« 点字図書館の黒猫のしおり | トップページ | まほろぐ3周年 »

2016年8月 7日 (日)

奈良名所絵図(2)

 このようなものを入手しました。またネットオークションです。左右で色合いが異なるのは、大きさの点で1度にスキャンできず、別々にスキャンしたせいです。(^_^;
Narameisho02
 『奈良名所絵図』は以前も入手したことがあり、まほろぐにご披露しました。
Narameisho01
 2つ見比べると、ぱっと見には同じですね。違いは、以前入手したのは単色、今回のは2色という点です。といっても、今回のも2色刷なのか、あるいは朱は手彩色なのか、はっきりしません。

 ググってみましたら、『奈良名所絵図』は人気があったようで、現存しているものが多く、版も多いそうです。

 異版のポイントは、東大寺南大門の真南、地図下端付近にある「ゆきげのさわ」の描き方で、新しいほど横線の数が減るそうです。

 単色版は以下の通りです。
Narameisho03
 2色の方は以下の通りです。
Narameisho04
 両者を比較すると、2色版の方が線の数が多いので、こちらの方が古いということになりそうです。ところが、文字は明らかに単色版の方がシャープです。版を重ねるほど、文字は摩耗するはずなのに。

 文字はあとから彫り直したのでしょうかね。

 転害門付近の単色版。
Narameisho05
 同じ場所の2色。
Narameisho06
 両者の文字はよく似ていますけど、比べると違いますね。「是よりてがい丁」の「是」とか「て」とか、「丁」の字の横画の傾きとか、その下の「はたごや」。「かげきよ門」のそれぞれの文字とか。文字は同版ではありませんね。

« 点字図書館の黒猫のしおり | トップページ | まほろぐ3周年 »

史料・資料」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いつも珍しい資料が拝見できるので楽しみにしています。
「ゆきげのさわ」の「わ」や「いけ」の「け」の1画目など
違いますね。
「いけ」の右のスギナのような木の枝振りも違うようです。
門の方の建物の屋根の反り具合や脇の木の枝振りも。

和本の時代のものはあまり詳しくないのですが、
どちらかを版木に重ねて彫り直したのではないでしょうか。

源さんの後輩さん

 コメントをありがとうございます。

 ネットオークションを始めてから、いろいろと珍しいものが手に入ります。(^_^;

 楽しみと言われると、励みになります。収集を続けます。(^_^)

 ご指摘、ありがとうございます。

 確かにそうですね。ぱっと見は同じような版なのに、細部を比べると、字ばかりでなく、絵も違いますね。ご推察のように、同じ版木に手を入れているのではなく、版木自体が違うように思います。

 私も詳しくないのですが、「かぶせ彫り」というのでしょうか、印刷物を裏返して版木に貼りつけて、それを新たに彫ったもののように思えます。

 違う版元が無断でやったのなら、今だったら罰せられますよね。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/64026843

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良名所絵図(2):

« 点字図書館の黒猫のしおり | トップページ | まほろぐ3周年 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ