« 榛名湖畔の宿にて | トップページ | 八幡塚古墳をゆく »

2016年4月21日 (木)

土屋文明記念文学館をゆく

 研修旅行2日目は群馬県立土屋文明記念文学館に行きました。

 敷地内にある「いちめんのなのはな」の山村暮鳥の詩碑。土屋文明の名を負う文学館ですが、他の文学者や万葉集のことなども守備範囲です。
H28kenshu44
 館長挨拶。かつて同僚だったS先生です。
H28kenshu45
 朝5時まで起きていて2時間しか寝ていないと言っていた学生もいましたが、ちゃんと起きて話を聴いていました。(^_^)
H28kenshu46
 朝5時まで何をしていたのでしょう。新入生同士語り合っていたのなら、それまた結構です。

 建物の裏にある植物園。東京の南青山にあった土屋文明の家の庭に植わっていた植物を移植したのだそうです。
H28kenshu47
 解説板です。主は死んでも、遺愛の植物はその後も生き続けています。
H28kenshu48
 恒例の記念撮影。
H28kenshu49
 年によっては満開の桜のもとでの記念撮影になりますが、今年はもう散ってしまっていました。

« 榛名湖畔の宿にて | トップページ | 八幡塚古墳をゆく »

大学生活」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63518404

この記事へのトラックバック一覧です: 土屋文明記念文学館をゆく:

« 榛名湖畔の宿にて | トップページ | 八幡塚古墳をゆく »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ