« 深窓の令猫2 | トップページ | ぐんまちゃんの煎餅、袋更新 »

2016年3月 7日 (月)

文明講

 先日アップした「二川宿をゆく(4)旅籠清明屋」の記事で、この旅籠に掲げられていた講札の写真を載せました。
Seimeiya06
 「講」といえば、しばらく前に「文明講」という印刷物をネットオークションで入手していました。明治7年のものです。
Bunmeiko01
 表紙の左下に、穴あき銭に「岡崎」「銭屋」と書いた印が捺してあります。上には「河合」の印があります。

 中身はこんな感じです。
Bunmeiko02
 各駅ごとに旅籠の名前が1~2軒書いてあります。これらの旅籠がこの講の提携旅館なのでしょう。「文明講」という名の「文明」というのは「文明開化」にちなんだものと思います。新時代の「講」という趣旨ではないでしょうか。

 江戸時代だったら「○○宿」とあったであろうところが、「○○駅」とあります。文明開化の時代ですね。

 このページの左端に岡崎駅があり、そこに確かに「泊 せにや評四郎」とあって、「河合」の印が捺してあります。この冊子はこの旅籠が扱ったものなのでしょう。

 このページの右見開きに二川駅が載っています。
Bunmeiko03
 二川駅の項には、「泊 松坂や権一郎」「休 よろつや助左衛門」とあります。

 先日、二川宿本陣資料館で見た町割復元図に松坂屋は載っていました。脇本陣ですね。
Bunmeiko04
 「萬屋」は載っていませんでした。新しい旅籠なのでしょうか。それとも「泊」ではなく「休」とありますので、旅籠ではないのかもしれません。

 たまたま入手していた「文明講」と、行ったばかりの二川宿とが結びつき、なんとなく嬉しいです。(^_^)

 この「文明講」、東京を出発して、品川駅、川崎駅、神奈川駅……と進んで、京都、大坂がゴール。そして、そのうしろに、四日市駅追分から上野、津……と進んで、伊勢神宮がもう1つのゴールです。

« 深窓の令猫2 | トップページ | ぐんまちゃんの煎餅、袋更新 »

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

いやあ,驚き。
ここまでくると,源さんの収集能力のすごさが分かります。
二川宿と文明講が結びつきました。
二川宿では脇本陣の松坂屋が引き続き営業していたのでしょうね。

ところで,吉田宿は豊橋駅になっています。
廃藩置県のときに,吉田の地名は伊予の吉田と重なるということで
あっさり替えられることになるのです。
理由は,豊川に架かる大きな橋があったから・・・。

萩さん

興味のおもむくままに、あれやこれや買い求めているネットオークションですので、ごくたまにでも、こんな風にヒットすると、とても嬉しいです。(^_^)

豊橋という地名は、明治維新後に生まれたものでしたか。

なかなか油断なりませんね。(^_^;)

地名は面白いです。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63310103

この記事へのトラックバック一覧です: 文明講:

« 深窓の令猫2 | トップページ | ぐんまちゃんの煎餅、袋更新 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ