« 群馬県民手帳H28 | トップページ | 桑の木が結ぶご縁 »

2015年9月 7日 (月)

明和町の梨

 ひょんなことで、板倉町在住の方から梨を頂きました。板倉町は群馬県の東端の町です。
Meiwanashi01
 箱には明和と書いてあります。

 恥ずかしながら、明和町という町の名は聞いたことがありましたが、場所が分かりません。地図を見ると、明和町も群馬の東の方で、板倉町の西隣、館林市の南隣に位置します。明和町のHPを見ると、明和町の特産のトップに梨があがっていました。

 箱の別の面には分福茶釜の絵が描いてあります。
Meiwanashi02
 分福茶釜の茂林寺は館林市にあります。館林・明和の境界線から茂林寺まで800mほどではありますけど、明和町じゃないんですよね。ちょっと、ちゃっかり。(^_^)

 中身は15個とみました。1人で食べきれるかなぁ、と思いましたが、開けてみたら大振りのが10個でした。10個ならば何とかいけそうです。
Meiwanashi03
 毎朝、楽しみに頂くことにします。

« 群馬県民手帳H28 | トップページ | 桑の木が結ぶご縁 »

日常」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/62238106

この記事へのトラックバック一覧です: 明和町の梨:

« 群馬県民手帳H28 | トップページ | 桑の木が結ぶご縁 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ