« 知事選広報グッズ追加 | トップページ | ぐんまちゃん来たる! »

2015年6月30日 (火)

奈良市の高低差

 土曜日の夜にNHKで放送している「ブラタモリ」、毎週楽しみに見ています。(^_^)
Buratamori
 先週は奈良でした。この日は群馬で学内学会及び懇親会の日でしたので、リアルタイムでは見られませんでしたが、早速この晩に録画を見ました。

 面白かったです。はやり奈良は良いです。♪ 左京・右京と比べて外京は標高が高いというのが意外で、印象的でした。

 近鉄奈良駅の東の出口から出て、寛永堂の前を南に下ると、やがて左側に幼稚園が見えます(タモリさんもその幼稚園の敷地の中に入りました)。いつもそこを通るときは、幼稚園の方に上り坂になっていることは認識していました。また、猿沢池から興福寺の方を見ると、結構高くなっていることも。

 それだけの認識でした。外京が丸ごと高台だという認識は全くありませんでした。大局観が欠けていました。(^_^;

 目から鱗でした。今度行くときは高低差に注目しようと思います。

 式年御遷替の最中の春日大社の御本殿も映りました。一般客には撮影禁止でNHKはOKというのは納得できませんけど……。

 神社にとって、参拝客が御本殿を撮すこと自体が迷惑なのではなくて、大勢の人がカメラを構えている光景が御本殿の荘厳性を損うということなのでしょうかね。

 ともあれ、自分では撮せなかった映像を入手できたことは幸いとしましょう。

 ただ、私が見損なった磐座は映りませんでしたので、それは残念でした。

 結局、6月中に再度春日大社に行くことは叶わず、次回に御本殿参拝まで20年お預けになってしまいました。

 今度の土曜日には奈良の後編があるので、またそれを見るのが楽しみです。

« 知事選広報グッズ追加 | トップページ | ぐんまちゃん来たる! »

テレビ」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

平城京の西低東高の地形は、高天付近で自転車を借りて、平城宮址経由で秋篠、西大寺、菅原方面から西ノ京に下って、東方向、大安寺経由で新薬師寺に向かうコース(つまり逆時計回り)で走ってみると、体験できますよ。後半のペダルこぐ足の重いこと。

平安京は南低北高ですね。大極殿址付近をうろつくと、内裏のあった場所と応天門があった付近とにかなり高低差があったのが感じられます。

面白いのは長岡京址で、大極殿付近と周辺の官庁との高低差の激しいこと。長岡京が破棄されたのはそのせいではないか、と(書類を届けるの、疲れますよ、アレ。坂道の多いキャンパスで生活しているので、実感されます)思ったりします。

近江京は西高東低。これもかなり急傾斜です。

普段は天空から平面で見てますけど、歩くと生活者視点で体験できて面白いですね。

私も見ていました。
普段見慣れた場所もああやって視点を変えてもらうと新鮮に目に映るものですね。
・・・高低差・・・面白い視点ですよね。
そういえば、藤原京は南高北低。いくら中央部に皇居があったにしろ、諸豪族の住居がそれよりも高い場所にあって皇居を見下ろすようになっていたとかなんとかが遷都の理由の一つにもなったとかいう話をどっかで聞いたことがありましたが・・・それで、逆に天皇が都を見下ろす北高南低の場所を探して平城京へ・・・外京が無ければ完璧だったんですがねえ。東が高くなってしまいました・・・・藤原さんですねえ・・・やっぱり。

惟光さん

 コメントをありがとうございます。

 なるほど。その自転車ルート、今度辿ってみます。

 群馬に暮らすようになって、毎日のように自転車に乗っていますけど、自転車って、上り坂か下り坂か、向かい風か追い風かで、こぐときの力が随分違いますので、高低差はよく意識できますね。

 恥ずかしながら、私は近江京や長岡京にはまだ行ったことがありません。紫香楽も。

 行ったことのない場所がまだまだたくさん。

 体が動くうちにあちこち行きたいです。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 三友亭主人さんもご覧になっていましたか。ほんと、新鮮でした。

 藤原さんは強いですねぇ。興福寺と春日大社。良い場所を占めて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61818153

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良市の高低差:

« 知事選広報グッズ追加 | トップページ | ぐんまちゃん来たる! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ