« 國學院で「祭祀と神話」展 | トップページ | 『尋常小学読本唱歌』 »

2017年2月25日 (土)

「絹の国ぐんまにふれる」

 富岡製糸場で次のような企画展を開催中です。
Kinusatogunma01
 昨日、群馬県庁の県民センターでこのチラシを見つけました。会期が1ヶ月ありませんね。ちょっと短い。

 当ブログ、展示関係の記事が3日続いてしまいました。

 このような内容です。
Kinusatogunma02
 虫が苦手な方にとっては恐ろしげな記述がありました。(^_^;
Kinusatogunma03
 このような展示もあるようです。
Kinusatogunma04

« 國學院で「祭祀と神話」展 | トップページ | 『尋常小学読本唱歌』 »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

群馬の絹遺産は,とてもすごいですね。
昨年,富岡製糸場と高山社に行きましたが,
富岡製糸場では,製糸業や養蚕のことが詳しく学習できます。

前橋には乾繭取引所がありましたが,
豊橋にも20年前まで乾繭取引所がありました。
豊橋も以前は製糸業が盛んだったようです。

豊橋の製糸業が発展したのは,群馬出身の小淵志ちが製糸技術を伝えたことが大きいようです。
高山社で,小淵志ちのことを言ったら,
群馬には小渕さんが多いとのこと。
そういえば,有名な政治家がいましたね。

萩さん

 富岡製糸場と高山社にお越しくださいましてありがとうございました。

 世界遺産も、富岡製糸場だけでなく、高山社等を含む絹産業遺産群セットでの認定ですので、セットに意味があるのでしょうね。

 豊橋は港があるので、生糸の輸出にも適していますね。群馬は海なし県ですので、鉄道で横浜まで運んで、そこからということになりますね。そういう意味では海外輸出の環境には恵まれていなかったわけですけれども、鉄道がそれを補ってくれたのでしょうね。

 小淵志ちさんのこと、存じませんでした。人的な絆は大切ですね。

小淵志ちさんは,豊橋で玉糸製糸を始めた人です。
玉糸(たまいと)とは,二つの繭がくっついたもので,品質が悪く,くず繭として扱われていたそうです。
その玉繭から,生糸を取り出すことに成功し,豊橋の製糸業を発展させた功労者です。

地元では,昨年,小淵志ちの生涯を描いた「ひとすじの糸」という演劇が行われました。
今年も,6月24,25日にあるようです。

群馬の楫取さんのように,それぞれの地域に,たくさんの恩人がいますね。

萩さん

 小淵志ちさんのこと、御教示ありがとうございました。

 なるほど、そういう人でしたか。

 豊橋で、今に至るまで顕彰してくださっているのは大変にありがたいことです。

 楫取素彦も確かにそうですね。もともとは長州の人ながら、群馬県にとっての大恩人です。出身地を越えての恩人は、それぞれの地にたくさんいらっしゃることでしょうね。ありがたいことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64940198

この記事へのトラックバック一覧です: 「絹の国ぐんまにふれる」:

« 國學院で「祭祀と神話」展 | トップページ | 『尋常小学読本唱歌』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ