« ドクガにかかった | トップページ | 再びの水煙降臨 »

2015年10月 4日 (日)

剪定本オトナ買い

 剪定への関心は薄らいでいません。(^_^)

 ただ、いかんせん知識が全くないので、勉強する必要があります。

 勉強と言えば本、ということで、某アマゾンで探しました。「剪定」で検索すればあれこれ出てきますので、便利です。

 とはいえ、どれが良いのか分かりません。レビューも参考にしましたが、結局5冊買ってしまいました。益々家が狭くなります。(^_^;
Senteibon
 下の2冊は「はじめての」という言葉がポイントになりました。中央上のは「図解でハッキリわかる」、右上のは「コツとタブー」がポイントです。左端のは「NHK趣味の園芸」に対する信頼感と親近感とが決め手になりました。

 ポイントや決め手があれこれあるので、結局5冊。キャッチコピー次第でお買い上げに繋がるのですから、こんなちょろい客はありません。(^_^;

 こんなことをしているので、お金が貯まらないのですね。(^_^;

 積ん読に終わらないように、ちゃんと読んで、剪定しましょう。

 さて、某アマゾン、こんな企業があっては、町の本屋さんはとても立ちゆかないですね。勝負になりません。

 もっとも、書店に本を注文すると2週間も掛かるというのがひどすぎました。版元と取り次ぎと書店と、どこに原因があるのか分かりませんけど、何とかならなかったのかと思います。

 良書でも、少部数発行の専門書だったりすると、書店の店頭には出ませんので、そういう本が売れるようになったというのは、某アマゾンの大きな功績といえましょう。

 一方、店頭で本の背表紙を眺めていると、「あ! こんな本があったんだ」という出会いもありますので、時々書店に立ち寄ることも欠かせません。

« ドクガにかかった | トップページ | 再びの水煙降臨 »

日常」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

しかしまあ、凝り始めましたねえ・・・
老後は庭師を目指すようになったりして・・・

>某アマゾン、こんな企業があっては、町の本屋さんはとても立ちゆかないですね。

本当にそうですね。第一早いですからね。
特に古本の方は、アマゾンに限らず、様々な本があっという間に探せ、値段まで較べられますからねえ。

・・・でも、古本屋に行くことは止めないでしょうけど・・・

三友亭主人さん

 どうも凝り性でいけません。(^_^;

 ま、今回のことは、どれが良いのか決められなかった結果ではあります。このあたりがネット購入の欠点です。もっとも、完全な初心者ですので、書店で現物を手にとってみても、どれが良いのかはやはり分からなかったかもしれません。

 その昔、パソコンを始めた頃も、いろいろと本を買いました。読んでもよく理解できない部分もあったのですが、数ヶ月して読み返すと理解でき、上達したことを実感したこともありました。剪定についてそこまでハマるかどうか。(^_^)

 庭師は目指さないと思いますが、土いじりはしたい気がします。♪

 某アマゾンは便利で愛用していますけど、おっしゃるとおり古本屋や岩波ブックセンターなどは時々覗かないと落ち着きません。どちらも必要ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62411648

この記事へのトラックバック一覧です: 剪定本オトナ買い:

« ドクガにかかった | トップページ | 再びの水煙降臨 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ