« 上野三碑・杉原リスト共同シンポジウム | トップページ | 昔撮った沼田城 »

2016年2月14日 (日)

アーツ前橋で連続講演会

 友人から告知を依頼されました。
Artsmaebashi
 前橋市千代田町の「アーツ前橋」で、食や映画、福祉などをテーマにした連続講演会が開催されます。

 時間は毎回14:00-16:00です。

 第1回 2月21日(日) 「いとおしい食卓」 鞍田 崇(哲学者/明治大学理工学部准教授)

 第2回 2月27日(土) 「映画『FOUJITA』を語る」 小栗 康平(映画監督)

 第3回 2月28日(日) 「障害とアートが社会をかえる」 岡部 太郎(一般財団法人たんぽぽの家 事務局長)・長津 結一郎(NPO法人 多様性と境界に関する対話と表現の研究所 代表理事)

 申し込みは事前申込制で、電話にて受け付けています。
 電話 027-230-1144
 ※各日前日までに参加希望日、参加者氏名、日中連絡のつくお電話番号をお知らせください。先着順とし、定員に達した場合は締め切りとさせていただきます。

 以上です。関心のある方々のご参加をお待ちしています。

http://www.artsmaebashi.jp/?p=6729

« 上野三碑・杉原リスト共同シンポジウム | トップページ | 昔撮った沼田城 »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

なかなか魅力的なラインナップですね。
たんぽぽの岡部さんのお話は同県内ということもありまして一度うかがったことがあるのですが、まことに興味深いお話でした。小栗康平は確か「伽倻子のために」の方・・・いいですねえ。

そういえば、今年の大神神社の三輪山セミナーのラインナップも決まりました。
http://oomiwa.or.jp/topics/topics_seminar/#linktop

実は・・・12月担当の方はかつての教え子。県内のU先生のところで国文学を学びながら、卒業後同大学の文化財学科に入りなおしたという方。纏向の発掘の中核で頑張っていらっしゃいまして・・・なかなか頑張っていらっしゃいます。

三友亭主人さん

 あ、たんぽぽの岡部さんは群馬出身ながら、今は奈良県で活躍されているのですね。

 小栗監督は、群馬県の人口が200万人を突破したことを記念して県が映画を製作することになり、「眠る男」という作品を製作されました。記念に箱物を造るのではなく、映画を製作しようという発想がなかなか文化的でした。

 三輪山セミナー、サイトを拝見しました。すごいですね。毎年毎年、毎月というのがなんとも。しかも受講料が200円ですか。これまたすごいです。大神神社、立派ですね。

 教え子の方が講演をなさるというのも、きっと嬉しいことと拝察致します。U先生というのはあのU先生でしょうか。(^_^)

>U先生というのはあのU先生でしょうか

そうです。あのU先生のところです。ただ、U先生に教わったのかどうかはわかりません。彼が大学にいた頃はU先生の前任のH田先生もご存命でいらっしゃったと思いますし(ちょいと自信がありません)、第一彼が上代文学を専攻したかも未確認ですから・・・

三友亭主人さん

 ありがとうございます。

 U先生の勤務先には文化財学科があるのですね。奈良県に所在する大学として意義深い学科ですね。

 うちも、群馬学を標榜する以上、本当はそういう学科が欲しいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/63208685

この記事へのトラックバック一覧です: アーツ前橋で連続講演会:

« 上野三碑・杉原リスト共同シンポジウム | トップページ | 昔撮った沼田城 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ