« 土屋文明記念文学館をゆく | トップページ | 平成28年御柱祭弁当 »

2016年4月22日 (金)

八幡塚古墳をゆく

 土屋文明記念文学館の周辺には3基の前方後円墳があります。

 南西には芝を葺いた二子山古墳があります。前方後円墳は山が2つあるので、しばしば二子山とか二子塚という名で呼ばれます。菜の花越しに撮ってみました。
H28kenshu50
 館に最も近いのは八幡塚古墳です。葺石で覆われています。館のすぐ南にあります。
H28kenshu51
 後円部の1番上からは階段で石室に降りて行け、そこにある石棺が見学できます。工夫されていますけど、子供が古墳の構造を誤解する怖れがあります。(^_^;
H28kenshu52
 そういえば、以前、大阪の四天王寺に行った時、五重塔の内部に入れるというので、喜び勇んで入ったら、中には螺旋階段があって、上に登れるのでした。うっかり、五重塔の内部ってこうなっているんだと、一瞬思いそうになってしまいました。(^_^; 心柱なかったのに。

 四天王寺は都会にあるので、戦災で焼けた四天王寺を再建する時、木造での再建が認められなかったのだそうです。それで、今の四天王寺は鉄筋コンクリートなのでした。

 八幡塚古墳の1番南の一角には、出土した象形埴輪が復元されています。

 武人たち。
H28kenshu53
 矢を射る人と、矢が刺さっているイノシシ。矢を射ている人の腰には子供のイノシシが挟まれています。
H28kenshu54
 鷹匠。
H28kenshu55
 魚を加えている鵜。
H28kenshu56
 見ていて飽きません。

« 土屋文明記念文学館をゆく | トップページ | 平成28年御柱祭弁当 »

古代群馬」カテゴリの記事

大学生活」カテゴリの記事

コメント

こんだけ埴輪が並んでいると、結構壮観ですね。
私は埴輪が好きで古代史にひかれた部分もあるので・・・こんなのを見ると楽しきうなってしまいますねえ。

奈良では馬見古墳群の一つが葺石の状態で見られるようにしてあり、そこに埴輪が並べられたりしているのですが、そこの埴輪はすべて特殊器台形埴輪なので、ここのように楽しくはありません。

三友亭主人さん

 本当に壮観です。また、いろいろなのがあるので楽しいです。

 楽しんで頂けたのなら幸いです。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63523134

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡塚古墳をゆく:

« 土屋文明記念文学館をゆく | トップページ | 平成28年御柱祭弁当 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ