« 熊本地震 | トップページ | 龍光寺(工女の墓)をゆく »

2016年4月16日 (土)

富岡製糸場をゆく

 研修旅行の最初の目的地は富岡製糸場でした。
H28kenshu04
 ここには2度ほど来たことがありましたが、どちらも構内の建物の1つを会場にしての群馬学シンポジウム、出前講座関係でしたので、中をちゃんと見学したのは今回が初めてでした。

 学生を2組に分けて、それぞれに解説員の方が付いて、解説して頂きました。下の写真のバックは東繭置所で、木骨煉瓦造りという和洋折衷の構造の建物です。
H28kenshu05
 解説付きだとよく理解できます。
H28kenshu06
 操糸場の屋根の内側はこのような構造になっています。これで内部に柱を建てることなく広大な建物を支え得ているそうです。
H28kenshu07
 解説模型です。
H28kenshu08
 恒例の集合写真。
H28kenshu09

« 熊本地震 | トップページ | 龍光寺(工女の墓)をゆく »

大学生活」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63495538

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場をゆく:

« 熊本地震 | トップページ | 龍光寺(工女の墓)をゆく »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ