« 立川の働くヤギさん | トップページ | 県民センターに上野三碑コーナー »

2017年5月26日 (金)

南極の珪化木とカラフト犬

 昨日行った国文学研究資料館は、極地研究所と同じ建物内にあります(出入口は別)。

 極地研の中には入りませんでしたが、展示スペースが外から見える場所にありますので、覗いてみました。

 珪化木が展示してありました。採集地は南極横断山脈だそうです。
Kyokuchiken01
 ということは、かつて南極には大きな木が生えていた時期があったのですね。地球全体が今よりもずっと温暖だった時期があったのか、あるいは地軸が今とは大きく違っていた時期があったのか、などと素人なりに考えました。

 帰宅してググってみましたら、南極大陸の位置が今よりもずっと北にあった時期があったということのようです。現在の東南極に相当する地域は赤道上にあり、西南極に相当する地域は北半球にあったとのことです。不勉強で全く知りませんでした。大陸移動で動いたのですかね。南極大陸がそんな位置にあったのなら大木もたくさん生えていたことでしょう。

 歳を重ねても知らないことだらけ。(^_^;

 カラフト犬の彫刻も展示されていました。かつては東京タワーに置かれていたものをここに移したのだそうです。
Kyokuchiken02
 こういう解説板がありました。
Kyokuchiken03
 アップ。
Kyokuchiken04
 もう1枚。
Kyokuchiken05
 タロとジロに思いを馳せると、泣きそうになります。(^_^;

« 立川の働くヤギさん | トップページ | 県民センターに上野三碑コーナー »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65331985

この記事へのトラックバック一覧です: 南極の珪化木とカラフト犬:

« 立川の働くヤギさん | トップページ | 県民センターに上野三碑コーナー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ