« あけましておめでとうございます(H28) | トップページ | 新しいカレンダー »

2016年1月 1日 (金)

新年早々記事訂正

 磯部温泉の件です。
Isobe02
 『上野志』に「磯部村 此所塩の涌き出づる所あり」と書かれており、この『上野志』は成立年未詳ながら、日本古典籍総合目録データベースによれば、岩瀬文庫に安永3年(1774)の写本が所蔵されているようなので、安永3年以前には成立していたらしい、ということを「磯部温泉のこと(2)」に書きました。

 ただ、そうすると、磯部の鉱泉が噴出したのは天明3年(1783)のことであるとする『碓氷郡志』の記述とうまく整合しません。この点がすっきりしないので、大規模な噴出は天明3年であるけれども、それ以前にも小規模ながら湧出はしていたのかと考えました。

 ところが、今日になって、ふと思い立って、西尾市岩瀬文庫のHPにアクセスしてみたら、そこに「古典籍書誌データベース(試運転)」というのがありました。早速検索したところ、岩瀬文庫の『上野志』というのは、毛呂権蔵の『上野国志』のことであることが判明しました。それならば『上野志』とは別の文献ということになり、『上野志』の成立年は未詳となります。

 ツメが甘かったと反省しています。

 『上野志』の成立を安永3年以前のこととして、「磯部温泉のこと(3)」や「磯部をゆく(1)温泉記号のナゾ」も書いてしまいましたので、すべて訂正が必要となりました。(^_^;

 ネット上の記事は便利で、前に書いたものを形跡もなく消去したり書き直したりすることも簡単ですが、それは良くないことなので、形跡を残して訂正しました。(^_^)

 新年早々の記事訂正となりましたが、間違いを正すことに抵抗はありません。今後も真実を探求して行く所存です。

« あけましておめでとうございます(H28) | トップページ | 新しいカレンダー »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。今年もなにとぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

>間違いを正すことに抵抗はありません

本当にそうですね。世の中、自らの過ちを認めることが相手に対して弱点を見せることのように思いなかなか自分の過ちを認めない人が多くなってきましたが、過ちを過ちのままにおいておくことがかえって自らの弱点であることに気が付かない人が多くなってきたのでしょうか・・・自らの戒めとしたいと思います。

三友亭主人さん

 あけましておめでとうございます。こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

 三友亭主人さんにはいつもコメントを戴き、ありがたく存じています。

 過ちを犯さないことが一番だと思いますけど、間違いが分かったら、早く訂正すべきものと思います。そうしないと、間違った情報を流し続けてしまうことになりますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62983168

この記事へのトラックバック一覧です: 新年早々記事訂正:

« あけましておめでとうございます(H28) | トップページ | 新しいカレンダー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ