« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

矢頭右衛門七展

 こんなチラシが回ってきました。
Emoshichi2015a
 会場は前橋文学館です。

 赤穂浪士の1人、矢頭右衛門七のお母さんのお墓が前橋文学館の近くの大蓮寺にあることからの展示ではないかと思います。

 チラシの一番下に、主催者等の名が並んでいました。
Emoshichi2015b
 これを見ても、中心になっているのは町内会で、前橋文学館は会場を提供しているのに近いのかもしれませんね。

 「協力」の筆頭にある安中松岸寺には赤穂の家老大野九郎兵衛の墓と伝えるものがあります(個人的には疑問に思っています)。

 群馬にも赤穂浪士ゆかりのものがちらほらありますね。

 右衛門七のお母さんのお墓です。
Emoshichihaha02

2015年11月29日 (日)

ぐんまちゃんの付箋ケース

 電車に乗っているときに本や書類を読んでいると、付箋を貼りたくなることがあります。

 でも、カバンの中にじかに付箋紙を入れていると、付箋紙はくちゃくちゃになってしまいます。何か良いものがないかと思っていたら、こんなものを見つけました。
Gunmac_fusen01
 ぐんまちゃんの付箋紙ケースです。ぐんまちゃんファンとしては一石二鳥です。(^_^) これで安心して付箋紙を持ち歩けます。
Gunmac_fusen02
 このケース、下辺に目盛りがあるのに気付きました。良いアイディアです。これはmmです。
Gunmac_fusen03
 そして、目盛りは上辺にもありました。こちらはインチです。
Gunmac_fusen04
 「おお! 国際的だ」と思いそうになりましたが、考えてみればちょっと違いますね。

 日本では法律を作ってまで、尺貫法からメートル法に移行したのでした。日本こそ国際的といえましょう。

 このケース、まだ左辺と右辺とがあいていますので、そこに曲尺と鯨尺の目盛りを付けても良かったんじゃないでしょうか。(^_^)

2015年11月28日 (土)

昭和20・30年代の奈良大和路

 『入江泰吉の原風景 昭和の奈良大和路 昭和20~30年代』という本を購入しました。
Showa_nara01
 入江泰吉撮影、入江泰吉記念奈良市写真美術館編集。平成23年8月、光村推古書院発行です。
Showa_nara02
 書名にあるように、昭和20年代・30年代の写真で構成されています。全てモノクロです。

 判型は18cm×15cmと、比較的小ぶりですが、収録されている写真は200枚ほどもあります。

 構成とページ数は次のようになっています。数字はページ数です。

第一章 奈良町界隈……88
第二章 佐保・佐紀・平城宮跡界隈……28
第三章 西の京……14
第四章 斑鳩・當麻界隈……28
第五章 山の辺の道・聖林寺界隈……18
第六章 飛鳥の里……36
第七章 文化財の記録……7

地図……4
入江泰吉略年譜……2
解説……2
奈良年表……6

 何とも懐かしい風景が満載です。この写真に写っている頃の奈良・飛鳥は知りませんので、「懐かしい」という表現は適切ではないかもしれません。でも、印象を一言で述べようとすると、やはり「懐かしい」という表現になってしまいます。

 なんか、日本の原風景といいますか、さすがに1300年は遡れないとしても、江戸時代頃にはこんな風景もあったのではないかと思えるような写真がいくつも見られました。あらかたの道路は舗装されていないし。

 人がたくさん写っています。史跡の記録写真ではなく、風俗写真といった感じです。

 写っている人々の服装なども懐かしさを感じさせる一因になっていましょう。

 薬師寺の高田好胤師、礎石の柱穴に水が溜まっている薬師寺西塔、鹿の白ちゃんなどの写真もありました。

 お薦めです。

2015年11月27日 (金)

梅ヶ枝餅再び

 9月24日に「久しぶりの梅ヶ枝餅」という記事を載せました。

 近所のスーパーで冷凍の梅ヶ枝餅を見つけたので、早速購入し、10数年ぶりに懐かしく食べた、という内容です。

 その後、数日で2つ食べたのですが、食べれば減ります。←当たり前ですね。(^_^;

 無くなってしまうのが惜しくて、食べるのを中断していました。

 そうしたら、この度、同じスーパーにこの梅ヶ枝餅が大量に積んでありました。リクエストがあったのかもしれませんね。

 3つ買ってしまいました。(^_^)

 わが家の冷凍庫の梅ヶ枝餅の備蓄が4箱になりました。
Umegae04
 これでまた梅ヶ枝餅を食べられます。♪

 前回スーパーに登場してから2ヶ月で再登場ですから、今後もこんな間隔で登場してくれるなら、こんなに買い込まなくてもいいんですけどね。(^_^;

 それに、そもそも、梅ヶ枝餅を食べない期間が10数年あったのに、その間、梅ヶ枝餅を食べたくて辛かったとか、梅ヶ枝餅を夢にまで見たとか、そういうことは全くなかったわけですから、今になって何もこんなに梅ヶ枝餅に執着することはないんですけど。

 我ながらよく分からない人です。(^_^;

 震災以来、ちょいちょいトイレットペーパーは買うようにして、この備蓄はかなりの量になっています。

2015年11月26日 (木)

ぐんまちゃん・ジャイアンツクリアファイル

 ネットオークションで、このようなものを入手しました。クリアファイルです。
Gunmac_giants
 「SHIKISHIMA STADIUM」というのは、「敷島球場」と書き、前橋市内にある野球場です。ここで巨人戦が行われた記念品なのでしょう。入場者全員に配布したものかもしれません。

 大体何でも似合うぐんまちゃんですが、この帽子はあまりしっくりきません。小さすぎるのでしょうかね。右のマスコット(ジャビットだそうですね)くらいの大きさの帽子なら良かったかもしれません。

 私は、小学生の頃、巨人ファンでした。学校に行く時など、毎日、ジャイアンツの野球帽をかぶっていたような気がします。(^_^)

 ま、あのころ東京では、野球帽はジャイアンツのしか売っていなかったように思います。

 でも、長島、王が引退した頃から(←いつだ。(^_^))野球自体をもう見なくなってしまいました。

 原辰徳も高橋由伸も、顔はよく知っている、というレベルです。(^_^;

2015年11月25日 (水)

ぐんまちゃんせんべい

 先日、大学祭の時に卒業生から頂いたぐんまちゃんせんべい、包装紙の下はこういう箱でした。
Gunmac_senbe01
 箱の中には個別包装のぐんまちゃんせんべい。
Gunmac_senbe02
 私の掌が赤っぽく見えるのはカラーバランスのせいで、実際にはこんなには赤くありません。(^_^;

 中身です。
Gunmac_senbe03
 実は、中身がどうなのかは事前に想定していませんでした。外形がぐんまちゃんの形をしているだけで、のっぺらぼうですね。(^_^)

 ま、確かに、考えてみればこれが当然かもしれません。瓦せんべいならば絵を描けますけど、こういうせんべいの場合だと、絵を描こうとすれば醤油の濃淡で描くしかなさそうです。

2015年11月24日 (火)

「NHKみんなのうた」55

 1961年に放送開始された「NHKみんなのうた」が来年4月に放送55年を迎えることを記念して、レコードメーカー5社共同企画『NHKみんなのうた 55 アニバーサリー・ベスト』(来年4月発売)のリリースが決定し、そこに収録する曲をリクエストしています。
Minnanouta55
 リクエスト期間は11月20日から来年の1月19日までです。

 「みんなのうた」は、放送開始からかなりの期間、夕方6時前とか6時台に放送していました。その時間、うちでは毎日NHKの子ども番組を見ていましたので、「みんなのうた」も漏れなく見ていました。

 ところが、いつごろでしょうか、放送時間が変わってしまい、以後、全く見ていません。なんか、私がテレビを見ていない時間に放送しているんですよね。(^_^;

 そんなわけで、昔の曲には懐かしいものが山ほどあるのですが、最近のは全く知りません。

 あれこれリクエストしてみようかしらん。

 できればCDではなくて、映像付きのDVDで出して欲しいところですが、これもドラマなどと同様、ビデオテープが高価だった時代のは、別の番組収録に再利用してしまって、残っていないものが多いようですね。残念です。

2015年11月23日 (月)

「隠密剣士」かるた

 ネットオークションで入手しました。
Onmitsukaruta01
 「隠密剣士」というのは、私が小学生の頃に放送していた連続テレビドラマです。毎週日曜日の夜7時から7時半までTBSで。夢中で見ていました。忍者もののはしりですね。

 武田薬品工業の提供です。この枠は、「月光仮面」「豹(ジャガー)の眼」「隠密剣士」などを放送していました。

 そして、同じチャンネルで7時半になると不二家の提供に変わります。この枠では「ポパイ」「オバQ」「パーマン」「サインはV(岡田可愛)」などを放送していました。

 さてこのかるた、中身は以下の通りです。
Onmitsukaruta02
 まだ封が切られていないんですよね。50年も封が切られていなかったのに、私が封印切りをして良いものやら。(^_^;

 どうしたものかちょっと考えます。(^_^)

2015年11月22日 (日)

第30回群馬学シンポジウム

 来たる12月12日(土)に群馬学連続シンポジウムが開催されます。
Gunmagaku30a
 今回は温泉シリーズの第2弾で、テーマは「大手拓次と磯部温泉」です。

 チラシに温泉マークが書いてありますけど、この図柄は今知られている最古の温泉マークで、江戸時代の磯部温泉のものだそうです。

 私もパネリストに加わることになりました。大手拓次のこと、何も知りません。(^_^;
Gunmagaku30b
 磯部という名は、上野三碑の1つ金井沢碑に「礒部君身麻呂」という氏族名が見えています。他に続日本紀にも「上野国甘楽郡の人外大初位下礒部牛麻呂」とあります。私は古いところ担当として、最初にこんなあたりのことを述べることになりましょう。

 でも、シンポジウムは大手拓次が中心になりましょうから、最初の発言のあとは、座っているだけで、発言の機会はほとんどなさそうです。そんなのが多いです。

 いいのか?



 

2015年11月21日 (土)

高崎光のページェント2015

 毎年恒例の高崎光のページェントが昨日から開催中です。12月25日までとのこと。
2015takahikari01
 西口のペデストリアンデッキには高崎市内の幼稚園・保育園の作品が並んでいます。

 アンパンマン、ドラえもんなどとともに、ぐんまちゃんもいくつかありました。
2015takahikari02
 昼間です。
2015takahikari03
 妖怪ウォッチもありました。
2015takahikari04
 同じく昼間。
2015takahikari05
 夜と昼とで見え方が違いますね。上の写真の右側の「むつみようちえん」のはシンプルですけど、夜間はこのように背後からフラットな光を当てた方が引き立つように思いました。

 一番目立つところには上野三碑が。これも光のページェント仕様にしてしまえば良かったですね。(^_^)
2015takahikari06

2015年11月20日 (金)

昭和13年の忠臣蔵のパンフレット

 昭和13年のパンフレットを手に入れました。小さいもので、京都新京極の帝国館のです。表紙は浅野内匠頭を演じる片岡千恵蔵です。
S13chu01
 こんな注意事項が書いてありました。
S13chu02
 ほんの30年くらい前まで、禁煙の場所ってかなり限られていたように思いますので、これどうなのでしょうね。昭和13年の時点で「嫌煙」的な考え方があったとも考えにくいです。防火の観点からの決まりなのでしょうかね。

 主な配役は一人二役が多いです。役者が足りないわけではなく、全部で113名の役者名が並んでいます。その中で、これらの役者さん達は2役演じています。出番が少ないのは物足りないので、他の役もということでしょうかね。
S13chu03
 近日上映のこんな作品も載っていました。
S13chu04
 「剣客商売」といえば池波正太郎ですが、これは全く無関係な作品です。池波正太郎は大正12年の生まれで、当時15歳。少年時代の池波正太郎がこの作品を見たか、作品名を見て、作品名が記憶の底に留まったのでしょうかね。

2015年11月19日 (木)

絶大なイノシシ効果

 昨日、朝10時台に、高崎線の電車とイノシシとが衝突して高崎線が不通になった記事を載せました。

 「まほろぐのネタが見つかった」と喜び勇んで載せただけのことでしたが、あれからアクセスがぐんぐん伸びました。
Tanukikouka01
 「高崎線 イノシシ」というキーワード検索で来てくださった方が多かったです。不通の段階であれば、情報収集のために検索するというのも分かりますが、運転再開されたあともアクセスは続いていました。

 で、昨日1日でアクセス数は531になりました。普段は大体100前後です。たまに200台、300台もありますけど、400を越えたことはなかったと思います。

 イノシシ効果、恐るべしです。

 今日は通常の数値に戻りましたけど、まだあのページへのアクセスは続いています。
Tanukikouka02
 何が多くの方々の関心を引くテーマなのか、なかなか測りがたいものがあります。

2015年11月18日 (水)

かわいい子ネコ 第2幕

 先日、「かわいい子ネコ」というタイトルの記事を載せました。うちの卒業生の家の庭で子ネコを保護し、その子ネコの里親さんが無事に見つかった、という内容でした。

 これで、めでたしめでたし、となったと思ったら、第2幕がありました。(^_^;

 先週の土曜日、この子ネコの母親とおぼしきネコが、2匹の子ネコを連れて現れ、同じ庭にその子ネコを置き去りにして行ったということです。母ネコは物陰から様子を伺っていたそうです。

 子ネコを押しつけられても困るので、庭の外に出して、しばらくしてから見たら、母ネコも子ネコももういなくなっていたということです。

 ところが、翌日曜日に、その子ネコのうちの1匹がリビングのすぐ脇で、悲しげな声で鳴き続け始めたそうです。
Moominneko05
 心をオニにして無視していたところ、昨日は雨が降りだし、遂に耐え切れなくなって、保護したとのこと。(^_^;

 よく耐えました。体力のない子ネコが何日も飲まず食わずで鳴き続けているというのも不思議ですので、母ネコから栄養補給を受けていたのではないでしょうか。
Moominneko06
 今回は、里親探しは専門家に任せるべく、NPOに連絡してみるとのことです。
Moominneko07
 今度の子ネコ、なんかやんちゃ坊主のようですね。前の子ネコよりも大きい気がします。

高崎線とイノシシとが衝突

 今朝8時17分に、高崎線の新町・倉賀野間で、列車とイノシシとが衝突したということで、高崎線が籠原・高崎間で上下線とも不通になりました。

 事故からもう2時間経ちますので、今は復旧しているかもしれません。

 事故のせいで高崎からタクシーに乗る羽目になりました。

 しかし、イノシシと衝突って……。(^_^;

 これでまた群馬は秘境とか言われます。(^_^;

 画像が無いと寂しいので、昔、勤務先に出没したタヌキの子供の写真を貼っておきます。
Tanuki
 私の足とカバンとが写っています。人懐っこいタヌキでした。

2015年11月17日 (火)

ネコのセーター

 今日、演習の発表をした学生のセーターにネコの絵が付いていました。(^_^)
Miyashitaneko01
 ま、これだけならばブログに載せようとまでは思わなかったのですが……。

 そのセーターの背中側は、ネコの後ろ姿になっていました。
Miyashitaneko02
 こうなると話は別です。(^_^)

 お願いしたら、快く承諾してくれたので、載せます。

2015年11月16日 (月)

『万葉の旅』

 こういう本が出ていることを知り、早速買いました。10月12日発行です。大きさはB5。写真がたくさん載っていて、地図も分かりやすく、収載万葉歌のリストも載っています。写真は見開きのものもあり、それらはB4サイズということになります。
Manyotabi02
 かつて犬養孝氏の同名の本が刊行され、愛読していましたが、あれは文庫本で、写真や地図が小さいのが残念でした。携帯には便利でしたけど。今回の本は写真も地図も魅力的ですが、持ち運びには全く適していません。

 両立もいいとこ取りも難しいですね。

 歌の解説も載っています。上野国東歌は坂本信幸先生が解説を書いていますけど、いくつか賛成しかねる部分あり。(^_^)

 この本の存在を知ったことで、「大和編」がすでに刊行されていることを知り、それも買いました。「大和編」は去年の12月8日刊です。
Manyotabi01_2
 分冊のバランスがすごいですね。奈良県で1冊。それ以外の全部で1冊です。(^_^)

 さすがに、「大和編」は207ページ、「西日本・東日本編」は287ページで、分量はだいぶ違いますけど。
Manyotabi03
 お見苦しく手足が写っているのは大きさの比較のためです。

 この本、お薦めです。

2015年11月15日 (日)

迷惑メール

 私のケータイ(スマホ)のアドレスが流出したようで、ここのところ迷惑メールに悩まされていました。

 チャドクガにやられた頃からですので、もう2ヶ月近くになります。あれこれ、怪しげなメールが届きましたが、全部無視し倒しているうちに、11月7日(土)を最後に、それ以来、届いていません。

 一定期間反応がないと、もうムダということで、自動的に送るのをやめてしまうのでしょうかね。あるいは摘発されたか。

 このまま収まって欲しいです。

 こんなのが来ました。
Meiwaku01
 著名な通販会社と1字違いますね。洗濯機のメーカー名は1字多い。13時に配達って、そんなにきめ細かいはずはない。

 こんなのも。
Meiwaku02
 銀行名の「東」のように見える字は、よく見ると「束」です。

 どちらも、慌てて問い合わせ先をクリックさせようというのでしょうが、会社名を1字変えることで、「成り済ましじゃない」と言い張ろうというのでしょうか。1字変えることに意味があるとも思えません。

 あと、宅配便の不在配達を装ったり、いろんなのが来ました。

 もともとケータイには決まった発信元からしかメールは来ませんので、それ以外の発信元からのメールは全部「怪しい」と思って対応します。それで、滅多なことでは引っ掛かりませんけど、そうでないと、宅配便の再配達などはうっかりクリックしかねません。

 油断のならない世の中です。

2015年11月14日 (土)

台本「源義経」

 NHK大河の第4作「源義経」の台本を1冊、入手しました。入手先はまたまたネットオークションです。
Yoshitsune01
 配役の1ページ目は以下の通りです。
Yoshitsune02
 もう静御前は出てきませんが、静御前は藤純子(現・富司純子)。この作品で共演した縁で、義経役の尾上菊之助(現・菊五郎)と結婚したのでした。

 武蔵坊弁慶役の緒形拳は、ほとんど無名だったのが、前年のNHK大河「太閤記」で主役の秀吉役に抜擢され、翌年のこの大河で、準主役の弁慶ですからねぇ。2年間、さぞ大変だったことでしょう。NHKとしても、お茶の間の人気者になった緒形拳をもう一押ししようとしたのでしょうかね。弁慶の立ち往生のシーンが印象に残っています。

 第50回ということと、タイトルが「星流る」ということで、最終回かと思いましたが、そうではありませんでした。あと2回あって、最終回は52回だったようです。昔はずいぶん放送回数が多かったのですね。

 流れた星は藤原秀衡でした。このシーンは憶えていませんでしたが、滝沢修の顔は良く憶えていますので、台本があるとシーンが目に浮かびます。
Yoshitsune03

2015年11月13日 (金)

かわいい子ネコ

 うちの卒業生のブログに載っていました。
Moominneko01
 庭で鳴き続けていたのを、しばらくは無視していたらしいのですが、やがてそれに耐えきれなくなり、保護したそうです。(^_^)
Moominneko02
 獣医さんのところに連れて行って検診してもらい、きれいに洗って保護中とのことです。
Moominneko03
 小学生の娘さんが、母親気分で甲斐甲斐しく世話を焼いているそうです。
Moominneko04
 里親募集中とのことですけど、もう里子には出せないのではありますまいか。(^_^)

 里親希望の方がいらしたら、(「里子には出さん」と言われてしまうかもしれませんが)お声かけください。

 *里親さん、見つかったそうです。♪

2015年11月12日 (木)

高崎史跡菓子

 先日の大学祭の日に来てくれたうさうささんのお土産のお菓子は高崎のお菓子屋さんのです。
Takasakikashi01
 それぞれのパッケージには高崎の史跡などが描かれています。それぞれのお菓子は、その史跡などをイメージしたものなのでしょう。こういうシリーズは良いですね。

 うさうささんのお話しでは、私の行ったことのある場所(つまり、まほろぐに登場した)のを選んでくれたようです。

 ということは、これ以外にも種類があるのでしょうかね。

 それぞれの写真を貼っておきますね。

 観音山古墳。
Takasakikashi02
 保渡田古墳群のうち八幡塚古墳。
Takasakikashi03
 多胡碑。
Takasakikashi04
 新町のひな祭り。これだけ史跡ではありませんが、このメイン会場は、明治天皇の巡幸の折の宿舎です。この建物の建っている敷地は行在所公園として保存されています。
Takasakikashi05

2015年11月11日 (水)

群馬県立自然史博物館のチラシ

 群馬県立自然史博物館のチラシです。
Shizenshiumi01
 博物館の中で、魚の料理教室が開かれるようですね。1日だけの企画で、11月1日です。残念ながらもう終わってしまいました。

 もう1枚。
Shizenshiumi02
 こちらは来年の3月19日から27日までということで、まだ大分先です。

 両者の会期は随分離れていますけど、キャッチコピーは共通で、

 生きている海の生き物
 ふれよう、
 食べよう、
 学ぼう

とあります。

 一連の企画ですね。

 群馬は海なし県ですので、こういう海の生き物と触れあうというのは良い企画と思います。

 博物館で、こういう生き物の企画展を開催するとき、「ふれよう」「学ぼう」はあっても、なかなか「食べよう」はないのではないでしょうか。そのあたりもユニークです。さかなくんも、魚は好物なんですよね。(^_^)

 私も魚は好き(食べるのも、見るのも)ですので、心惹かれましたが、ポスターもなかなか良いと思いました。

 じつはこれ、うちの美学美術史学科のデザインゼミの学生の作です。2つ、別々の学生のです。

 同じ県の機関同士がこんな形で協力・交流しているというのも好ましく思いました。

2015年11月10日 (火)

高崎で出前講座(忠臣蔵)

 今日は、午前中、高崎で出前講座をしてきました。会場は高崎市総合福祉センターで、テーマは「忠臣蔵を考える」です。

 対象は60歳以上(あるいは65歳以上か)の方々です。そういう年配の方々なら、皆さん忠臣蔵のことはよくご存知でしょう。何を話すか難しいところですが、まずは事実を押さえて、ということで、史料を読みました。

 2時間で、途中に10分間の休憩を入れ、正味110分で、結構早口で話しましたが、あまりたくさんは読めませんでした。でも、皆さん熱心に聴いてくださったようなので、まあまあ良かったのではないでしょうか。

 レジュメはこちら

 話すことは全部話してしまったのに、まだ時間がたっぷり残っている、という事態が怖いので、ついつい分量多めにレジュメを用意してしまいます。今日も、たくさん積み残してしまいました。あと2時間は話せるくらいに。(^_^;

 この他に、写真を70枚ほど映写しました。

 終わったのが正午。午後1時から授業でしたので、勤務先までタクシーで移動しました。

 ところが乗ったタクシーの運転手がうちの大学の場所を知りません。そういうこともたまにはありますけど、玉村に行く最短路(最近開通した道です)も知りません。4ヶ月前にタクシー運転手になったばかりだということでしたが、玉村町は高崎市の隣町ですので、不勉強です。

 カーナビも付いていないので、私が道案内をすることになりました。甚だ不愉快でしたが、喧嘩はしないで済みました。(^_^;

 そういえば、交差点の信号がわりと手前で黄色になった時、「行きますか?」と聞かれました。「いや」と答えたら、急ブレーキをかけられました。本人は行く気だったようです。タクシーは安全運転を心掛けなくてはいけませんし、行くかどうかの判断は客に委ねるべきものでもありません。

 なんかプロ意識に欠ける運転手でした。50台とおぼしき女性です。タクシー運転手、向いていないと思います。

 画像が無いと寂しいので、今日プロジェクターで映したうちの1枚を貼っておきます。吉良邸跡の一角に作られた松坂町公園内にある吉良上野介像です。
Kiratei2013_03

2015年11月 9日 (月)

釜ぶた弁当

 先週の金曜日に高崎駅構内の駅弁屋で買いました。
Kamabutaben01
 中身です。
Kamabutaben02
 このお店、並んでいるのは基本的には高崎駅の駅弁ですが、他の駅の駅弁も少し置いてあります。

 この駅弁は初めて見ました。北陸新幹線の上越妙高駅の駅弁です。高崎で、新潟県の駅弁が買えるというのはありがたいことです。

 「釜ぶた」というのは、上越妙高駅のすぐ近くで発掘された釜蓋遺跡のことだそうです。この遺跡名も初めて知りました。掛け紙に説明が書いてありました。
Kamabutaben03
 この遺跡をイメージした駅弁コンテストで第1位に輝いたのがこの駅弁だそうです。

 考案者の写真が掛け紙の右上に載っています。小学生でしょうかね。

 この遺跡のゆるキャラもいるようです。(^_^)
Kamabutaben04

2015年11月 8日 (日)

H27大学祭2日目

 今日はあいにくの雨でした。折角の大学祭なのに残念なことでした。でも、わりと暖かでしたし、お客さんもそこそこ来ていたようでした。

 私のところには、桑の葉っぱのご縁の方(何か気の利いた呼び名を探さないといけませんね。(^_^; 専攻は異なるとはいえ同業者です。仮にU先生とお呼びします)が来てくださいました。

 高校時代のお友達など全部で5人で来てくださったようで、私の研究室にはそのうちのお三方が訪れてくださいました。高校卒業後半世紀も経て、なお親しくお付き合いがあるなんて素敵です。

 桑の葉っぱから始まる不思議なご縁です。

 ちょうど同僚の新井先生(群馬県出身で方言学専攻、養蚕語彙の著書あり)がいらしていたので、加わって頂きました。そうしたら、新井先生との共通の知り合いの名前が何人も出てきて、複雑に絡み合ったご縁をまた感じることになりました。

 U先生は今夜は上野村に宿泊されるそうです。自然の中で過ごされてリフレッシュされることでしょう。

 上野村には1度だけ行ったことがあります。12年前です。夜7時くらいからの出前講座でした。山の中なので、宿泊付きで、1泊して、翌日帰りました。

 画像が無いと寂しいので、ちょっと無理やりですが、その折の写真を載せます。400万画素の時代のカメラです。宿は国民宿舎「ヴィラせせらぎ」というところでした。

 朝8時前に、宿のベランダから。
Uenomura01
 鹿の剥製がありました。奈良の鹿とはちょっと違いますね。別の種類なのでしょうかね。
Uenomura02

2015年11月 7日 (土)

H27大学祭1日目

 今日は大学祭1日目です。

 卒業生が3人来てくれました。

 そのお土産は以下の通りです。
H27gakusai02
 みなさん、私の好みをよく御存知で。(^_^;

 懐かしい時間を過ごすことができました。毎年、ありがとうございます。

 3人のうち、まほろぐメイトのうさうささんが来てくれたのは5時を過ぎていました。もう帰ろうと思って部屋のカギを閉めて歩き出したときでしたので、危ういところでした。

 いつものようにお嬢さんと一緒でした。お嬢さんは中1でしたか。仲良し親子です。

 去年、このお嬢さんはお友達と2人で来てくれて、部屋にあった、どーもくんのミニハウスにいたく興味を持ち、散乱していた湯呑みや茶碗など、かなり小さな食器類を丁寧に茶箪笥に収めてくれたのでした。
Domohouse
 そのことは去年のまほろぐに取り上げ、「1年後に崩れてしまっていないように、きちんと保持していなければなりません。(^_^)」と書きました。

 お嬢さん、ミニハウスの片付けをしてくれたことを憶えていて、もしもまた乱雑になっているようなら、片づけてくれるつもりだったようです。

 奇跡的に去年の状態のまま保持されていました。(^_^)

 よかった。♪

2015年11月 6日 (金)

前橋の戦災慰霊碑

 今日は前橋で仕事の日でした。

 前橋市内に戦災の慰霊碑があるということを、先日、桑の葉のご縁でお知り合いになった方から教えて頂いていましたので、帰途、立ち寄ってきました。

 場所は前橋文学館の近くでした。毎年1年生の研修旅行で訪れている前橋文学館の前を川が流れています。その川沿いに点在している詩碑を見ながら、川を遡ることが何度かありました。その川沿いの向こう岸でした。

 今まで何度も近くまでは行っていたのに、これまで気付きませんでした。
Hitonebashi01
 母と子の像ですね。たくさんの千羽鶴が供えられていました。雨ざらしの場所なのに、真新しそうな千羽鶴でした。

 傍らに趣旨を記した碑がありました。
Hitonebashi02
 露出を変えて何枚か撮ったのですが、この大きさでは読みにくいので、彫られているとおりの改行で、下に示します。

昭和二十年八月五日前
橋大空襲の犠牲となり
死歿せる一般民間市民
の群霊五百三十五名に
及ぶ当時最も爆撃激し
く犠牲者多き比刀根橋
防空壕跡地に記念碑を
建立不生不滅の実想の
中永遠の平和を祈念し
遺族有志永年の悲願を
実成す
 昭和五十一年四月五日
    前橋市戦災被爆者遺族会

 八月五日の空襲というと、終戦の10日前ですね。戦争があと10日早く終わっていれば、犠牲にならなくて済んだ方々です。

 文中8行目にある「不生不滅」は般若心経の一節ですね。難しい仏教概念です。

 慰霊碑を前にし、趣旨も読んで、いろいろと思うことがありました。

 前橋にも高崎にも知らないところがいっぱい。

 探索を続けます。

2015年11月 5日 (木)

消防訓練

 今日は、恒例の消防訓練の日でした。

 毎年、大学祭の直前の木曜日午後に開催されています。
H27bosai
 私も、昔、ホースの筒先を持ったことがあります。すごい水圧でした。1人ではなく、すぐ後ろにもう1人付いて、2人がかりでした。上の写真でも、学生2人に、それぞれ消防士さんが介添をしています。

 ご覧のように、きれいな青空で、日射しも温かかったです。年によっては寒風吹きすさぶこともありました。

 午後12時10分に、学食の厨房付近で出火という設定でした。そのことが事前に知らされていましたので、時間近くになると、避難場所に移動すべく待機している学生が目立ち、ちょっとヘンでした。(^_^)

 ま、私もスタンバイしていたのですが。(^_^;

 なんか、落ち着かなくて。

 消防訓練を撮すためにカメラを持って避難するのは不謹慎と思い、持って出ませんでしたが、上のようなシーンを見ると、撮したくなります。

 「う~ん」と考えたら、「おお、そうじゃ。スマホがあったんじゃ」(なぜか、役割語だ)と気付きました。普段、スマホで撮影することはないので、少し戸惑いましたが、何とか撮せました。私が最初にいた場所は、上の写真で多くのギャラリーが映っている辺りでしたが、逆光の位置になりますので、正反対の位置に移動しました。

 初めは自粛していたのに、撮すと決まれば、位置取りには積極的です。(^_^)

2015年11月 4日 (水)

上野三碑世界記憶遺産候補決定の電光掲示(画像追加)

 高崎駅の新幹線改札内でこのようなものを見掛けました。
3hi_denko02
 「おお! 上野三碑だ」と思い、写真に撮ろうとしたら、絵が変わってしまいました。

 これ、電光掲示板なのですね。数秒(十数秒かな)で、映し出される画像が順次変わってゆきます。

 再び上野三碑が出てくるまで待つことにしました。(^_^)

 電光掲示板の前に陣取っているなんて、不審者ですね。(^_^;

 出ました!
3hi_denko
 画像の種類は10枚はなかったように思います。不審者と思われていた時間はそう長くなくて済みました。

 この写真、カメラを構えている私の姿がうっすらと映り込んでいます。

 国内候補になることが決まって、次はユネスコでの審査になるのですね。再来年の登録を目指しているのだと思います。

 決まると良いです。

2015年11月 3日 (火)

源氏の猫

 今朝の朝日新聞「天声人語」で久し振りに恩師のお名前を見ました。

 いろいろと理不尽な批判をされることもあった恩師ですが、丸谷才一氏と井上ひさし氏は常に変わらず応援団を自任してくださっていました。

 今日の話題は丸谷氏との対談『光る源氏の物語』の中にある「若菜」の巻の猫を取り上げたものです。源氏関係の本はほとんど持っていない私ですが、この本は持って「は」いました。
Hikarugenjino
 ネコを飼っている人は増えているようですね。散歩をさせなくても良いとか、犬よりも楽な面があるのも一因のようです。

 「天声人語」がこの話題を取り上げたのは、そういうこともありましょうが、一昨日が「古典の日」ということと、今日が「文化の日」ということが主たる理由です。

 「天声人語」の近くには「折々のことば」というコラムも連載されていますし、かつては大岡信氏の「折々のうた」の連載もありました。こういうものが新聞の第1面に毎日載るということは、いかに文学や文化が多くの人の関心を引きつけるものであるのかを如実に語っていましょう。文系の学問は大切です。なのにねぇ……。

 「天声人語」には源氏物語に猫の鳴き声を「ねうねう」と表記していたことが引用されています。「ねこ」の語源は不明で、よく寝るから「寝子(ねこ)」といったというのは納得しそうですが、山口仲美先生の説でしたか、「ねうねう」という鳴き声から来ているのではないかとする説には説得力を感じます。

 今、猫の鳴き声は「にゃーにゃー」と書くのが普通でしょうが、にゃにゅにょという拗音が表記されなかった平安時代には、「ねう」で表したのでしょうね。「にゃん」が「ねう」かな。

 「べーべー」鳴くから「べこ」だとすれば、「ねうねう」鳴くから「ねこ」というのはよく理解できます。

 丸谷氏は、「日本文学史を闊歩するすばらしい猫」が2匹いる、ということで、この「若菜」の猫と漱石の猫とを挙げていることが「天声人語」に書かれています。

 そういえば、NHKの「歴史秘話ヒストリア」で、最近、漱石の猫の回と、忠犬ハチ公の回とがありました。この2回を1枚のDVDに入れて保存しておこうと思っていたら、デッキが不調で、今、修理に出しています。無事に直って帰ってきたら、早速実行しようと思います。

2015年11月 2日 (月)

もうじき大学祭

 今度の土日、勤務先は大学祭です。

 今日の夕方、最寄り駅の新町駅に着いたら、学生さん達がはがきを配っていました。

 私のことを知らないのか、私にも呉れました。(^_^)
H27gakusai01
 今までもこういうはがきを作っていたのでしょうかね。私は初めて見ました。はがきにするからには、関係各方面(どこだ?)にも送ったことでしょう。

 たくさんのお客さんが来てくれるといいです。

 はがきを見ると、両日とも先着100名様に大黒食品工業のカップラーメンプレゼントだそうです。

 この会社は玉村にあり、ぐんまちゃんのカップラーメンも作っています。無料配布はこれでしょうかね。♪

 大学祭にぐんまちゃん来てくれるといいです。可能性は十分にありそうです。(^_^)

2015年11月 1日 (日)

窓文字の舞台裏

 昨日の午後は、会議で四谷の某大学に行きました。

 14階建ての建物の8階で会議をしていたところ、数人の学生さんが入ってきました。明日(日曜)から大学祭で、今日(土曜)は前夜祭だそうです。ついては、窓文字の準備をしたいということです。

 どうも、その件の方が先に決まっていたのに、我々の方が後から会議を入れてしまったようです。(^_^;

 学生さん達の手早い作業により、準備は短時間で終わりました。
Jochi01
 窓の1つにこういうものを貼り付け、もう1つの窓にも同様の仕掛けをしました。会議が終わって退室する時には、電気を点けたままにしておいて欲しいとのことです。
Jochi02
 4時半頃に退出してしまいましたので、外はまだ明るく、全体の窓文字がどのようなものになり、この窓がどんな部分を構成しているのかは全く分かりませんでした。それがちょっと心残りです。(^_^)

 ネットで見つけた画像を勝手に貼ってしまいます。←ほんとはいけないんでしょうね。(^_^;
Jochi04
 これは数年前の同じ建物のものです。例えばこんな風な感じになるのでしょう。

 駅に向かうべく構内を歩いていたら、ベンチの下にカボチャが置いてありました。前夜祭の日がハロウィンですね。なぜか大夫露出アンダーになってしまいました。
Jochi03
 これはネコでしょうね。(^_^)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ