« 「歴史秘話ヒストリア」はよろい人骨 | トップページ | 豊橋駅のイルミネーション »

2017年2月 3日 (金)

節分の和菓子

 今日は節分。

 このような和菓子を頂きました。
Oniwagashi01
 もう1つ。
Oniwagashi02
 なんか愛嬌がありますね。(^_^)

 赤鬼さんの角が1つ折れてしまったのが痛恨の極みです。それぞれの鬼の目が、下目遣い気味、上目遣い気味なのはなかなか藝が細かいです。

 昨日立ち寄った近所のスーパーで、「明日は節分です。~」という放送が流れていました。恵方巻きの宣伝だったでしょうか。中身は聞き流しました。引っ掛かったのは「節分は、文字通り「季節を分ける」ということで……」という部分です。

 季節を分けるということなら、語法的には「節分」ではなく「分節」ではあるまいかと考えました。「節分」という語順(字順)ならば、「季節の分かれ目」かなと。

 こんな所でいちいち引っ掛かっていては鬱陶しがられます。(^_^;

 といいつつ、1日経ってまた考えました。「立春」は二十四節気の1つですから漢語ですけど、その前日の「節分」は和製漢語ですかね。和製漢語ならば、「心配」(「心を配る」)、「酒乱」(「酒に乱れる」)のように日本語の語順のものがありますから、「季節を分ける」もありかと思います。

 でも、意味的には「節分」はやはり季節の分かれ目かなと思います。

« 「歴史秘話ヒストリア」はよろい人骨 | トップページ | 豊橋駅のイルミネーション »

日常」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64847078

この記事へのトラックバック一覧です: 節分の和菓子:

« 「歴史秘話ヒストリア」はよろい人骨 | トップページ | 豊橋駅のイルミネーション »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ