« H27大学祭1日目 | トップページ | 釜ぶた弁当 »

2015年11月 8日 (日)

H27大学祭2日目

 今日はあいにくの雨でした。折角の大学祭なのに残念なことでした。でも、わりと暖かでしたし、お客さんもそこそこ来ていたようでした。

 私のところには、桑の葉っぱのご縁の方(何か気の利いた呼び名を探さないといけませんね。(^_^; 専攻は異なるとはいえ同業者です。仮にU先生とお呼びします)が来てくださいました。

 高校時代のお友達など全部で5人で来てくださったようで、私の研究室にはそのうちのお三方が訪れてくださいました。高校卒業後半世紀も経て、なお親しくお付き合いがあるなんて素敵です。

 桑の葉っぱから始まる不思議なご縁です。

 ちょうど同僚の新井先生(群馬県出身で方言学専攻、養蚕語彙の著書あり)がいらしていたので、加わって頂きました。そうしたら、新井先生との共通の知り合いの名前が何人も出てきて、複雑に絡み合ったご縁をまた感じることになりました。

 U先生は今夜は上野村に宿泊されるそうです。自然の中で過ごされてリフレッシュされることでしょう。

 上野村には1度だけ行ったことがあります。12年前です。夜7時くらいからの出前講座でした。山の中なので、宿泊付きで、1泊して、翌日帰りました。

 画像が無いと寂しいので、ちょっと無理やりですが、その折の写真を載せます。400万画素の時代のカメラです。宿は国民宿舎「ヴィラせせらぎ」というところでした。

 朝8時前に、宿のベランダから。
Uenomura01
 鹿の剥製がありました。奈良の鹿とはちょっと違いますね。別の種類なのでしょうかね。
Uenomura02

« H27大学祭1日目 | トップページ | 釜ぶた弁当 »

大学生活」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

なんか・・・とても凛々しい鹿さんですね。
後ろ足の膝(?)のあたりのでっぱりが奈良の鹿とは違うような・・・・
でも、厳しい地形・環境によってその部分が発達したとも考えられますね。

鹿と言えば、他の種類をエゾシカぐらいしか知らないんで・・・どうなんでしょうね。
お顔の様子もちょいと違うみたいだし(これも剥製の製作上の問題かもしれないし)

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 そうですね。私も他の種類といってもエゾシカしか思い浮かびません。(^_^;

 奈良の鹿とはなんか違うような気がするのですが、おっしゃるように住んでいる地形・環境の差かもしれませんね。

 奈良の鹿と安藝宮島の鹿もどこそこ違うような気がしていますけど、これは気のせいですかね。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62640940

この記事へのトラックバック一覧です: H27大学祭2日目:

« H27大学祭1日目 | トップページ | 釜ぶた弁当 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ