« 飛鳥女史紀行 | トップページ | 左京と右京 »

2016年10月18日 (火)

わくわく日本書紀すごろく

 橿原考古学研究所附属博物館で購入しました。ミュージアムショップの他に、受付にも置いてありましたので、博物館一押しの品のようです。
Shokisugo01
 著者は奈良県。平城遷都1300年に始まる盛り上げを、古事記1300年を経て、日本書紀1300年まで引っ張ろうという企画の1つと思われます。
Shokisugo02
 全部で8つの双六が入っています。
Shokisugo03
 一番最初のイザナキイザナミの国生みすごろくはこんな感じです。
Shokisugo06
 「宝ものをあつめよう!!」は2つのすごろくからできていて、左側の天の岩戸で玉と鏡が得られます。右側の八岐大蛇退治で剣が入手できます。
Shokisugo07
 天の岩戸の登場人物(いや、神か)はこんな感じです。
Shokisugo04
 大化改新はこんな感じ。蘇我入鹿は「イルカゴン」。快獣風にされてしまっています。(^_^;
Shokisugo05
 倭建命のすごろくには出雲討伐がありませんでしたので、「あれ?」と思ったのですが、出雲討伐が出てくるのは古事記だけで、日本書紀には出てきませんでしたね。ちゃんと作られています。

« 飛鳥女史紀行 | トップページ | 左京と右京 »

ゲーム」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

遷都1300年ときて、古事記1300年ときて次は日本書紀1300年でしょうかね。
そうなるとその次は万葉集1300年だったりして…でもこればっかりは難しいですね。

・・・それに、まさかそこまでは生きていないだろうし・・・

三友亭主人さん

 明らかに日本書紀1300年を視野に入れていますよね。(^_^)

 万葉集の場合は成立年代不明なので、最終歌の年代になりましょうね。

 天平宝字3年は759年。計算してみたら、私は108歳です。無理っぽいです。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64368135

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく日本書紀すごろく:

« 飛鳥女史紀行 | トップページ | 左京と右京 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ