« ぐんまちゃんうちわの注文 | トップページ | 深窓の令猫 »

2015年6月16日 (火)

太宰治が下宿した碧雲荘

 「荻窪の歴史文化を育てる会」が、「荻窪の文化財・太宰治の碧雲荘を残そう」という活動をし、署名活動をしています。

 この会の会長は、我々の業界人である岩下武彦先生です。

 というわけで、先日の全国大学国語国文学会の夏季大会の会場の休憩室にも、署名用紙が置いてありました。

 チラシはこちらです。

 この建物は、昭和初期に建てられたもので、ステンドグラスが使われるなど、建物の随所に当時の郊外文化の名残を留める、和洋折衷の建築だそうです。
Hekiunso
 チラシには、取り壊しの計画があるようなことは書かれていませんでした。まだそういう動きはないのかもしれませんが、今のうちから保存活動をしておこうということかもしれません。

 私、まだ署名していないんですけど、しようと思います。

« ぐんまちゃんうちわの注文 | トップページ | 深窓の令猫 »

日常」カテゴリの記事

コメント

へええ・・・そんな建物が残ってるんですか。
奈良には例の志賀直哉の旧居があったっりしますが、近現代の文学者の関係のものといったら、やはり東京に集中してますもんね。奈良にも今から1000数百年前の文学者の住居がたくさんあったでしょうが、なにせ残ってませんからねえ。

三友亭主人さん

 私もこの建物のことは初めて知りました。東京には、知られざる遺跡が結構ありそうですね。

 老後は東京めぐりもしようと思っています。(^_^)

 関東大震災や空襲で焼けてしまったものも多いことでしょうけど。

 太安万侶の屋敷は左京四条四坊と分かっているものの、建物も礎石も形跡もありませんね。1300年も経ってしまっては仕方ないですよね。

 墓地が見つかっただけでもすごいことと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61753014

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治が下宿した碧雲荘:

« ぐんまちゃんうちわの注文 | トップページ | 深窓の令猫 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ