« 栃木で学会(1) | トップページ | 乗り過ごした »

2015年12月 6日 (日)

栃木で学会(2)三十六歌仙の人形

 大会の企画の一部として、折口信夫の展示がありましたが、その会場内に三十六歌仙の博多人形が展示してありました。

 36体並ぶと壮観です。
36kasen
 作者は、「現代の名工」、「福岡県無形文化財」、「伝統工芸士」など、超一流の方々十数名の分担制作で、國學院大學栃木学園の所蔵だそうです。

 いくつかご紹介します。

 柿本人麻呂。
36kasen01
 山部赤人。
36kasen02
 大伴家持。
36kasen03
 在原業平。
36kasen04
 小野小町。
36kasen05
 小野小町だけ後ろ向きで顔が見えません。美しすぎて表現できないのでしょう。百人一首の絵札もそうでしたっけ。

« 栃木で学会(1) | トップページ | 乗り過ごした »

日常」カテゴリの記事

コメント

すごくいい展示ですね。
これは,ずっとながめていたいですね。

小野小町の顔が見えないのは残念ですが,
皆さん表情がいい。
大伴家持さんは,何を見ているのですかね?

萩さん

 いいですよね。どの人形も気品があります。

 家持は何を見ているのでしょうね。私もそう思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62821074

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木で学会(2)三十六歌仙の人形:

« 栃木で学会(1) | トップページ | 乗り過ごした »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ