« 豪徳寺をゆく(2)三重塔の干支 | トップページ | ねむの木の庭 »

2015年5月 6日 (水)

豪徳寺をゆく(3)あふれる招き猫

 豪徳寺の境内には招福殿という建物があります。
Gotokuji11
 井伊直孝がネコに招き入れられて豪徳寺に入ったことで雷雨の災を免れたという伝説があるそうです。招き猫発祥の地という説もあるようで。ひこにゃんもこの伝説に由来します。

 招福殿の傍らにこんな看板が出ています。
Gotokuji12
 その向こうには大量の招き猫が。願いが叶った人が、お礼に招き猫を奉納しているようです。
Gotokuji04
 さすがネコ。狭いところにもひしめいています。
Gotokuji05
 後ろ姿もキュートです。
Gotokuji13

« 豪徳寺をゆく(2)三重塔の干支 | トップページ | ねむの木の庭 »

史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

松陰神社の後に井伊大老のお墓とは・・・
何やら意味深ですね。

 てんこ盛りの招き猫、すごいですね。
 豪徳寺には行ったことがありませんが、これは一度は行かなければ。いつ行かれるかはわかりませんが。

 シンプルな招き猫ですね。そこがかわいい。
 確かに後ろ姿もキュートです。

三友亭主人さん

 ほんと、直線距離で800mほどですから近いです。

 吉田松陰ははじめ小塚原に埋葬され、後にこの地に改葬されたようですので、井伊大老が先ですね。あとから近くに松陰が引越してきた形です。

 井伊家の菩提寺が近くにあることは特に意識しなかったのかもしれませんけど。

朝倉山のオニさん

 圧倒されますよね。迫力あります。

 仰るように、赤い首輪に鈴を着けただけのシンプルなネコですね。みんな同じ形をしているので、なおさら迫力がありますね。大きさがさまざまなのもメリハリがあっていいです。

 ぜひいらしてください。(^_^)

三友亭主人さん

 すみません。三友亭主人さんへのコメント、ピント外れでした。(^_^; ちょっと誤読しまして。

 両方訪れるについては、そう深い意味はありません。近かったので、両方行ってこようと。

 でも、強いて言えば、松陰神社にはたぶんたくさんの人が行くだろうから、井伊さんの方にも、という気持ちはありました。

 考え方は違っても、二人とも信念に従って生きたのだと思います。大獄は肯定できませんけど。

ネコいっぱい!! 可愛いですね。さすが豪徳寺 ネズミの干支の絵馬もネコが主役!! すごいですね。まさにネコノクニと云ってもいいですね。 

万葉子さん

 ほんと、ネコだらけでした。(^_^)

 ネズミの彫刻は、軒を貸して母屋を取られている感じです。(^_^;

 ネコノクニですね。

>ちょっと誤読しまして。

いえいえ、誤読なんかじゃありませんよ。
すみません・・・曖昧な書き方をして。文章力不足です。

それにしても「陰神社にはたぶんたくさんの人が行くだろうから、井伊さんの方にも」とは、源さんのお人柄が窺えます。

三友亭主人さん

 恐縮です。(^_^;

 子どもの頃は、家康が嫌いだったり、吉良が嫌いだったりしたのですが、今は、好きな歴史上の人物はいても、嫌いな人物はいません。客観的に歴史と接することができるようになってきたのかと思います。

 思うに、靖国神社って、戊辰戦争の佐幕側の戦死者や、西南戦争の西郷軍の戦死者は祀っていないんですよね。それこそ、立場は違っても、差を付けることはないと思うんですけど、「賊軍」扱いなんですね。もう、考え直しても良い時期と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/61550167

この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺をゆく(3)あふれる招き猫:

« 豪徳寺をゆく(2)三重塔の干支 | トップページ | ねむの木の庭 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ