« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

東海道新幹線弁当

 先日の日帰り奈良旅行のネタがもう1つありました。

 帰りに品川駅で買った駅弁です。
Tokaidoshinkan01
 中身です。美味しゅうございました。
Tokaidoshinkan02
 蓋の裏側におしながきが印刷してありました。
Tokaidoshinkan03
 3地域の料理が共存しています。しかし、2枚目の写真を見ると、面積では関東が半分を占めていて、他を東海と関西とで分け合っています。

 関東重視のようですが、この駅弁、ひょっとすると、関東バージョン、東海バージョン、関西バージョンがあるのかもしれません。

 といいますのは、去年の6月に「東海道新幹線50周年記念弁当」というのを京都で買ったのですが、それは関西のものが半分を占めていたのです。

 関東の駅で売っているのと、東海の駅で売っているのと、関西の駅で売っているのと、どうもそれぞれ中身が違うのではないかと考えたのですが、東海や関東で買うことが叶わないうちに50周年は過ぎてしまいました。今回買った駅弁が50周年記念弁当の後身ならば、コンセプトは同じではないかと睨んでいます。

2015年5月30日 (土)

アマリリスは花が2つ

 アマリリスが新たに2つ咲きました。
Ama20150529a
 下の写真で茎が3本見えます。一番左のは先日ご紹介した茎で、花はもう萎れてしまいました。右端のは上に写真を載せたものです。中央のはこれから咲くところです。
Ama20150529b
 全部花は2つです。で、今頃になって思い出しました。前回写真をご披露したつぼみのようなのは、実はつぼみではなくて、あれが割れると、中から本当のつぼみが2つ出てくるのでした。1年1度のこととて、1年経ってうっかり忘れていました。(^_^;

 下は、前回球根から頭を出したばかりのつぼみ(本当はつぼみではなかったわけですが)です。だいぶ茎が伸びて来ました。
Ama20150529c
 下は、別の鉢です。この球根からもつぼみ状のものが顔を出しています。全て同じ時間の撮影です。
Ama20150529d
 一斉に咲けば華やかですが、こうしてかなりの時間差で成長してくれると、長く花を楽しめます。♪

2015年5月29日 (金)

和風カラオケ?

 今日は前橋で仕事の日でした。

 前橋駅前で「和風カラオケ」という謳い文句に目が留まりました。
Wafukaraoke01
 この文字、前橋に行くたびに目に入っていたのですが、今までは何も引っ掛かることなく、素通りしていました。それが、なぜか今日は「和風って?」と引っ掛かり、ちょっと行きすぎてから戻って撮影しました。ほんと、通勤途上なのにフラフラしています。(^_^;

 カラオケ自体、私はあまり行ったことがなく、カラオケ店のこと、よく知らないのですが、「和風」って、どういうのでしょ?

 最初は、鼓や三味線などの和楽器の伴奏による曲が中心なのかと思いましたが、それは現実的ではありませんよね。洋楽は扱わず、日本の歌謡曲などが中心なのかとも思いましたが、お店としては、曲を限定してもプラスはないように思います。

 最後に行き着いたのが、部屋が畳敷きなど、建物が和風という結論です。

 それでいいのでしょうかね。

 真相究明のためにこのお店に行ってみようという気はありません。(^_^;

 お店の前に、今年のNHK大河「花燃ゆ」のドラマ館の宣伝ののぼり旗が立っていました。あいにく裏側になってしまっていますけど。
Wafukaraoke02

2015年5月28日 (木)

浅野と岡野がイケメン

 先々週と先週と2回に分けて、授業で昭和33年の「忠臣蔵」を見、昨日はその感想を述べて貰いました。受講生は11人。あまり内容が重ならず、11人それぞれが異なった観点からの発言で、興味深かったです。

 昔の映画で、セリフも分かりにくかったでしょうに、みな、十分に内容を把握していました。エライものです。

 浅野内匠頭がイケメンだったという感想を述べたものがあり、何人か後に、岡野金右衛門がイケメンだったという感想も出ました。

 浅野は市川雷蔵、
Raizo
 岡野は鶴田浩二です。
Tsuruta
 好みには個人差がありましょうが、ま、確かにこの2人かなという気はします。

 学生さん達、ほとんど誰も知らないんですよね。昔のすばらしい俳優さん達が、忘れ去られて行くというのは、何とも勿体ない気がします。

2015年5月27日 (水)

金魚、食欲旺盛

 寒かった時期には水草には手を出さなかった金魚ですが、この頃の水温上昇で、食欲旺盛です。

 昨日の朝、水槽の水草がかなり無残な状態です。私が留守がちだからいけないんですけどね。
Kingyo_h270526
 周りが明るいので、カメラを構えている私の姿が映り込んでしまっています。小さいものがワラワラと浮いているのは、エサの乾燥イトミミズです。

 水草は、以前は、こういう状態でしたのに。(^_^;
Kingyo_h260811b

2015年5月26日 (火)

奈良県庁屋上から望遠撮影

 奈良滞在2時間半の日帰り旅行にしては、ずいぶんたくさんまほろぐのネタにしましたけど、これでいよいよ打ち止めのようです。(^_^;

 奈良県庁屋上から見た生駒山です。
Ikoma201505
 奈良出身のかつての同僚から、アンテナがたくさん立っているのが生駒山だと教えられたことがありました。以後、奈良で方角が分からなくなると、アンテナの立っている山を探すことにしています。(^_^)

 今回の奈良行きでは望遠レンズを持参しましたので、それで撮した写真(をさらにトリミングしたもの)をご披露します。

 東大寺大仏殿の鴟尾。
Daibutsuden201505
 興福寺五重塔の相輪。
Kofukuji201505
 復元大極殿。
Daigokuden201505b
 お付き合い、ありがとうございました。

2015年5月25日 (月)

春日の鹿&三笠山

 また先日の日帰り旅行に戻ります。

 春日大社の石灯籠の傍らに鹿がいました。といいますか、よくいます。(^_^) この鹿、子鹿ですね。昨年生まれたのでしょうか。
Kasuga07
 外国人旅行者の方もたくさんいました。その人達の中にも鹿に興味を示す人は多かったです。鹿とツーショットの写真を撮ったり。野生の鹿が人に懐いているというのが心を揺さぶるのでしょうね。よく分かります。

 鹿もおとなしく写真を撮られたりして、国際親善に大いに貢献しています。

 飛火野の鹿。列をなして移動する鹿も絵になります。ここで三笠山の写真を撮れば良かったんですけどねぇ。(^_^;
Kasuga08
 その後、奈良県庁の屋上に上りました。東西南北の写真を撮りました。

 これは東の写真です。左から若草山(三笠山)、春日山、高円山です。そして、春日山の手前にうまい具合に陰になって御蓋山(三笠山)が見えます。
Kasugayama201505
 三笠山が2つあって、紛らわしい。(^_^;

2015年5月24日 (日)

上野誠先生の講演

 現在、群馬県立土屋文明記念文学館では、「歌の古代を探る-万葉集・土屋文明・東国文化-」という企画展を開催中です(6月14日まで)。

 今日は、この企画展の監修に当たられた上野誠先生の講演がありました。事前申込制で定員150名とのことでしたが、早い段階で満員になってしまって、100人くらいの方をお断りしたとのことでした。人気のほどが偲ばれます。

 講演題目は「土屋文明の『万葉集』観」です。
Ueno_bunmei01
 私は気付かなかったのですが、平城宮跡で見つかった土師器の皿に描かれた図が朝鮮双六の盤のものらしいということが、一昨日の新聞に載っていたそうですね。この双六の遊び方は、4本の木片を投げて、いくつオモテが出るかによって、駒の進むマス目が決まるというルールで、万葉集にも、「諸伏」と書いて「まにまに」、「一伏三起」と書いて「ころ」などと訓むのは、この双六に基づく戯書とされています。

 ご講演は、この最新の発見の話から始まりました。とにかくお話しが巧みです。お客さんの関心を一気に引きつけました。
Ueno_bunmei02
 時折、私の名前を出してくださるなど、お気遣いも頂きました。マイクを渡されて、少しコメントをする羽目になったのは、ちょっとむちゃ振りでしたけど。(^_^;

 下の写真は、木簡を削ったりするために官人達が身に着けていた刀子の説明をしているところです。
Ueno_bunmei03_2
 そして、お話しはちゃんと本題の土屋文明に移り、時間ぴったりに終わりました。見事と言う他はありません。

 終了後は、展示会場で解説までして頂きました。また、それと併行して、ロビーではこの朝鮮双六の実演も行われました。天平衣装を着て、双六をしているのは土屋文明記念文学館の職員の方々です。
Ueno_bunmei04
 館長室で記念撮影をしました。
Ueno_bunmei05

すがちゃんの背中の模様

 先ほど、すがちゃんのことを書いたばかりですが、その後、気になってググってみましたら、すがちゃんは、今回の造替の記念キャラクターだということが分かりました。

 とすると、造替が一段落したら、もう引退なのでしょうかね。

 でも、平城遷都1300年の記念キャラクターのはずのせんとくんが今なお活躍しているところを見ると、すがちゃんも今後の人気次第ではずっと活躍してくれるかもしれませんね。

 応援したいです。

 ググって知ったのは、すがちゃんの背中には5つ斑点があるうち、1つだけハートマークなのだということです。

 「えっ! なになに?」とばかり、見直したら、確かに1つがハートでした。(^_^)
Sugachan05

2015年5月23日 (土)

影向(ようごう)之松&すがちゃん

 春日大社の一の鳥居を入ってすぐの右側に松の切り株があります。今は切り株になってしまっていますが、この松は「影向之松」と呼ばれる由緒正しい松だそうです。
Yogo01
 恥ずかしながら、この松のことは何も知らず、三友亭主人さんのブログで知りました。つい最近の「山辺の道1日旅行・・・3」です。バッチリのタイミングでした。♪
Yogo02
 詳細は三友亭主人さんのブログをご覧ください。

 傍らにこのような解説を記した高札が立っていました。能舞台に描かれている松の木のモデルのようですね。
Yogo03
 春日大社の境内のお店でこのようなキャラクターを見つけました。白い鹿です。
Sugachan01
 どういうポーズが良いのか、どういう角度から撮したら良いのか、ちょっと迷いました。
Sugachan02
 名前は「すがちゃん」というようです。「かすが」の「すが」ですかね。
Sugachan04
 この絵と同じポーズをさせてみました。でも、振り向かせることはできませんでした。(^_^;
Sugachan03

2015年5月22日 (金)

奈良へ

 京都へ向かう新幹線の車中では、授業の予習をしたり、スマホを見たり、外を見たりしていました。

 富士山はあいにく雲に隠れて見えませんでした。見えないことが多いです。関ヶ原が近づくとカメラを構えますが、特にこれといった写真は撮れませんでした。

 前回、佐和山城や安土城の看板が立っていることに気づき、今回も撮影に挑戦しました。まずは佐和山城跡。
Sawayama201505
 安土城跡です。
Azuchi201505
 無事に京都に到着し、近鉄のホームに。せんとくんがお出迎えです。私の乗った近鉄特急、前の4両が1号車から4号車で橿原神宮前行き、後の2両がA号車とB号車で奈良行きでした。たびたび奈良飛鳥に行っていますけど、編成を途中で分離するのに乗ったのは初めてでした。これでいいのかと戸惑いました。
Sento201505
 近鉄線の車中からも撮影。北に見える大極殿です。
Daigoku201505
 近鉄奈良駅に着いて、南下し、猿沢の池に出ました。
Sarusawa201505a
 石の標柱に何と書いてあるのか読みにくかったのですが、写真を拡大すると、「さるさは池」と読めました。
Sarusawa201505b
 亀が2匹甲羅干しをしているのも、写真を見ていて気付きました。撮影時には全く気付きませんでした。この池には亀が住んでいるのですね。魚もいることでしょう。自然で、いいです。

 池越しに臨む興福寺の五重塔。
Sarusawa201505c
 春日大社や県庁の屋上に行って、帰る時に、今度は近鉄線の南側に見える朱雀門を撮りました。
Suzaku201505
 後から思えば、大極殿や朱雀門は、なにも列車の車内から撮らなくても、地上から同じような写真が撮れるのでした。(^_^;

 気付くのが遅い。(^_^;

2015年5月21日 (木)

春日大社をゆく

 突然ですが、春日大社に行ってきました。♪ 日帰りです。(^_^;

 お目当ては、三友亭主人さんに教えて頂いた御本殿です。普段拝観できないものが間近に見られるという得難い体験ですので、見逃す手はないと。

 拝観できるのは5月いっぱいということでしたので、予定表を眺めて、「う~ん」と唸ってみたのですが、どうも泊まりがけは無理そうですので、今日、休暇を取って行ってきました。今日は出勤日ではあるのですが、私は授業のない日ですので、行けました。授業のある日だと休暇を取るわけにも行きません。

 昨夜、春日大社のHPを見てみましたら、拝観期間は6月末日まで延長されていました。(^_^;

 延期しようかと思いましたが、行く気になってしまっていましたので、今日行ってきました。

 10時50分に東京の家を出て(←遅い!)、近鉄奈良駅着が14時28分。春日大社と奈良県庁の屋上に行って、近鉄奈良駅発が17時で、20時25分に帰宅しました。奈良は近いです。(^_^)

 一の鳥居。
Kasuga04
 南門。
Kasuga05
 参拝所。本殿はこの奥ですが、祭神は今は左手の仮殿に祀られています。
Kasuga06
 写真はここまで。この先は撮影禁止でした。代わりにチラシをご披露します。オモテです。
Kasuga01
 ウラです。
Kasuga02
 チラシの中の御本殿付近の地図です。
Kasuga03
 拝観記念にお香を頂きました。
Kasugakinen01
 良い香りです。
Kasugakinen02

2015年5月20日 (水)

タブレット補遺

 先日の「一太郎タブレット」の記事に、朝倉山のオニさんからご質問のコメントを戴きましたので、ちょっと補足します。

 本体の背中側です。真っ赤。
Ichitab07
 スタート画面です。おなじみのWindows8.1の顔をしています。
Ichitab08
 タッチペンも真っ赤で、そこにも一太郎のロゴが。
Ichitab09
 ペンの先端のアップです。ゴムのような素材で柔らかいです。
Ichitab10
 指を2本使うような場面では使えませんけど、指1本でタッチするような用途の時は、指よりもペンの方が使い勝手が良い気がします。

 これまで、旅行に行く時はノートパソコンを持参しています。まだタブレットに慣れていないとはいえ、宿でパソコンを使う時に、このタブレットがノートパソコンの代わりになるとは思えません。

 重くてもやはりノートパソコン派です。ただ、電車で移動中などに使うには便利と思います。

 まずは慣れないとね。

2015年5月19日 (火)

アマリリス開花

 渋川の家で育てているアマリリスが今年も開花しました。

 1本の茎に2つつぼみが付いていて、そのうちの1つです。もう1つも直に花開くことでしょう。2つ同時だと華やかで良かったんですけどね。
Ama20150519a
 正面です。白い花、割と好きです。
Ama20150519b
 開花した花がある一方で、まだ球根から出たばかりの芽もあります。2つ見えているうちの右側の大きめなのが花芽、左側のやや小さいのが葉芽です。
Ama20150519c
 顔を出したばかりで、もうつぼみができています。このまま茎が伸びていって、それにつれて、先端についている花芽の位置が上がってゆき、やがて開花します。

 開花時期に随分遅速がありますね。みんな違ってみんないいと思います。♪

2015年5月18日 (月)

「かくありたい」

 授業で昭和33年の「忠臣蔵」(大映)を見ているときに、こんなセリフに気付きました。

 赤穂城明け渡しの場面で、大石内蔵助(長谷川一夫)が、受城使の脇坂淡路守(菅原謙二)に対し、浅野家再興が叶うよう幕府上層部に取りなして欲しいと嘆願します。
Kakuaritai01
 それを受けて、脇坂は「臣下たるもの、かくありたい」とつぶやきます。
Kakuaritai02
 この映画、毎年見ていたのに、今頃気付くとは、迂闊なことでした。

 NHK大河「独眼竜政宗」で、少年時代の政宗が「梵天丸も、かく、ありたい」とつぶやくシーンが名場面、名ゼリフということで話題になりました。私も感動したクチです。

 あのセリフ、ひょっとしたら、この「忠臣蔵」から取ったのかもしれません。偶然の一致かもしれませんので、何とも言えませんけど、そんなことを考えました。

2015年5月17日 (日)

一太郎タブレット

 かねてタブレットに関心はあったのですが、使い方も、どう使うかも、明確なイメージがわかなかったので、手を出さないでいました。

 そうしたところ、一太郎発売30周年記念のタブレットというものがジャストシステムから発売されましたので、それに手を出してしまいました。一太郎ファンではあるのですが、そんなきっかけで。(^_^;

 やがて、品物が届きました。一太郎カラーの真っ赤なパッケージです。
Ichitab01
 蓋を開けて、中身を取り出しました。ご覧のように、本体とケースとペンです。ケースも真っ赤で派手。
Ichitab02
 早速立ち上げてみましたが、取扱説明書がないので、使い方がよく分かりません。ACアダプターもないので充電もできません。

 ヘンだなぁとは思いましたが、スポンジをめくっても、下はすぐに底です。タブレットのことはよく分からないので、そういうものかと思いました。あれこれちょっと忙しかったので、そのまま放置して数週間が経過しました。
Ichitab03
 昨日、厄介な仕事が1つ終わり、またタブレットを引っ張り出しました。箱の裏をよく見ると、こんな記載が。
Ichitab04
 このリストに依れば、本体、カバー、ペンの他に、ケーブル2種とACアダプターと取扱説明書が入っているはずです。

 それらはどこに? メーカーで入れ忘れたのだとしても、ではそれらは本来どこの部分に収まっているはずのものなのかと考えました。←よく気づいた。(^_^)

 そういう視点からつらつら眺めると、この箱、少し分厚いです。スポンジを完全にどけると、底板(と思っていた紙)の上方中央に穴が見えました。今まで、このスポンジはめくっただけで、完全に取り去ったことはなかったのです。
Ichitab05
 底板と思っていた紙は、上げ底の底でした。紙の下に仕切りがあり、そこから無事にACアダプターやケーブル、取扱説明書が発掘されました。
Ichitab06
 う~ん。こんなパズルのような……。(^_^;

 私が鈍いのでしょうか。(^_^;

2015年5月16日 (土)

群馬学連続シンポジウム28

 恒例の群馬学連続シンポジウム、今回のテーマは「例幣使道と両毛線」です。
Gunmagaku28a
 例幣使道というのは、日光例幣使道のことです。江戸時代、朝廷から日光東照宮に幣帛を献上するために遣わされた勅使が通った道で、高崎の先で中山道から分岐して日光に到ります。

 勤務先のある玉村町は、かつてこの道の宿場町でした。

 両毛線は、群馬と栃木とを結ぶ路線です。上毛野国と下毛野国とを結んでいるので両毛線。

 ということで、今回は隣県である栃木との繋がりがテーマの1つになります。そして、昨年の第26回が高崎線であったことも関係しています。鉄道シリーズですね。
Gunmagaku26c
 今年のポスターでは右上隅に向かって、線が集まっていますが、その場所が日光を指しているとのことです。←制作者直話。

 さて、誠に残念なことに、この日は古事記学会の大会の日とぶつかっています。どちらに出るか迷いどころです。こっちかなぁ。

 昨年も古事記学会とぶつかってしまいました。昨年は出雲で開かれた古事記学会に出ました。私、研究発表の司会の仕事があったような気がします。

 昨年はどちらも6月第3週。今年は古事記学会の方は会場校の都合で第2週になったのですが、群馬学の方も第2週になってしまいました。付き合わなくても良いのに……。(^_^;

2015年5月15日 (金)

自販機設置

 今朝、東京駅の新幹線ホームで、下り列車の発車準備を待っていた時、ホームの飲料自販機を開いてペットボトルを入れている業者の人がいました。

 時々見かける情景ですが、機械の中身って好きなので、よく観察していました。

 なんかずいぶんたくさん入れていました。よく売れているのだなぁと思いました。というより、品切れ寸前ではないかと。

 ペットボトルの装填が終わると、今度は釣り銭の補充です。10円玉と100円玉をたくさん入れていました。釣り銭カセット(というのでしょうか)もじっくり見られて楽しかったです。
Jihanki02
 そのうち、ふと気付くと、ずらっと並んでいるはずの見本のボトルが1つもありません。
Jihanki01
 また、新しくプリンターやスキャナを買うと、ところどころに貼ってある固定用のテープが目に入りました。
Jihanki03
 これ、自販機の新設だったようです。

 珍しいものを見ることができました。(^_^)

2015年5月14日 (木)

環境ぐんまちゃん

 群馬県では、環境学習ということに力を入れているようで、そのパンフレットが回覧で廻ってきました。

 その表紙にぐんまちゃんのイラストがいくつか。

 今まで、こういうものが廻ってきても、勤務先では手近にスキャナがないので、そのまま虚しく次へ回していたのですが、今学期、職場に複合プリンターが設置され、めでたくスキャナも使えるようになりました。♪

 それを早速使って取り込みました。

 こんなのとか
Gunmac_kankyo01
 こんなのとか。
Gunmac_kankyo02
 どちらも普通のぐんまちゃんです。

 でも、中にこんなのがありました。
Gunmac_kankyo03
 何とかマンですね。ぐんまちゃんマン?

 私の研究室にも、大昔に買ったスキャナ専用機はあるのですが、接続がSCSIなのです。時は移り、いつの間にやら、パソコン側がSCSIに対応しなくなってしまい、接続できません。SCSIボードを買ってきてパソコンの拡張スロットに挿せば良いのでしょうが、もう新しいスキャナを買う方が良いような気がします。

2015年5月13日 (水)

玉電の車両

 先日訪れた豪徳寺の最寄り駅である東急世田谷線宮の坂駅に懐かしの玉電が展示されていました。
Tamaden01
 小学生の頃にもちょくちょく利用し、中学高校時代は毎日通学時に乗っていた電車です。渋谷から二子玉川までの路線で(その先、砧本村まで支線が伸びていました)、途中の三軒茶屋駅で下高井戸駅までの分岐線がありました。2両編成の路面電車です。

 本線は車の邪魔ということで、昭和44年に廃止され、地下化されてしまいました。三軒茶屋からの分岐線は専用軌道でしたので、今も生き残っています。

 先日、松陰神社や豪徳寺に行く時に久々に利用し、懐かしかったです。もっとも、今の車両は近代化されて、昔とは大分違っていました。

 宮の坂駅に展示されているのは昔の車両で、きっと私も乗ったはずです。

 運転台も懐かしかったです。私はこのあたりに陣取っていることが多かったです。(^_^)
Tamaden02
 解説板が掲示されていました。この車両、玉電の廃線後は江ノ電の車両として使われていたようですね。大正14年に製造され、平成2年まで現役で働き続けたというのは凄いことだと思います。
Tamaden03

2015年5月12日 (火)

「奈良京」木簡出土

 ちょっと日が経ってしまいましたが、5月1日のアサヒコムに、平城京遷都時の木簡に「奈良京」と書かれたものが発見されたという記事が載っていました。4月30日に奈良文化財研究所(以下、奈文研)が発表したとのことです。

 松陰神社やら、豪徳寺やら、月兎耳やら、奈良の鹿やらのことを書いているうちに、タイミングを逃してしまいました。でも、まほろぐは私の憶えでもありますので、書いておこうと思いました。

 奈文研庁舎の建て替え工事に伴って出土した木簡45点のうちの1点で、時期は平城遷都当時のものとみられるとのことです。

 これまで知られていた「奈良京」の表記は762年の正倉院文書だったそうですので、それを半世紀さかのぼることになり、また、遷都当時からこの表記が用いられていたということになります。

 万葉集には、

平城京3-330、6-1045、8-1639
平城京師6-1047、19-4245
平城之明日香6-992

寧楽乃京師3-328、6-1044、8-1604
寧楽京3-331

などの表記が見えますが、これらはいわば好字を用いたもので、古くはポピュラーな字音仮名「奈」「良」の組合せが用いられていたということなのでしょう。

 高松塚古墳やキトラ古墳の壁画も貴重だと思いますが、私はやはり字が出てくると嬉しいです。(^_^)

2015年5月11日 (月)

奈良の鹿愛護会会員証H27

 たまたま奈良の鹿ネタが2日続くことになりました。

 今日帰宅したら、奈良の鹿愛護会の今年度の会員証が届いていました。

 裏面は例年通り子どもの描いたポスターです。今年のも良いですね。
Narashika_h27_2
 会員の特典は以下の通りです。
Narashika_h27tokuten

2015年5月10日 (日)

今年初めての鹿の赤ちゃん

 夜7時からのNHKニュースで見ました。

 奈良公園で今年最初の鹿の赤ちゃん誕生だそうです。
Shika20150510a
 突然ニュースに出てきましたので、録画をする暇もなく、手もとにあったデジカメで撮影しました。デジカメはわりといつも手もとにあります。(^_^)

 本当は、勝手にテレビ画面をキャプチャーしてブログに載せたりしてはいけないのでしょうが、ま、この画質ですし。←と、自己弁護。(^_^;

 生まれてすぐ、こんなに大勢のカメラマンに取り囲まれて、さぞびっくりしたことでしょう。
Shika20150510b
 ニュースのラストでした。こういうニュースが最後を飾ると、ほのぼのとした気持ちになれます。次の番組は「ダーウィンが来た!」です。
Shika20150510c
 今年も6月1日から末日まで、鹿苑で鹿の赤ちゃん大公開です。今年も行けるか?

2015年5月 9日 (土)

ぐんまちゃんパンケーキ

 先日、5月2日の夜中に新聞を縛っている時に見つけました。折り込みチラシです。
Gunmac_pan
 4月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間2割引ということで、残念ながら割引期間はもう過ぎてしまっていましたが、ぐんまちゃんのパンケーキ、新発売とのことです。

 パンケーキというのはホットケーキのことですかね。温かくないホットケーキ。

 ほんと、いろいろな物が売り出されます。

 このお店は錦光堂という渋川のお菓子屋さんです。「こがねいも」という、県内ではそこそこ知られたお菓子を製造販売しています。

 家の近くにも支店がありますので、今度買ってみることにします。

2015年5月 8日 (金)

世田谷城をゆく

 先日の、松陰神社、豪徳寺とセットの史跡めぐりです。

 豪徳寺の南東に世田谷城阯という古跡があります。中世の吉良氏の城跡だそうです。今は堀と土塁の跡を残すのみです。
Setagayajo01
 こんな感じで良く保存されていますが、土塁が石垣で固められていますので、中世の古城跡という感じがしません。ま、何もしなければ、土塁が崩れてしまう可能性がありましょうから、保存のためには仕方ないとは思いますが。
Setagayajo02
 解説板に航空写真が載っていました。空から見ると、豪徳寺との位置関係がよく分かります。中世には、今豪徳寺のある場所には吉良氏の館があり、非常の場合の防御施設としてこの城があったと推定されています。
Setagayajo03
 江戸名所図会にも載っています。下の中央やや右にこの城跡が見えます。
Setagayajo04

2015年5月 7日 (木)

ねむの木の庭

 一昨日、先日購入したスーツを受け取りに行きました。店は五反田です。

 この日も良い天気でした。松陰神社や豪徳寺で史跡めぐりづいたわけではありませんが、どこかに行きたくなり、出掛けに地図を見たら、五反田駅の近くに「ねむの木の庭」という文字を見つけました。

 「ねむの木」といえば美智子様です。そういえば、数年前、五反田の正田邸が取り壊されることになったという新聞記事を読んだことがありました。「あ、それだ」と思い、行ってみることにしました。

 門です。
Nemunoki01
 門を入ったあたりから全体を臨むとこんな感じです。
Nemunoki02
 反対側から。
Nemunoki03
 このような解説がありました。
Nemunoki04
 皇后陛下のよまれたお歌が何首かパネルになって立っています。
Nemunoki05
 プリンセス・ミチコが咲き誇っていました。
Nemunoki06
 私がいた間に、60代くらいのご夫婦が3組ほど、30代くらいの御夫妻と子供たち2人の4人連れ、中年男性3人、初老女性2人が訪れていました。なかなかの人気です。場所は閑静な住宅街です。

2015年5月 6日 (水)

豪徳寺をゆく(3)あふれる招き猫

 豪徳寺の境内には招福殿という建物があります。
Gotokuji11
 井伊直孝がネコに招き入れられて豪徳寺に入ったことで雷雨の災を免れたという伝説があるそうです。招き猫発祥の地という説もあるようで。ひこにゃんもこの伝説に由来します。

 招福殿の傍らにこんな看板が出ています。
Gotokuji12
 その向こうには大量の招き猫が。願いが叶った人が、お礼に招き猫を奉納しているようです。
Gotokuji04
 さすがネコ。狭いところにもひしめいています。
Gotokuji05
 後ろ姿もキュートです。
Gotokuji13

豪徳寺をゆく(2)三重塔の干支

 豪徳寺の境内には三重塔があります。まだ新しい塔で、平成18年竣工だそうです。
Gotokuji06
 この塔の初層の軒下に、東西南北各面にそれぞれ3体ずつ(3×4=12)、干支の動物の彫刻が飾られています。

 わが干支のうさぎはこういう伝統的な波乗りうさぎです。
Gotokuji07
 猿は、桃を取ろうとしています。小猿が親の手を握っているあたり、藝が細かいです。
Gotokuji08
 さて、ネズミはというと、こんなのです。
Gotokuji09
 これ、ネズミよりもネコがメインですよね。天敵のはずなのに、ネズミは少しも怖がらず、ネコに小判を渡そうとしています。

 そういえば、日光東照宮の眠り猫の裏側には、遊んでいる雀の彫刻があるそうですね。雀がネコを怖がらずに悠然と遊んでいる姿が、平和な時代の到来を象徴しているのだとか。

 ネコとネズミとが仲良くしているこの彫刻も同趣旨なのでしょうかね。しかし、ネコがメインって。(^_^;

 ネコの彫刻(じゃなくて、ネズミの彫刻だった)は初層北側の中央にあります。その真上、二層の軒下にはこんな彫刻があります。
Gotokuji10
 さすが、招き猫のお寺です。

 二層の向かって右側にはこんな彫刻も。
Gotokuji15

豪徳寺をゆく(1)井伊大老の墓

 一昨日、松陰神社に行った後、豪徳寺を訪れました。ここは井伊家の菩提寺で、井伊大老もここに葬られています。
Gotokuji14
 松陰神社からは直線距離で800mほど。道なりでも1kmほどです。あの二人がこんなに近くで眠っているというのも皮肉なことです。

 井伊大老の墓です。
Gotokuji01
 側面に「萬延元庚申年」、反対側に「閏三月二十八日」とあります。
Gotokuji02
 桜田門外の変は三月三日です。その場で討たれた井伊大老の命日は三月三日のはずですので、日付が合いません。これは、桜田門外の変当時、井伊家の嗣子の届け出がなされていなかったため、死を秘して怪我の療養に当たっていたことにした結果です。

 井伊大老の墓の後ろには「櫻田殉難八士之碑」が建っています。大老を守って斬り死にした8人の井伊家家臣の顕彰碑(慰霊碑)です。
Gotokuji03
 豪徳寺には、中学高校の頃に1度だけ行ったことがありますが、その時にはこの碑の存在には全く気付きませんでした。年をとって、視野が広くなったのかもしれません。

 一方、井伊の供回りの中で、無傷で屋敷に帰ってきた7人の井伊家家臣は(切腹ではなく)斬首になったそうです。これまた痛ましいことです。

 この殉難碑を建てたのは、井伊直弼の次男直憲で、明治19年、父直弼の二十七回忌に際してです。ところが、その日付が三月二十八日なのです。もう新暦ですので、閏はありませんけど、本当の命日ではなく、建前上の命日なのですね。もう誰に遠慮もいらないはずなのに。

2015年5月 5日 (火)

松陰神社をゆく

 NHK大河の「花燃ゆ」を毎週見ています。

 前々回、吉田松陰が刑死しました。それに影響されて、世田谷の松陰神社に行ってきました。ここには中学高校の頃に2、3回行ったことがありましたが、それ以来です。
Shoin01
 もう夕方近くでしたが、かなり人が来ていました。以前はガラガラだったのに、大河効果は大きいです。

 この像は新しく作られたもののようです。以前はありませんでした。
Shoin02
 境内には松下村塾が復元されています。この建物、かなり年季が入っていますので、相当前に建てられたものと思います。
Shoin03
 「花燃ゆ」のポスターが貼ってありました。
Shoin04
 墓石です。松下村塾の建物は萩にあるものの復元ですが、遺骸はここに葬られています。
Shoin05

2015年5月 4日 (月)

月兎耳発芽

 長い日々でありました。

 「月兎耳発根」の記事を載せたのが3月22日。その後、待てど暮らせど変化なく。

 根は順調に伸びているんですけど、芽が出ない。

 根が伸びていることがどうして分かったかというと、1週間ほど前、待ちかねて、2つのうち1つだけ少し掘ってみたんです。←子どもか。

 そうしたら、根は伸びていたので、ああ、生きてはいるなと。

 今日ついに芽らしきもの発見。
Tsukitoji20150504a
 アップです。ちょっとピントが甘いですけど。
Tsukitoji20150504b
 すくすくと伸びていってほしいものです。

2015年5月 3日 (日)

自転車破損

 自転車が壊れました。(^_^;

 白く纏いてある部分です。金属製のフレーム(でいいのかな?)が根元から破断してしまいました。車輪の向こう側も同様です。
Jitensha20150502a
 このフレームの役割は前かごを支えることですので、なくても自転車の構造や安全性には関わらないのですが、前かごは使いますので、無いと困ります。
Jitensha20150502b
 こんな部品、普通は壊れないと思いますけど……。前かごに入れているものが重すぎるんでしょうかね。いつも愛用の黒いカバンを入れています。最近、ガタガタするなと感じていました。

 もしかしたら、先日横断歩道橋でこけたのも影響したかもしれません。取り急ぎ、ガムテープとビニール紐で固めました。

 今日は月の第1日曜日。資源ゴミ回収の日です。生ゴミとは違いますので、前日の夕方から出せます。連休中でどうかなと思いましたが、昨日の17時頃に集積場を覗いてみたら、「新聞」「雑誌」「段ボール」「ビン」「カン」などという立て札が立っていて、すでに結構出ています。OKです。♪

 夜、NHKの「今夜も生でさだまさし」を見ながら新聞縛りをしました。始めたら終わらなくて、番組終わってからもまだ縛っていました。
Shinbun20150503
 夜中の3時に出しに行きました。不審者です。家から集積場までの距離は、渋谷駅のハチ公口から西武のA館とB館との中間くらいまでです。←ローカルな喩えです。

 自転車の前かごと荷台とに積んで、3往復かかりました。3往復目は少量でしたけど。

 補修した前かごの支え、大丈夫でした。♪

2015年5月 2日 (土)

今日の高崎駅

 今日夕方の高崎駅は人が大勢いて、混み合っていました。ゴールデンウィークで、人の移動が多いのでしょう。

 駅構内には、北陸新幹線の延伸絡みで、北陸フェア。
Takasakist20150502c
 また、これはよくやっているささやかな駅弁フェア。私は仙台の伊達弁当を買いました。(^_^)
Takasakist20150502d
 新幹線は、上りはすいています。若干×が付いているのは北陸新幹線ですね。こちら方面、人の動きが大きいのでしょう。
Takasakist20150502a
 下りはこんなです。こちらも上越新幹線よりも北陸新幹線が混んでいるようですね。5月5日、6日になれば、上り新幹線が×ばかりになることでしょう。
Takasakist20150502b
 家の最寄り駅の八木原駅で降りて自転車をこいでいたら、カメラを構えた人が何人かいます。「ははーーん」と思って少し待っていたら、SLが来ました。ゴールデンウィークには毎日運行しているのでしょう。
Yagiharasl20150502

2015年5月 1日 (金)

食用金箔

 金沢のお土産に頂きました。食用金箔って初めて見ました。ハラダのラスクのチョコレートコーティングの中央に金箔が載っていたことを思い出しましたが。

 容器の中から金箔を出す仕組みは七味唐辛子と同じです。
Kinpaku01
 早速何かに載せたくなりました。(^_^)

 柏餅。白によく映えます。
Kinpaku02
 いちご。赤にもよく映えます。♪
Kinpaku03
 素敵なお土産をありがとうございました。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ