« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

バテうさぎ

 一昨日、通勤途中にある小学校のうさぎ小屋で見かけました。
Usagi20150428
 柵越し、金網越しで、見えにくくて済みません。

 一昨日は結構気温が高かったです。この白うさぎ、それでちょっとバテ気味なのかと思いましたが、もしかしたら、体を伸ばしてうんとリラックスしているのかもしれません。

 私はうさぎ好きではありますが、飼ったことはないので、うさぎの生態はよく分かりません。

 通勤自転車をこぎながら、そうキョロキョロしているわけではありませんが、うさぎは気になります。(^_^)

 本当は、小学校に向けてカメラを構えたりしては不審者扱いされかねないんですけどね。

 でも、うさぎ……。

2015年4月29日 (水)

たま駅長の誕生日

 たま駅長、今日が誕生日だそうですね。人間でいえば80歳とのこと。

 たま駅長にはまだ会ったことがありません。言い方が難しいですが、早く会いに行かねばと思います。
Tamaekicho_p
 ブログのネタがなくて、ネタ探しに四苦八苦しているのに、今日は惜しげもなく3つも書いてしまいました。ストックできれば良いんですけど、今日のネタは3つとも今日でなくてはという内容ですので、仕方ないです。(^_^;

スーツとメガネ

 今日は祝日でお休みでしたので、懸案のスーツとメガネを誂えに行きました。

 スーツは、先日ズボンの膝の部分が破れてしまったことへの対応です。この店のいつものシステムで、2着買うと2着目は半額になります。

 う~ん。納得できない部分はあります。でも、2着買う方が得なので、結局2着買うことになります。(^_^;

 これで予備のスーツもできました。

 ついでにベルトとワイシャツも買いました。合わせ買いでまた少しお得になるようです。

 メガネは、1月19日に受けた白内障手術のケアです。左目を手術したことで、左目の視力が変わってしまい(良くなりました)、今までのメガネが合わなくなったので、新しいメガネを作ることになりました。

 今までのメガネのフレームは生かしてレンズだけ代えて貰えればと思いました。でもそうすると、メガネを預けなければならないのかと考えましたが、そうではなく、フレームの型番が分かっているし、今装填されているレンズの正確な形も測定できるということで、預けずに済みました。レンズができあがった時に今までのメガネをお店にもって行けば、短時間でフレームにレンズを装填して呉れるそうです。

 初めてメガネを作って貰ったのは2年前のことですので、まだメガネ初心者です。(^_^)

天理で未知の石室発見

 標題のような記事がアサヒコムに載っていました。

 巨石を積み上げた石室が天理市豊田町で発見され、時代は7世紀前半とのことです。

 豊田町を地図で見てみますと、天理教本部の北から北東にかけての地域のようです。石上神宮からもそう遠くない場所ですね。

 とすると、被葬者はやはり物部氏関係の人物の可能性が高いのでしょうね。物部守屋が蘇我馬子と戦って敗れたのが6世紀終盤ですので、守屋の子どもか孫の世代ということになりましょうか。

2015年4月28日 (火)

現場検証

 いえ、特に検証はしていません。(^_^;

 先日、自転車でこけてズボンが大損害を被った現場の紹介です。

 場所はこんなに大きな横断歩道橋です。画面中央右に横断歩道橋の終端があります。そこから右下に向かって歩行者用の階段が下りています。自転車用のスロープは、正反対の方向である左側に向かってゆるやかに下って行き、途中で180度向きを変えて右下に下りています。
Handahodokyo01
 折り返し点から下を見るとこんな感じです。斜面の舗装の色は赤いような白いような色に見えると思います。
Handahodokyo02
 舗装の拡大写真です。こんな風に細かい砂が混ぜ込んであります。斜面なので、滑り止めの意味があるのでしょう。
Handahodokyo03
 ところが、この上を自転車が走ったり、風雨にさらされたり、日光にさらされたりしているうちに、この舗装が摩耗して行くんですね。そうすると、混ぜ込んである砂が分離して浮き出してきます。

 こんな感じです。ここはちょうど折り返し点の部分です。ここいら辺に砂が吹き溜まっています。自転車の車輪の跡も見えます。
Handahodokyo04
 ここで倒れました。斜面、180度のカーブ、砂、という三拍子揃った地点でした。ここは足を着けて下りるべき場所ですね。油断でした。(^_^;

 幸いに傷は大したことはなく、治りかけで、痒いです。(^_^;

2015年4月27日 (月)

『ぐんまがいちばん!』

 先週の金曜日は、また、月に1度、群馬県庁の近くに行く日でしたので、また県庁を覗いてみました。そうしたらこういう小冊子がありました。

 小冊子とはいえ、A4サイズで48ページ、フルカラーという立派なものです。

Gunmaga1_01

 これも表紙はぐんまちゃん。ぐんまちゃん大活躍です。働かされすぎかも。(^_^;

 「ぐんまちゃんが案内する群馬の魅力」とありますので、他県の人に群馬県の魅力を説明する内容かと思ってしまいますが、実はそうではないようです。表紙ウラには次のようにあります。
Gunmaga1_02
 「この本は、皆さんが暮らす群馬のたくさんの魅力を1冊にまとめたものです。」と始まり、最後は「このような「ぐんまの魅力」をもっと理解して、たくさんの人に群馬県のことを伝えていきましょう。」とあります。

 どうやら、群馬県民に読んで貰って、県内外の人に群馬の魅力を伝えて欲しいという趣旨のようです。

 右ページにはタグが印刷されています。概要・特集・自然・温泉・食・農業・産業・歴史・文化・風土・一覧となっています。この項目を見ると、群馬の魅力の在り処が垣間見えるようです。
Gunmaga1_03
 上のページの左ページには、群馬県には道路や鉄道が縦横に走り、東日本と西日本、太平洋側と日本海側の結び目となっている、という意味のことが書いてあります。これは普段意識しませんでしたが、なるほどと思いました。確かにそうですね。

 そんなこんなで全48ページ。勉強になります。

2015年4月26日 (日)

都会のつつじ

 今日は仕事で都内五反田方面の某大学に行ってきました。

 庭にはさまざまな色のつつじが咲いていました。庭はよく手入れされています。旧島津邸です。
Seisen201404
 庭の背後には高いビルが見えています。でもこれはこれで良い借景といえましょう。

 わが勤め先は植栽にまではなかなか十分な予算を付けて貰えていません。←こんなことを書いては守秘義務違反か。(^_^;

 ちょっと寂しい気がします。

2015年4月25日 (土)

ぐんまちゃんペットボトルカバー

 ネットオークションで入手しました。これ、高崎のぐんまちゃんショップなどでは見かけたことがありません。
Gunmac_cover01
 裏側です。
Gunmac_cover02
 ペットボトルを入れてみました。500mlのものが入ります。
Gunmac_cover03
 斜め上からです。
Gunmac_cover04
 帯封です。ペットボトルを入れる他にもいろいろに使えるようです。
Gunmac_cover05
 企画・製造・販売は愛媛県の今治の業者です。タオルの名産地ですね。これもタオル地のような感じです。

 ぐんまちゃんといえば、1月19日の白内障の手術のあと、定期的に眼科に行っていて、今日も1ヶ月振りに行ってきました。そうしたら、そこの看護師さんが、「今日はぐんまちゃんじゃないんですね」と言うではありませんか。

 前回の通院の時、ぐんまちゃんのネクタイに目ざとく目を留めて、「かわいいですね」と声をかけてくれたのです。今日はノーネクタイでした。1ヶ月も経つのに、ぐんまちゃんを憶えていてくれたとは、驚愕です。余程インパクトが強かったのでしょう。

 ぐんまちゃんの威力、恐るべしと、認識を新たにしました。

 で、目の方は、新しいメガネを作るための処方箋を書いて頂きました。今、手術した目の方が視力が良いのです。(^_^)

 近日中にメガネ屋さんに行ってきます。

2015年4月24日 (金)

鉢植え

 昨日の記事の冒頭で、鉢植えを屋外に出したことを書きました。その先はズボンが破れた話に行ってしまったのですが。

 昨日出した鉢植えは下の通りです。あまり種類はありません。
Hachi201504a
 左上の白い大きな鉢は浜木綿です。渋川のあたりでは屋外での冬越しは困難と思いますが、屋内であれば、常緑のまま冬越しできます。

 毎年花は咲いてくれるものの、段々しょぼくなっています。肥料が足りないのでしょう。善処します。

 手前に7つあるのはアマリリスです。もとは1つの球根だったのが、株分かれして、これだけになりました。でも、最近は花の咲かない鉢もあり、株分かれは全くしません。これも肥料不足かもしれません。善処します。

 それぞれ芽が出てきましたが、まだ出たてです。1つだけ成長の早いのがあります。これが最初の球根だったと思います。
Hachi201504b
 後ろに並んでいるのが「ハカラメ(葉から芽)」(セイロンベンケイ)です。1枚の葉っぱからこれだけになりました。凄い生命力です。

 今育てている鉢はこの3種です。

 東京の家には先日ご紹介した月兎耳がありますが、まだ芽が出ません。(^_^;

2015年4月23日 (木)

一寸先は闇

 暖かくなってきました。冬の間はずっと屋内に取り込んでいた鉢植えを外に出しました。たっぷり水をやると、鉢植えの植物も気持ちよさそうでした。

 そういう良い気分で家を出ました。国道に架かる横断歩道橋を自転車で渡ります。自転車用のスロープもある大きな歩道橋です。別に急いでいたわけではないのですが、スロープを下る時にすべって倒れてしまいました。不覚でした。

 ケガは、膝小僧を軽くすりむいた程度で大したことはなかったのですが、ズボンが破れてしまいました。大損害です。
Zubon01
 家を出る時、その数分後にこんなことになろうとは夢にも思いませんでした。大したことがなかったのは幸いでしたが、事故で大怪我をしたり、死んだりする時も、きっと同じなのでしょうね。日々、油断なく暮らさねばと思いました。

 ズボンが破れたと知った時、まず思ったのは、「えー! こんなズボンじゃ電車に乗れない」ということでした。でも、乗らなくてはなりませんし、考えてみれば、誰も私のことなんか見ちゃいません。お尻の部分が破れたのなら、パンツが見えてしまいますからイヤですけど、膝ならどうということはありません。歳のせいか、すぐに悟りの境地に到ります。(^_^)

 その後思ったのは、「明日からどうしよう」ということです。家の中を捜せば代わりのズボンが見つかるかもしれませんが、ないかもしれません。「う~ん」と思いましたが、これまた、今思い悩んでも仕方がないと考え、思考放棄しました。

 そこまでで、倒れてから5分経っていないと思います。(^_^) それから思ったのは、「今日のブログのネタができた(^_^)」ということです。まほろぐのオニですな。♪

 駅で膝を水洗いし、勤務先に着いてから保健室で消毒して貰いました。保健室のある職場はありがたいです。

 保健室で、ズボンの破れも内側から安全ピンで止めて貰って、目立たなくなりました。
Zubon02
 帰宅後、ズボンの内側から裾上げ用のテープ(アイロンで貼りつける方式のです)を貼って、修復完了しました。もうだいぶくたびれたズボンですので、近日中に新しいのを買います。
Zubon03
 結局、だれからもジロジロ見られたりしませんでした。みんな人のズボンの破れなんか、気にならないのでしょう。

 その昔、亡母は関節リューマチを患っていて、関節の変形や痛みのために歩行が不自由になっていました。道を歩いていると、時に、無遠慮にジロジロ見る人(大体おばさん)がいたそうです。昭和40年代終わりから50年代前半の頃です。

 すっかり忘れていた遠い昔のそんなことを思い出しました。

 今はそういうことはあまりないのではないでしょうか。昔は良かったと思うこともあれこれありますけど、こんな点は多少とも改善してきているように思います。

2015年4月22日 (水)

蒲田駅のぐんまちゃん追加

 10日ほど前に「蒲田駅にぐんまちゃん出現」という記事を載せました。

 O先生の古語辞典仲間が送ってきてくれた写真を使わせて貰ったのですが、その後、もう1枚追加の写真を送ってくれました。同じ時の撮影で、こちらは後ろ姿です。
Gunmac_kamata02
 はっぴには、しっぽの出る切れ込みが入っていますね。足(というか靴というか)がミョーに人間っぽいです。(^_^;

2015年4月21日 (火)

奈良からのたより

 今年もまた奈良からの定期便が届きました。この封筒は去年からです。気に入っています。♪
Narashika_h27f
 年間スケジュールが入っていました。これは今年初めてかもしれません。鹿の赤ちゃん大公開は6月まるまるです。行けると良いのですが。
Narashika_h27cal
 ただ、毎年行っても、そう変わりはないという気もしています。(^_^;

 ドングリを募集しているのですね。協力したいです。季節になれば、勤務先にたくさん落ちています。ただ、ごっそり取って良いものやら。一応、県の財産ですので。(^_^;
Narashika_don

2015年4月20日 (月)

石川九楊氏の筆跡

 以前、勤務先で書家の石川九楊氏に講演を依頼したことがありました。それ以来のご縁で、石川氏が個展を催されるときにはご案内を頂いています。

 つい先日も神保町で開催された個展に行ってきました。そして、会場で即売している著書を購入し、恒例によりそれにサインして頂いています。サインというより、私の名前を書いてくださるのです。

 今年のはこのようなものでした。「和」という」字のヘンとツクリとが通常とは位置が入れ替わっています。左下が石川氏の署名でしょうかね。
Kyuyo201504
 下は去年の。
Kyuyo201404
 下は6年前のです。
Kyuyo200904
 それぞれ大分違いますね。この字はこう書くというのが決まっているのではなく、その時々で自由に字形を決めているのですね。これだけ字形が異なるというのもすごいことと思います。

2015年4月19日 (日)

前橋の製糸関係碑

 昨日に続き、今日もまた前橋で仕事でした。それでまた、昼休みには昨日と同じく自転車でふらふら。

 今日は、国道17号沿いの地に「明治三年日本最初の機械製糸場跡」の碑を見つけました。見つけたというよりは、昨日ふらふらしている時に、案内板でこういう碑があることを知り、行ってみたという次第です。
M3kikaiseishi
 富岡製糸場は明治5年の建築ですので、それより早いですが、こちらは遺構は残っていないようで、石碑が建っているばかりです。

 ここから100mほど南下したあたりに「厩橋」という橋がありました。厩橋というのは前橋の古名ですので、「おお!」と思いましたが、ここがその由来の地なのかどうかはよく分かりません。
Umayabashi01
 この橋のたもとに「前橋残影の碑」がありました。
Umayabashi02
 座繰りをしている女性像と、相葉有流の「繭ぐるま 曳けばこぼるる 天の川」の句が刻んであります。その傍らには繭玉をデザインした噴水があります。この地が生糸で栄え、市の発展の礎になったことを後世に伝えるために、昭和56年に建てられたそうです。
Umayabashi05
 碑の傍らにある街灯にも何か糸関係とおぼしきものがぶら下がっています。調べてみたら、「堤糸」と「生糸の取り枠」だそうです。
Umayabashi04

2015年4月18日 (土)

楫取素彦の顕彰碑

 今日明日、前橋で仕事です。天気が良く、暖かかったので、昼休みは前橋市内を自転車でふらふらしました。

 特に行き先も決めずに走っていたら、前橋公園に着きました。ここには今年のNHK大河「花燃ゆ」の準主役である楫取素彦の顕彰碑があります。
Katorihi01
 この碑の最上部に、篆書による題字があります。二字目からは「群馬県令楫取君功徳之碑」と書いてあります。恥ずかしながら、一字目が読めませんでした。調べたら「前」だそうです。篆書は難しい。
Katorihi02
 傍らに解説板が立っています。ピカピカなので、ごく新しいもののようです。「花燃ゆ」に合わせて作ったのでしょう。この解説に依れば、この篆書の題字は有栖川宮熾仁親王の手になるようです。
Katorihi03
 ところが、その部分、次のように書いてあります。漢字表記は「有栖宮」とあって、これじゃぁ「ありすのみや」になってしまいます。さらに読み仮名は「ありすがのみや」です。どっちも違っているの。
Katorihi04
 粗探しをするつもりは全くないのですが、作るのならちゃんと作って欲しいものです。

 この前橋公園には「さちの池」という池があります。鶴舞う形の群馬県の形をしています。
Sachiike01
 池の中央には鶴の像が。
Sachiike02
 恥ずかしながら、この前橋公園に行ったのは今日が初めてでした。

 

 

2015年4月17日 (金)

真っ赤なタクシー

 昨日、大学の最寄り駅の新町駅でタクシー乗り場を見て「わっ!」と思いました。真っ赤なタクシーが駐まっていたのです。

 小豆色ならば見たことがありますが、真っ赤というのはちょっと記憶にありません。

 それに乗って(珍しかったから乗ったわけではありませんよ)、運転手さんに「真っ赤って、珍しいですよね」と話しかけたら、群馬でこれ1台だということでした。ちょっと誇らしげでした。(^_^)

 個人タクシーではなく、会社のタクシーです。会社のタクシーって、同じ色が普通だと思いますけど、この会社のはバラバラです。ついに真っ赤が登場しました。(^_^)

 大学に着いたところで、お願いして撮らせて貰いました。
Redtax_2
 ファインダーを覗いたときに、手前に私のカバンと手提げがあるのが見えたのですが、運転手さんを待たせては悪いので、そのまま撮ってしまいました。

 こんな感じで、日々謙虚に暮らしています。(^_^;

 その昔、京都のタクシーって、草色だか、うぐいす色だかに統一されていませんでしたっけ? おぼろな、はっきりしない記憶です。

2015年4月16日 (木)

土屋文明展&上代文学会

 以前ご紹介した、土屋文明記念文学館の企画展「歌の古代を探る」がいよいよ18日(土)から始まります。
Utanokodai01
 奈良大学の上野誠先生がこの企画展の監修をされていて、昨日、遠路高崎にお越しくださり、今日は会場でご指導くださったはずです。

 昨夜、上野先生と館側とのお食事会が開かれ、上野先生にお声かけいただいて、私も交ぜていただきました。関係者の中に私だけおまけの子でした。厚かましいことです。「子」というのも厚かましいのですが。(^_^;

 おかげ様で、楽しいひとときを過ごすことができました。あまり遠からぬうちに企画展を見に行こうと思います。

 5月に高岡で上代文学会があります。会場は高岡駅前で、便利な場所です。参加しようと思っていましたが、宿がありません。上野先生も宿が取れないと仰っていました。

 北陸新幹線の延伸で、観光客が増えているのでしょうね。イベントもあれこれ開催されているようです。上野先生情報によれば、矢沢永吉のコンサートがあるそうです。矢沢永吉に負けそうな上代文学会……。

2015年4月15日 (水)

東国古墳文化展示室

 群馬県立歴史博物館の「博物館だより」が回覧されてきました。それによれば、この4月から館内に新たに「東国古墳文化展示室」ができるそうです。
Rekihaku01
 字が小さいので、字の部分だけ拡大して切り貼りました。
Rekihaku02
 この館の常設展示室は、原始、古代、中世、近世、近現代の5室です。そこに新たに古墳時代が加わるわけですから、この時代に手厚いです。(^_^)

 歴博は大分長く御無沙汰でした。今度行ってみようと思います。

 この「博物館だより」の各室の概説にそれぞれぐんまちゃんのイラストが載っていました。「原始」のイラストを載せます。
Gunmac_genshijin
 こういう姿は初めて見ました。(^_^) なかなか可愛いです。帽子、かぶっていませんね。

2015年4月14日 (火)

春の観光キャンペーン

 新町駅のホームにこのようなのぼり旗が立っています。
H27harukanko01
 このような旗も。
H27harukanko02
 どちらの旗にも、「4/1~6/30」「春の観光キャンペーン」の文字が共通です。

 新潟も長野も栃木も群馬の隣県です。北陸新幹線延伸で、金沢や富山への観光キャンペーンが盛んですが、これは、もう少し近くにも目を向けようという趣旨でしょうか。遠くに行かなくても、近場にも良いところはたくさんありましょう。納得のキャンペーンです。

 ところが、この新潟・長野の旗を数日前に大井町駅で見ました。群馬で見たときは隣県への観光キャンペーンということで好感をもったのですが、東京で見たときには、「えっ! 群馬は?」という気になりました。(^_^)

 同じ旗なのに、群馬にあるのを見れば、隣県にも目を向けようという観光キャンペーンですが、東京で見ると、群馬は交ぜてもらっていない観光キャンペーンになってしまいます。

 存在する場所によって意味合いがこんなに違ってしまうことがあるのだなぁと感じました。

2015年4月13日 (月)

H27研修旅行(4・終)榛名湖、前橋文学館

あく 一夜明けて、部屋の窓から外を見るとこんな光景が目に飛び込んできました。榛名湖越しに、向こうの山はうっすらと雪化粧をしています。
H27kenshu20
 榛名山はいくつかの峯からなっています。私はずっとこの山が榛名富士だと思っていました。確かめようと思って地図を見たら、違っていました。榛名富士はこの宿と同じ側の岸にあったのです。榛名湖を挟んで対岸に見えるはずがありません。(^_^;

 大ボケでした。

 オレンジ色の屋根の建物が目立っていました。湖面にもくっきりと映っています。きっとあの建物からは榛名富士がよく見えることでしょう。
H27kenshu21
 スワンの船も寒そうに係留されていました。
H27kenshu22
 宿を出発して、前橋文学館に行きました。この館の正式名称は「萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館 」です。ちと長い。

 出入口の脇には朔太郎像。いつもピカピカです。仕事なのかボランティアなのか未詳ですが、頻繁に磨いている人がいると聞きました。
H27kenshu23
 館長さんからお話しがありました。学生達は皆熱心に聴いていました。
H27kenshu24
 見学を終えてバスに乗る前、また集合写真を撮りました。列の前で横になっているのがいます。女子にもこういうひょうきんなのがいるんですねぇ。(^_^)
H27kenshu25

2015年4月12日 (日)

H27研修旅行(3)宿へ。宿で。

 水澤観音を出発したバスは、一路榛名湖畔の宿へ。榛名湖は水澤観音のあたりよりも大分標高が高いところにあります。道の左右はこんなです。
H27kenshu13
 一部、靄が掛かっているような場所もありました。麓とは大違いですね。
H27kenshu14
 無事に宿に到着しました。
H27kenshu15
 全員で夕飯。1年生55名+引率教員10名+上級生3名=総勢68名でした。
H27kenshu16
 夕飯。ボリュームもあり、美味しかったです。
H27kenshu17
 夜はミーティング。この時に「おじいさん」発言が出たのでした。(^_^;
H27kenshu18
 宿の売店の一角にはぐんまちゃんコーナーがありました。
H27kenshu19

2015年4月11日 (土)

H27研修旅行(2)八幡塚古墳、水澤観音

 土屋文明記念文学館の後は榛名神社に行く予定でしたが、昨日の雪の影響が心配されましたので、急遽、行き先を変更して水澤観音に行くことになりました。

 そうなると所要時間が異なりますので、土屋文明記念文学館に予定より少し長く滞在することができました。この館の近くには昨日載せた二子山古墳がありますけど、さらにそれよりも近くに、八幡塚古墳という葺石を復元した古墳があります。

 これらの古墳も見るようにと勧めたら、かなりの学生が見学してくれたようです。
H27kenshu07
 撮影した時には気付かなかったのですが、拡大して見たら、向こうもこちらを写していたのでした。(^_^)
H27kenshu08
 館を出発して、水澤観音に行きました。阪東十六番札所のようですね。
H27kenshu09
 ここの駐車場の近くには万葉歌碑があります。「伊香保ろの八尺(やさか)の井手(ゐで)に立つ虹(のじ)の顕(あらは)ろまでもさ寝をさ寝てば」(3414)という伊香保をよんだ上野国東歌が刻んであります。虹の歌なので、歌碑が虹の形をしています。♪
H27kenshu10
 歌碑の周囲に黄緑色の札がいくつか立っています。それぞれの札には植物を読み込んだ万葉歌が書いてあり、近くにその植物が植わっています。つまり、ミニ万葉植物園なのでした。植物名は、つつじ、はぎ、あぢさゐ、やなぎ、ゆり、やまぶき、ちさ(えごのき)、そしてあしびです。

 あしび以外は今はすべてその時期ではなく、枯れ果てています。柳もこのあたりは標高が高いので、まだ芽吹いていないようでした。それぞれの花期に行ったら楽しいでしょうね。

 さて、あしび。咲いていました。♪
H27kenshu11
 恥ずかしながら、私はまだ馬酔木の花の実物を見たことがなかったのでした。当然、カメラに収めたことも。誠に幸いにして資料映像を手に入れることができました。

 行き先が榛名神社から水澤観音に変わった結果です。(^_^)

 でもね、これまで、研修旅行の時に水澤観音に来たことは何度もありました。全く同じ時期ですので、その時、あしびも咲いていたかもしれませんね。今まで全く気付かなかったとは、誠に迂闊なことでした。

 水澤観音の境内には別の万葉歌碑もあります。これは先ほどのとは大分離れたところに位置しています。歌はやはり伊香保をよんだ上野国東歌で、「伊香保嶺(ね)に雷(かみ)な鳴りそね吾(わ)が上(へ)には故(ゆゑ)はなけども子らによりてそ」(3421)です。
H27kenshu12
 この歌碑、表面がつるつるなので、周囲のいろいろなものが写り込んでしまい、撮影が困難です。でも、この日は天気が悪かったので、少し緑がかったものが見える程度で、映り込みの影響はかなり小さかったです。

 天気が良いと、下のような感じです。ちょっとこれじゃね。(^_^;
Ika_kamina

蒲田駅にぐんまちゃん出現

 日頃まほろぐをご覧くださっている方(O先生の辞書の仲間です)からメールが来ました。蒲田駅にぐんまちゃん出現だそうです。今日の午後3時半頃でした。ぐんまちゃんの背後に京浜東北線の車両が見えていますね。
Gunmac_kamata
 蒲田駅の開業記念イベントらしく、ぐんまちゃんの他に、岩手と富山のゆるキャラも来ていたそうです。

 それで、ぐんまちゃんとの記念撮影は、整理券を持っている人限定だったとのことです。他のゆるキャラではそういう制限はなかったそうで、ぐんまちゃんの人気のほどが偲ばれます。

 これで、もう今日の記事を書いてしまいましたけど、研修旅行の続きはまた夜に書きますね。(^_^)

2015年4月10日 (金)

H27研修旅行(1)土屋文明

 昨日今日の2日間、1年生の研修旅行でした。行き先は土屋文明記念文学館、水沢観音寺、前橋文学館です。

 前日は雨(一時雪)、今日は夕方から雨、明日も雨という天候でしたが、その間に挟まれた1日半の旅行中、全く雨は降らず、ラッキーでした。

 群馬県立土屋文明記念文学館では、先日ご紹介したように、来週土曜日から「歌の古代を探る」という企画展が始まります。今回の研修旅行はあいにく会期の9日前ということで、それを拝観することは叶いませんでした。

 でも、館のご厚意で、展示品の1つである天平装束を見せて頂けました。
H27kenshu01
 会期中の5月4日と6日には人数限定で古代装束を着せて貰えます。
H27kenshu02
 館の説明を聴く1年生。奥に立っていらっしゃるのは館のスタッフの皆さんです。うちの卒業生も数名お世話になっています。
H27kenshu03
 左手前に並んでいるのは、館蔵の自筆本等です。これはと思えるものを出して頂いています。

 館の二階から望む二子山古墳と、菜の花と、桜。
H27kenshu04
 昼食のお弁当。美味しゅうございました。当日急に参加できなくなった学生の分の弁当が1つ出てしまったのですが、それはまほろばメイトでもある同僚の鈍蛾さんのお腹に収まりました。2食分ってすごいです。健啖家です。
H27kenshu05
 恒例の記念写真。今年は暖かい日が続いたので、桜はもうかなり散ってしまっています。
H27kenshu06
 私が写したので、私は写っていません。(^_^;

2015年4月 9日 (木)

おじいさん……って

今日、明日、新入生の研修旅行です。

今夜、ミーティングの折に、まず一年生が一人ずつ自己紹介をして行きました。
その時、ある学生が、私のことを自分の祖父に似ているので、見ているだけで安心しました、と発言したのです。

おじいさんって……。

思いも寄らない発言でした。計算すれば、なくはないのですが、ちょっとショックでした。

世の中、予期せぬことが起こります。

研修旅行のことは明日また写真付きでアップします。分割すれば、数日分のネタになりそうです。(^_^)

2015年4月 8日 (水)

「魔法少女まどか☆マギカ」を考察する授業

 ネタにつまって、つい先ほど、ぐんまちゃんプリンの話を載せたら、そのちょっと後にネタが見つかりました。(^_^)

 たまたま行き着いてしまったのですが、「ねとらぼ」というのですかね、そこに「東海大学に「魔法少女まどか☆マギカ」全話を考察する授業が爆誕 行列ができる大盛況に!」というニュースが載っていました。

 大学の授業としては、題材もユニークだし、毎回の授業スケジュールがすごいです。

 大人気で、教室変更してもまだ立ち見が出たとのこと。

 担当教員は上代文学の専門家です。♪ いいですね。マルチです。

ぐんまちゃんプリン

 ふと気付いたら、しばらくぐんまちゃんネタを載せていませんでした。3月半ば以来です。

 「困ったときのぐんまちゃん」で、ネタにつまるとぐんまちゃんに頼っていました。それが、こんなにぐんまちゃんネタなしでやってきたのですから、ずっとネタには困らなかったようですね。

 それが唐突に、これからぐんまちゃんのことを書こうというのですから、これはもうお察しの通り、ついに今日はネタが無いのでした。(^_^;

 何かないかとHDDの中を探したところ、こんなのが見つかりました。
Gunmac_pudding
 場所は高崎駅の新幹線改札内。撮影は今年の3月14日(おお! 松の廊下の日だ)です。北陸新幹線が延伸した日ですね。

 今もまだ扱っていると思います。

 高崎駅で新幹線待ちの時間に余裕がおありの折はぜひ。(^_^)

2015年4月 7日 (火)

物々しい警備

 今日の高崎駅は、夕方でもまだ、要所要所に警察官が配置されていて、物々しい様子でした。

 硫酸をかけたという容疑者は逮捕されたわけですけど、まだ当人が自供していないので、念のための警備なのか、あるいは模倣犯が出るのを用心してのことかもしれませんね。

 報道の使命に燃える私としては写真を撮りたかったですけど、さすがに警察官にカメラは向けられませんでした。(^_^;

 といって、画像がないのは寂しいので、関連画像を貼っておきます。群馬県警のシンボル、上州くんとみやまちゃんです。
Joshumiyama
 ぐんまちゃんと同じく、これも馬ですね。やはり群馬は馬?

2015年4月 6日 (月)

うさぎとオオカミとトランプと

 今日は学科別学年別のオリエンテーションがあり、国文学科の新入生と初顔合わせをしました。

 学生さんにも、このブログに書き込みをして欲しいです。

 今年度の学生便覧の表紙です。
H27binran01
 うさぎとトランプが描かれていますので、アリスが思い浮かびました。

 でも、裏表紙にはオオカミが描かれています。アリスにオオカミは出てきたかなぁ?
H27binran02
 表紙のトランプの中にうさぎとオオカミとが共存しているものがありました。
H27binran03
 学生便覧の表紙は、平成15年度から学生の作品(公募)を採用しています。学生便覧の中にこの表紙の作者のコメントがありました。

 >兎のように、やさしく。狼のように、強く。
 >日々終わりに近づいていくパズルも、こころに住む兎と狼のトランプ遊びのように、
 >素敵なものとなりますように。

という趣旨だそうです。

 うさぎとオオカミとを対比させるのには何か出典があるのでしょうかね。

 学生の作品を表紙に使うというのはなかなか良いことと思います。

2015年4月 5日 (日)

切符ノート

 こんなものを買いました。一見、懐かしの硬券です。懐かしのハサミも入っています。3.12.20の日付は、何か意味がありそうですね。
Kippunote01
 もう1枚。こちらはハサミなし。この20.10.14の日付も。
Kippunote02
 単体の写真では分かりませんが、これ、結構大きいです。比較のために大学ノートと一緒に写しました。長辺の長さは大学ノートよりもやや大きいくらいです。
Kippunote03
 正体はノートです。ページの上方には切符(複数の駅のがあります)が描いてあったり、
Kippunote04
 下方には列車(何種類かあります)が描いてあったり、
Kippunote05
 ハサミの絵があったりします。
Kippunote06
 テツ仕様ノートといえましょうが、テツはこういうの本当に好きなのでしょうか。(^_^;

2015年4月 4日 (土)

忠臣蔵ステレオスコープ

 ネットオークションで手に入れました。
H37chustereo01
 外形は絵はがきセットのようですが、組み立てると下のようになります。
H37chustereo02
 左右2つの穴から、それぞれ左右の目で覗くと、昭和37年版忠臣蔵の名場面が立体視できます。私は片目の白内障の手術をして、まだ新しいメガネを作っていませんので、うまく立体視できませんが、両目の度が一致していれば、立体視できそうです。

 写真は8枚入っていました。それぞれのタイトルは、「殿中松の廊下にて刃傷」「内匠頭即日切腹」「内蔵助の廓遊び」「南部坂雪の別れ」「討入り」「俵星玄蕃の奮斗」「吉良上野介みつかる」「本懐とげて引上げ」です。
H37chustereo03
 主な配役は、大石内蔵助:松本幸四郎、吉良上野介:市川中車、浅野内匠頭:加山雄三、瑶泉院:司葉子、りく:原節子、矢頭右衛門七:市川染五郎(現・松本幸四郎)、俵星玄蕃:三船敏郎といった面々です。

 珍しくも楽しいものが手に入りました。(^_^)

2015年4月 3日 (金)

平成27年度入学式

 今日は入学式でした。
H27nyugaku01
 式の前に箏曲部による演奏がありました。曲は「花は咲く」。
H27nyugaku02
 式の後には吹奏楽部による演奏がありました。曲は2曲。ともに知らない曲でしたので、恥ずかしながら言われた曲名を忘れてしまいました。(^_^;
H27nyugaku03
 外は桜が満開。下の写真は「春の庭」の桜です。撮影は3日前なのですが、ま、大体同じです。(^_^;
H27nyugaku04

鼻切った

 お風呂でヒゲを剃っていたら、鼻を切ってしまいました。「切れてな~い」というコマーシャルのある、あのカミソリです。

 普通切りませんよね。私は普通ではないのでしょう。鼻を切ったのは1度や2度ではありません。(^_^;

 これから寝るのに、枕やシーツに血が付かないように絆創膏をしました。明日、出勤するときには外したいです。(^_^;
Hanakitta
 絆創膏を外したときに、鼻が軽くかぶれていたりしないか、ちょっと不安。

2015年4月 2日 (木)

「信玄袋」訂正&カギ発見

 一昨日、「役に立った信玄袋」という記事を載せました。どうも「信玄袋」という呼び方は間違っていたようです。辞書によれば、信玄袋は平底のあるものを指すようです。あの袋には底はありませんので、信玄袋と言ってはまずそうです。

 そうすると何でしょね。「巾着」あたりでしょうか。お詫びして訂正致します。

 さて、紛失した自転車のカギ、見つかりました。(^_^)

 礼服のズボンのポケットでした。

 先日の卒業式には略礼服で参列しました。略礼服は東京の家に置いてあります。持って行くのは荷物になるので、東京から着て行きました。自転車のカギも移して。

 卒業式・謝恩会のあと東京に帰れたら良かったのですが、翌日も翌々日も会議がありましたので、群馬に居続けて、略礼服で登校しました。

 基本的に着た切り雀なので、東京の家から略礼服を着て行ってしまうと、それを着ているしかありません。洋服ダンスを探せば、他の背広もあるにはあるかもしれませんけど。(^_^;

 なに、ネクタイさえ代えれば、略礼服も黒い背広にしか見えなかったことでしょう。(^_^)

 先週末に東京の家に移動して、略礼服から解放されました。この時に、自転車のカギを普段のズボンに戻すときに漏れたのでした。

 自転車は家から最寄り駅までと、勤務先から最寄り駅までと、2台使っています。どちらの自転車にもカギは2つ付けていますので、カギは合計4つ。慎重さを欠いたために、カギを1つ移し損ったのです。

 明日の入学式に備えて、また略礼服を出してきて発見しました。入学式がなければ、このカギはあと1年近く略礼服のポケットに居続けることになったことでしょう。

 予備のカギを使ってしまったので、新たに予備の合いカギを作らねばと思っていましたが、その必要はなくなりました。(^_^)

2015年4月 1日 (水)

ねこと占い師のいるカフェ

 今日は急いで帰る必要があったので、勤務先から高崎までタクシーで移動しました。

 高崎駅まであと2kmほどの地点でふと外を見たら、「ねこと占い師のいるカフェ」というお店がありました。お店の名前は「キャッツ・プラネット」というようです。
Nekotouranaishi01
 ねこカフェに占い師がプラスされた施設なのでしょうね。珍しいと思って、つい写真を撮ってしまいました。

 看板のアップです。
Nekotouranaishi02
 カレンダーの宣伝のアップです。タクシーの中からだし、もう暗かったしで、アップにしても不鮮明です。このお店のねこスタッフがカレンダーになっているのでしょう。「カレンダー」のあとの文字が読めません。
Nekotouranaishi03
 帰宅してから、「ねこと占い師のいるカフェ」でググってみたら、すぐにヒットしました。

>群馬県初「カフェ」と「ねこカフェ」と「占いの館」がひとつなった、新しいカタチのカフェ。
>バリアフリーの空間なので、お身体の不自由なお客様、ご年配のお客様でも安心してご利用いただけます。

とのことです。

 「ねこの部屋入室のお願い」というのが10項目挙がっています。

 ・ねこを無理やり抱っこしない
 ・ねこを追いかけまわしたり、押さえつけない
 ・寝ているねこを起こさない

などという項目がありました。いずれもごもっともです。

 行ってみたい気もします。高崎駅から歩くと20分くらいでしょうか。東へ真っ直ぐに伸びる大きな道路に面していますので、迷う心配はありません。

 今日、急いで帰る必要というのは、宅配便の配達を受け取るためでした。間に合いました。(^_^)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ