« 大東文化大学で学会 | トップページ | みつぐりのアセロラ »

2015年6月 8日 (月)

大東学会のシンポジウム

 6月6日(土)、大会の1日目はシンポジウムでした。テーマは、「シルクロードの東と西をむすぶ―文学・歴史・宗教の交流―」というグローバルなものでした。

 中西会長の挨拶。
H27daito01
 基調講演は、国際日本文化研究センター名誉教授の鈴木貞美氏と、
H27daito02
 東大寺長老の森本公誠師でした。
H27daito03
 引き続いてのパネルディスカッション。

 大東文化大学教授の藏中しのぶ氏(司会)と、フランス東方学院教授のフレデリック・ジラール氏。
H27daito04
 國學院大學名誉教授・横浜市歴史博物館長の鈴木靖民氏と、國學院大學名誉教授・南開大学客員教授の辰巳正明氏です。
H27daito05
 国際的でない私には、なかなかついて行けませんでした。(^_^;

 以下の画面が印象に残っています。
H27daito06
 絹の道の他に、本の道と、恋歌の道。

« 大東文化大学で学会 | トップページ | みつぐりのアセロラ »

研究」カテゴリの記事

コメント

1-シルクロードは日本の文物・文化を調べると必ず出てくる言葉でおなじみで、すべてがこの言葉に内包されているように思っておりましたが・・・なるほど分けて・・・2-ブックロード・・・なるほど納得。3-ラブソング・ロードにはびっくりしました。面白ろうございますし、フーンそうねと思えますね。ありがとうございます。

先週末は、いろんな意味でお疲れ様でした。
二日目は、司会をしただけで帰ってしまったので、源さんにはお会いしませんでした。
私が司会をした方も国際的な話題でしたので、啓蒙されました。

万葉子さん

 そうですね。私もざっくりと「シルクロード」と思っていました。

 なかなか奥が深いです。

 書物の道も恋歌の道も心惹かれます。

晴南さん

 ありがとうございます。

 冬の大会と違って、夏の大会は予算決算もありますし、今回は2年に1度の選挙もありましたので、何か落ちがないかどうか、気が気ではありませんでした。無事に済んでほっとしています。

 司会、お世話になりました。ありがとうございました。

 2日目はお目にかかれずに残念でした。

 あ、月末の名古屋での学会、私は1日目は本務校の国語国文学会、2日目はZ学会の編集委員会のため参加できません。残念です。(^_^;

なんか興味深げなパネルディスカッションですね。
まあ、ついては行けなかったでしょうが、その場の雰囲気だけでもっ・・・て感じですね。

三友亭主人さん

 グローバルなテーマでした。

 国際的でない私には、なかなかついて行けなかったのが残念です。(^_^;

 来年夏の大会は60周年記念大会になります。シンポジウムのテーマはインドです。ますますグローバル。

 一方、冬の大会は、昨年が弘前大学を会場に「北東北」、今年は國學院大學栃木短大を会場に、北関東を視野に収めて「道の文学」です。

 夏のグローバルと、冬のローカルの落差が楽しいです。(^_^)

M学会ではお目にかかれないのですね。
残念です。

晴南さん

 本当に残念です。

 ここのところどうもM学会は何かとぶつかってしまって、名古屋にはしばらく行っていないような気がします。

 1月には行けると良いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61715668

この記事へのトラックバック一覧です: 大東学会のシンポジウム:

« 大東文化大学で学会 | トップページ | みつぐりのアセロラ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ