« 絶大なイノシシ効果 | トップページ | 高崎光のページェント2015 »

2015年11月20日 (金)

昭和13年の忠臣蔵のパンフレット

 昭和13年のパンフレットを手に入れました。小さいもので、京都新京極の帝国館のです。表紙は浅野内匠頭を演じる片岡千恵蔵です。
S13chu01
 こんな注意事項が書いてありました。
S13chu02
 ほんの30年くらい前まで、禁煙の場所ってかなり限られていたように思いますので、これどうなのでしょうね。昭和13年の時点で「嫌煙」的な考え方があったとも考えにくいです。防火の観点からの決まりなのでしょうかね。

 主な配役は一人二役が多いです。役者が足りないわけではなく、全部で113名の役者名が並んでいます。その中で、これらの役者さん達は2役演じています。出番が少ないのは物足りないので、他の役もということでしょうかね。
S13chu03
 近日上映のこんな作品も載っていました。
S13chu04
 「剣客商売」といえば池波正太郎ですが、これは全く無関係な作品です。池波正太郎は大正12年の生まれで、当時15歳。少年時代の池波正太郎がこの作品を見たか、作品名を見て、作品名が記憶の底に留まったのでしょうかね。

« 絶大なイノシシ効果 | トップページ | 高崎光のページェント2015 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

千恵蔵は大岡越前のお父さんというイメージが強いのですが、若いころのカッコよさは抜群です。
市川雷蔵、長谷川一夫、片岡千恵蔵、往年の銀幕は黄色い声と共に見るべきですね。

晴南さん

 すみません。コメントしたつもりでしたが、最後のクリックを忘れたようで、登録されていませんでした。

 私も千恵蔵というと大岡忠高が真っ先に思い浮かびます。(^_^)

 あとは大石内蔵助ですかね。若い頃は大石ではなくて浅野を演じていたのですね。

 この映画、主役は阪妻のはずですけど、パンフレットの表紙は千恵蔵なのですね。阪妻は不快だったかもしれませんね。(^_^;

 一人二役はファンサービスの意味もありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62718346

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和13年の忠臣蔵のパンフレット:

« 絶大なイノシシ効果 | トップページ | 高崎光のページェント2015 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ