« ナゾの木簡 | トップページ | 明治時代の絵の教科書 »

2017年3月28日 (火)

ずんだまんじゅう&一口香

 先日、東京の家の近所のスーパーで、ささやかにうまいもの市が開催されていました。

 金色のひっぱりだこ飯もそこで買いました。(^_^) たこ飯の隣には厚岸のかきめしが並んでいました。あれも好きなのですが、金色に目が眩んで、たこ飯を選んでしまいました。(^_^;

 お菓子の売り場には、ずんだまんじゅうというのがありました。以前だったら素通りしてしまったと思うのですが、「ずんだ」という文字を見た途端、「ところで、ずんだ餅はお好きかな?」という声が聞こえてきたような気がして、つい買ってしまいました。(^_^; 「真田丸」の呪縛からまだ抜けられません。(^_^;
Zundaman01
 ひとくちサイズのお菓子です。
Zundaman02
 中の餡が「ずんだ」です。食べかけをご覧に入れるのもお見苦しいので、中に入っていたしおりをご披露します。
Zundaman
 このお菓子メーカーは、「伊達絵巻」と同じ会社です。

 近くに長崎の一口香がありました。
Ikkoko01
 これは、以前、このスーパーで買ったことがあり、おいしかったので、また買ってしまいました。
Ikkoko02
 近所の店で全国のおいしい食べ物が手に入るというのはありがたいことです。

« ナゾの木簡 | トップページ | 明治時代の絵の教科書 »

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/65078793

この記事へのトラックバック一覧です: ずんだまんじゅう&一口香:

« ナゾの木簡 | トップページ | 明治時代の絵の教科書 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ