは石原千秋氏。
Zenkoku2017a03
Zenkoku2017a04
 浅川哲也氏。
Zenkoku2017a05
Zenkoku2017a06
 吉井美弥子氏。
Zenkoku2017a07
Zenkoku2017a08
 生方智子氏。
Zenkoku2017a09
Zenkoku2017a10
 全員による質疑応答・意見交換。
Zenkoku2017a11
 会場からも発言があり、盛況でした。会場から学部生の質問もありました。よかったです。

2017年6月 2日 (金)

初代ぐんまちゃんの……なんだろ?

 学外の講座の受講生の方(社会人)からいただきました。
Gunmac1_akagi01
 昭和58年のあかぎ国体当時のものです。34年前。
Gunmac1_akagi02
 「この子もかわいがってください」というメモが付いていました。貴重なものを頂いてしまいました。

 まだ携帯電話も無い頃ですね。携帯ストラップではなくて、なんでしょ? カバンなどに付けるマスコット、ということになりましょうか。

鹿の赤ちゃん大公開がニュースに

 先ほど見たNHK「ニュースチェックイレブン」の地域の話題のコーナー、奈良のニュースだというので、「おっ! なんだろ?(わくわく)」と思いました。

 今日(6月1日)から鹿苑で鹿の赤ちゃんの公開が始まったという内容でした。
Newsshika01
 おお、そうでした、そうでした。すぐにピンとこなくてはいけないところでした。(^_^;
Newsshika02
 やはりかわいいです。

 行きたいですけど、奈良には先月行ったばかりだし、今月は名古屋に行くし、締切を過ぎた原稿もあるし。さて、どうしたもんじゃろなぁ、と考えています。

 写真はNHKニュースWEBからキャプチャーしました。アウトか? 出典を示したからセーフか? (^_^;

2017年6月 1日 (木)

奈良拾遺

 ちょっとタイミングを外してしまいましたけれども、先日の上代文学会の折の落穂拾いです。

 宿の窓から。
Unebi20170519
 畝傍山と二上山の夕景です。良い感じで鳥が飛んできました。学会の会場は奈良市内の奈良女子大学だったのですが、宿は橿原でした。(^_^)

 大会前日の夕飯です。京都駅で買いました。駅弁の名前に惹かれたところがかなりあります。(^_^)
Ikarugaben01
 中身です。
Ikarugaben02
 お品書き。
Ikarugaben03
 リストの末尾に「蘇(そ)入団子」とあります。食べ終わって、かなり経ってからこのお品書きを見ました。「蘇入団子」がどんな味だったか憶えていません。失敗しました。(^_^;

 帰る日に買ったしかまろくんのストラップ。
Shikamaro09
 裏です。
Shikamaro10
 メモも買いました。
Shikamaro08

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ