« 二川宿をゆく(2)本陣その1 | トップページ | 二川宿をゆく(4)旅籠清明屋 »

2016年3月 1日 (火)

二川宿をゆく(3)本陣その2

 二川宿では、本陣と商家駒屋とを会場にひなまつりが行われています。
Futagawahonjin12
 本陣ではたくさんの雛人形が飾られていました。下は御殿入りの段飾りです。
Futagawahonjin13
 つるし飾りもびっしり。
Futagawahonjin14
 貝合せも展示されていました。
Futagawahonjin15
 駐車場には高札場が復元されていました。
Futagawahonjin17
 解説板です。
Futagawahonjin16
 これは「関札」というそうです。時代劇で、本陣の入口に掛けられていますね。
Futagawahonjin18

« 二川宿をゆく(2)本陣その1 | トップページ | 二川宿をゆく(4)旅籠清明屋 »

史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

本陣のひな祭りにも行ったことがあります。
つるし雛は,圧巻ですよね。
地域の女性たちがボランティアでつくるので
どんどん増えているようです。

新町でも御行在所で,ひな祭りをやっていますよね。

萩さん

 ほんとうに、つるし飾り、圧巻でした。(^_^)

 段飾りもかなり沢山展示してありますね。

 良い時期に見学できたということは間違いないのですが、その一方で、本陣そのものの見学のためには、雛人形がない時期の方が良かった、などと勿体ないことも思っています。(^_^;

 新町の行在所公園も毎年楽しみです。

通常のおひな様以外に、つるし雛とか貝あわせとか、本当に見応えがありそうですね。
特に貝あわせ・・・写真で見るにハマグリだけが使われていたようではなくかなり多種多様ですね。

奈良でも高取町のおひな様が始まりました。いよいよ春本番ですね。
あちらこちらを歩き回るのは、これからが良い時期ですよ(笑)。

三友亭主人さん

 本当に見応え十分でした。

 貝合わせは、私には全部ハマグリに見えました。絵を描いたものと、布を貼ったものとがあるように見えました。

 ご指摘を頂いて、「え?!」と思って、拡大して見ましたら、解説板(アップした画像には写っていません)に、「貝…帯地、金らん地」とありました。ひょっとすると、本物の貝ではなくて、作り物の貝かもしれません。

 高取町でも始まりましたか。私はまだ行ったことがありません。いずれ行ってみたいものと思っています。

 暖かい時期はもうすぐですね。歳をとって歩くのがままならなくなる前に、あちこち行ってみたいです。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63281678

この記事へのトラックバック一覧です: 二川宿をゆく(3)本陣その2:

« 二川宿をゆく(2)本陣その1 | トップページ | 二川宿をゆく(4)旅籠清明屋 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ