« 古代史シンポジウム(角川)第3回 | トップページ | ノートパソコンの天板の上下 »

2015年7月 9日 (木)

高橋英樹の『鞍馬天狗』

 その昔、NHKで高橋英樹主演の連続時代劇『鞍馬天狗』が放送されていました。

 その台本が1冊ネットオークションに出ているのを見つけ、買ってしまいました。私しか入札者がおらず、出品価格の500円で落札できました。♪
Kuramatengu01
 放送されていたのは「かなり前」というほどの認識でしたが、表紙を見ると昭和45年(1970)でした。もう45年も前ですね。放送時間は1時間。大河ドラマなどの今の連続ドラマよりも長いです。

 キャストは以下の通りです。
Kuramatengu02
 露口茂は存命と思いますが、大分前からTVに出ていないようで、さみしいです。杉作の坂東八十助は先日亡くなった三津五郎ですね。杉作役なので、当然ながらまだ少年でした。柳生博も亡くなりましたね。

 瑳川哲朗は『大江戸捜査網』の井坂十蔵役が印象的ですが、近藤勇も適役だったと思います。かっこよかったです。

 この台本の舞台は京都ではなく、江戸です。鞍馬天狗が探索のためにわざと捕まって、伝馬町の牢にいます。パラパラ眺めているうちに、面白くて全部読んでしまいました。(^_^)

 牢内で吉五郎という囚人が死に、所持していた吉田松陰自筆の『留魂録』が発見されたという場面がありました。
Kuramatengu03
 史実では、伝馬町の牢で松陰から『留魂録』を預かった囚人が、これを隠し持って三宅島に流され、これは維新後世に出たようですけど、この囚人の名が沼崎吉五郎だそうです。

 囚人の名前はちゃんと史実を踏まえているのですね。(^_^) 大佛次郎の原作通りなのか、TVドラマ化するに当たっての脚本段階でそのようにしたものか、どちらかは分かりませんが、こういうの楽しいです。

« 古代史シンポジウム(角川)第3回 | トップページ | ノートパソコンの天板の上下 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61863706

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋英樹の『鞍馬天狗』:

« 古代史シンポジウム(角川)第3回 | トップページ | ノートパソコンの天板の上下 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ