« 「群馬を舞台にした歴史・時代小説」 | トップページ | 桑の芽生えの観察 »

2016年3月26日 (土)

方言の箸袋

 今日の午後、学会関係の会議がありました。終わった後、「軽く」ということで、居酒屋に行きました。

 そこで出てきた箸袋です。
Hogenhashi01
 私は全く気付きませんでしたが、メンバーの一人が、「各地の方言が書いてある」と言うのです。「え!」とばかり、近距離用のメガネ(老眼鏡とも言うらしい)に替えて見たら、確かにそうでした。

 気付いたメンバーというのは方言の研究者です。気付いたについてはそれもあろうかと思います。サガですね。

 アップにします。
Hogenhashi02
 群馬は載っていません。「ありがとう」は「ありがとう」のままかもしれません。

 「だんだん」は島根かと思っていましたが、島根の他に、鳥取、愛媛、宮崎、熊本もそうなんですね。地域に偏りはありますけど、結構広いですね。

 宮崎の「かたじけない」、熊本の「ちょうじょう」は古語が残っているという感がありますね。

 新潟が「ごちそうさまです」とあるのを見て、「おお!」と思いました。

 といいますのは、新潟は隣県なので、高校訪問などでたまに行くことがあります。タクシーに乗ってお金を払う時に釣り銭の受け取りを辞退した時、「ごちそうさまです」と言われたことがありました。違和感を覚えながらも、お相撲さんの「ごっつぁんです」と通じる言い方かと思いました。

 この箸袋を見てすっきりしました。「ありがとう」の新潟方言なのですね。

 どこに問題の答えが落ちているか分かりません。注意深く暮らして行こうと思いました。

 この箸袋の裏側は箸置きの折り方でした。
Hogenhashi03

« 「群馬を舞台にした歴史・時代小説」 | トップページ | 桑の芽生えの観察 »

文字・言語」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

新潟出身ですが「ごちそうさまです」は知りませんでした。

上越、中越、下越と、大雑把には三区分されますが、その三つどころではなく言葉は地域で随分違うように思います。

北の端、村上市に行ったときは、「角銀」という和菓子の老舗を教えて貰いましたが、町の人の発音では皆「kadojin」に聞こえました。音声・音韻の問題が語彙の異同の判断に関わる例も出て来そうです。
承久の乱の際の順徳院のような、歴史的な事情もあって、佐渡の言葉も独特ですしね。

源さんが「ごちそうさま」をお聞きになったのはどちらなんでしょうね。

ちなみに国研にこんなページもあります。
http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-map-legend/vol5/GAJ5-267.pdf

福招きさん

 新潟県は細長くて広いので、言葉も地域によってずいぶん違うのでしょうね。

 私が「ごちそうさま」を聞いたのは新潟市内です。

 方言地図のご紹介、ありがとうございます。HP上で公開しているのですね。方言形の文字が小さくて判読が厳しいのですが、地図をざっと眺めると東西の分布がほの見えて興味深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63400015

この記事へのトラックバック一覧です: 方言の箸袋:

« 「群馬を舞台にした歴史・時代小説」 | トップページ | 桑の芽生えの観察 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ