« 祇園夜景 | トップページ | 真田丸跡をゆく(2) »

2016年12月 5日 (月)

真田丸跡をゆく(1)

 大阪出張を利用して真田丸の跡に行ってきました。場所は大阪市天王寺区餌差町。大阪環状線の玉造駅から西へ600m程の地です。

 大阪明星学園高校の塀際に真田丸顕彰碑が建っています。今年の1月に天王寺区役所が建てた石碑です。
Sanadamaru01
 この碑には、元禄年間に描かれた『大坂三郷町絵図』(大阪城天守閣蔵)が掲載されています。必要部分を示します。
Sanadamaru02
 これを見ると、真田丸跡の東側に、南北に寺院が並んでいます。寺名は読みにくいですが、一番北が心眼寺とあります。以下、南に興徳寺、大応寺、伝長寺です。

 現代の地図を示します。
Sanadamaru03
 南北に並ぶお寺、ぴったりですね。

 ということで、現在の大阪明星学園の場所がかつての真田丸の位置であったということになります。ちなみに、現代の地図の北辺附近に「空堀町」という地名が見えます。このあたりが豊臣時代の大坂城の南限、外堀があった場所のようです。

 現地にはこういう案内地図があちらこちらにありました。
Sanadamaru04
 まさに、真田丸は大坂城の南限のさらに外に位置しています。堀は現在は道路になっています。
Sanadamaru05
 明星高校と4つのお寺との間の道です。北からの撮影です。
Sanadamaru06
 向かって右側が明星高校、左側がお寺です。一番手前の石垣のあるところが心眼寺です。

 私が撮影している場所はかなり低いですね。道は南に向かって上り坂になっています。「ブラタモリ」でタモリさんがこの道を通ったとき、良い坂だと言っていました。(^_^)

 明星学園にはこんな壁画が描かれていました。先ほどの顕彰碑のすぐ上です。
Sanadamaru07
 心眼寺は石段の上にあります。
Sanadamaru08
 門の脇にはこのような石碑が。
Sanadamaru09
 「あれ?」ですね。先ほどの元禄の絵図では、心眼寺等の4つのお寺は真田丸と道を挟んだ東側にあるはずですが、この石碑では、心眼寺も真田丸に含まれることになってしまいます。

 心眼寺の北はこのようになっています。
Sanadamaru10
 高い石塀ではなく、石垣で、心眼寺はこの石垣上にあります。かなり高い場所ですね。この写真の奥左側には明星学園のグランドのネットが見えています。

 さて、どうなんでしょう。心眼寺等の4つの寺院は真田丸の外側なのか内側なのか。

 仮に外側だとすると、これらのお寺の位置は真田丸よりも高台ということになりそうです。真田丸のすぐ近くにこんな高い場所があったのでは防衛上大きな問題ですね。

 つづく。

« 祇園夜景 | トップページ | 真田丸跡をゆく(2) »

テレビ」カテゴリの記事

史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

おお,すごい。
真田丸に,ついに行っちゃたんですね。
玉村の源さんの機動力には,今更ながらに驚きです。
私も「ブラタモリ」,見ました。
テレビではあまり分からなかったことまで,源さんの投稿で分かります。
取材お疲れ様でした。

萩さん

 ご覧頂きましてありがとうございます。

 いやぁ、ちょうど大阪で学会がありましたので、絶好のタイミングでした。わざわざ出掛けたのではないところがどうも。(^_^;

 「ブラタモリ」、おもしろいですね。毎回楽しみに見ています。今回も大変に役に立ちました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64587615

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸跡をゆく(1):

« 祇園夜景 | トップページ | 真田丸跡をゆく(2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ