« 「ぐんまワンデー世界遺産パス」チラシの異版 | トップページ | 朝倉郵便局の消印 »

2015年7月28日 (火)

「埋められた多胡碑」展

 多胡碑記念館ではこのような企画展が催されます。
Umerare_tagohi01
 空襲の被害を免れるために埋めたのではありません。終戦後のことですので、進駐軍に接収されたり、破壊されたりするのを恐れてのことだったようです。

 デマ・風聞に依る行動だったのかもしれませんが、それだけ、地元の人が多胡碑を大切に思ってきたという現れともいえましょう。

 この展覧会では、第二次群馬県の初代県令である楫取素彦(NHK大河「花燃ゆ」ですね)以来の、多胡碑の保存・研究の歴史も取り上げるようです。
Umerare_tagohi02
 この館のマスコット、タゴピーです。どちらもタゴピーなのか、2体揃ってタゴピーなのか、よく分かりません。(^_^;
Umerare_tagohi03

« 「ぐんまワンデー世界遺産パス」チラシの異版 | トップページ | 朝倉郵便局の消印 »

古代群馬」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

 多胡碑って、底に十字架が埋められてたとか、今はコンクリートに埋められている部分にもう1文字ずつあったとかいう説?が、ごく一部にあるんですよね。

 藤原不比等には尊が付いてるけど、普通は皇族に使う尊称ですし、ね。「羊」をはじめ、謎が多く、ミステリアスです。まぁ、えらい人の墓だとずっと言われていたから、地元の人は埋めたのかなぁ、と思いますが・・・そのあたり確認に、近いうち行ってきます。10月までやってるそうですが、ブログを読んだのを機に、忘れないうちに。ありがとうございました。

こりゃまた何とも言えないキャラクターですね。
まあ、せんとくんだって誕生のおりにはすったもんだの大騒ぎをしたわけですから、それに比べればまだまだかわいらしくはあります。なてたってせんとくんの場合、その姿を見た子供が泣き出したってくらいですからね。
今後どのようにその認知を広めてゆくのか・・・ぐんまちゃんの後を追って群馬県の星となることができるか、今後の推移を楽しみにしてます。

しーちゃんさん

 まことしやかな説があるのですね。(^_^;

 多胡碑は江戸時代に採られた拓本があるはずですので、最下部にもう1文字あったかどうかは、それで確認できましょうね。

三友亭主人さん

 なんとも、ゆるいですよね。(^_^;

 どちらもタゴピーなのか、片方がタゴちゃんで、もう一方がピーちゃんなのか、定かではありません。(^_^;

 せんとくん誕生の折は大騒ぎになりましたよね。あれで知名度が全国区になったのですから、大成功だったと言えましょうけれども。(^_^)

 子供が泣き出しましたか。

 タゴピーなら、まず泣かないでしょうね。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61976249

この記事へのトラックバック一覧です: 「埋められた多胡碑」展:

« 「ぐんまワンデー世界遺産パス」チラシの異版 | トップページ | 朝倉郵便局の消印 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ