« 米沢牛 焼肉どまん中 | トップページ | アライグマぐんまちゃん »

2017年1月22日 (日)

オーバーヘッドスキャナを購入

 これまでスキャナは、プリンターとコピーとの複合機と、複数枚のシートを自動的に読み込んでくれるシートフィードスキャナとを用途に応じて使い分けてきました。

 それでほぼ用は足りていたのですが、どちらもA4サイズまでにしか対応していないので、大きなものは部分的に何枚かとってあとから合成する必要がありました。また、ぶ厚い書籍などではノドの部分が陰になったりゆがんだりするのも困った点でした。

 そんな状況下、たまたまオーバーヘッドスキャナの広告が送られて来たのに心惹かれて、つい買ってしまいました。(^_^;

 富士通のスキャンスナップSV600という機種です。大きさはこんなです。
Sv600a
 光の帯が移動して読み取ってゆきます。
Sv600b
 読み取った結果はこんなです。A3まで対応します。もとの絵図はA3よりも大きいので、結局収まっていませんけど。(^_^;
Sv600c
 厚みのある本の実験に漢和辞典も読んでみました。
Sv600d
 読み取ったあと、パソコン上にこういった画面が出ます。下を選択します。
Sv600e
 次は歪みの補正のための画面です。
Sv600f
 指示に従って、6点の位置を決めます。
Sv600g
 そして読み取ると、歪みは見事に補正されています。
Sv600h
 ただ、光源の光が強く当たった部分は白飛びしています。これでは実用にならないので、これに関する補正機能もあると思います。

 ろくにマニュアルを読まないで、とりあえず使ってみました。少し勉強してみます。←そのうちね。(^_^)

« 米沢牛 焼肉どまん中 | トップページ | アライグマぐんまちゃん »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 このスキャナ、ジャストシステムで扱っている商品でしょうか。
 厚めの書籍の文字画像も歪みなく保存できるということ、かなりのすぐれものと思います。

 ついでに読み取った画像を正確なテキストファイルに変換してくれれば言うこと無しですね。

 私もスキャナとOCRソフトを持っていますが、歪み修正まではしてくれないため、読み込ませた画像を文字変換する際には一苦労です。

 面倒なので最近はあまり使っていません。

朝倉山のオニさん

 早速のコメントをありがとうございます。

 はい。この製品のことを私はジャストシステムからのメールで知りました。

 ただ、ジャストシステムが密接に関わっているというわけではないので、アマゾンでも(たぶん楽天でも)買えます。

 このスキャナにはOCRソフトも付属していて、アマゾンのカスタマーレビューの中に、そのOCRソフトがとても優秀だと書いてあるものがありました。

 私はまだ試していませんけれども、期待できそうですね。

新し物好きの,源さんならではのお買いものですね。
あの分厚い本をスキャンできるなんて,かなりの優れものですね。
すごい。
また色なものをスキャンして,見せてくださいね。

萩さん

 新兵器が加わって便利になりそうです。

 ただ、古地図など、A3よりも大きいものが多いので、やはり加工が必要なことが多そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64797223

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーヘッドスキャナを購入:

« 米沢牛 焼肉どまん中 | トップページ | アライグマぐんまちゃん »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ