« 三光神社をゆく | トップページ | 契沖・近松の遺跡 »

2016年12月11日 (日)

「傾城阿波の鳴門」どんどろ大師

 真田丸跡を訪れた時、途中にありました。
Dondoro01
 どんどろ大師 善福寺です。

 三角形の敷地に建っていて、左へ進むと心眼寺坂です。

 この地は、真田丸の北出丸付近、またはその東に当たると思われます。

 宝暦2年(1752)、大坂の陣の戦死者の霊を弔うため、この地に鏡如庵大師堂が創建されますが、明治の初めに廃庵になり、のち、明治42年(1909)、この地に善福寺が移転してきて、現在は「どんどろ大師 善福寺」となっているようです。大坂の陣の戦没者を供養するためのお堂が建てられたということも、真田丸がこの付近にあったことの傍証になるのではないでしょうか。
Dondoro02
 人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門」の、有名な「して、かか様の名は」の場面がここを舞台にしていることで、門前にお弓・おつるの像があります。
Dondoro03

« 三光神社をゆく | トップページ | 契沖・近松の遺跡 »

史跡めぐり」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64613002

この記事へのトラックバック一覧です: 「傾城阿波の鳴門」どんどろ大師:

« 三光神社をゆく | トップページ | 契沖・近松の遺跡 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ