« 知事選 | トップページ | たま駅長に会えず仕舞い »

2015年6月23日 (火)

2つの「みかさ山」

 大正14年の「奈良名勝案内図」を入手しました。入手先はまたネットオークションです。(^_^)
T14narameisho01
 眺めていると、あれこれ興味深いです。基本的には今とあまり変わっていないように思います。大きく変わってしまっては困るのですけど。

 みかさ山の当たりのアップです。
T14narameisho02
 写真の左上隅に「手向山」があり、その右下に「三笠山(嫩草山)」、さらに右下に「春日山(御蓋山)」が描かれています。山の名前は今と同じですね。

 ところが、「三笠山(嫩草山)」には、そこから上りかけている満月が描かれています。これは、例の阿倍仲麻呂の歌を意識したものでしょう。

 とすると、この地図では、万葉集や古今集に登場する「みかさ(の)やま」は「三笠山(嫩草山)」のことと認識しているのでしょうね。あれは「春日山(御蓋山)」ですよね。

 あんなに近いところにある2つの山がどちらも「みかさ山」と呼ばれていたのでは紛らわしくてしょうがないですから、嫩草山(若草山)を三笠山と呼ぶようになったのは、誤解によるものなのでしょうね。その時期はどうも江戸時代のようですから、大正14年の地図を持ち出してきてもあまり意味はないのではありますが。

« 知事選 | トップページ | たま駅長に会えず仕舞い »

史料・資料」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

春日山の下に「月日亭」って書いてありますね。
これってまさか
http://www.nara-ryoutei.com/tsukihitei/
のこと・・・
場所は一致しているし・・・たぶんそうですね。

憧れの名料亭・名旅館です。あんまり縁はありませんが・・・

三友亭主人さん

 おお! このお店のことは存じませんでした。
 ご紹介くださったサイトも見ました。
 おいしそうですね。相当高そう。(^_^;

 大正14年の地図に載っているのですから、当時から知られたお店なのでしょうね。老舗ですね。

 いつか行ってみたい気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61785134

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの「みかさ山」:

« 知事選 | トップページ | たま駅長に会えず仕舞い »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ